2005年12月09日

日本和装3回目のセミナー

 無料着付教室でお世話になっている日本和装ランクアップ講座でセミナー出席は3回目になりました。
 「強引に高価な着物をローンで買わされる」との噂は時々耳にしていましたが、最近身近な友人からイヤな気持ちになったと生の声をきいてしまい、応援していただけに「やっぱり?」とがっかりしたり、「もしや次は自分もそんな目に遭うのでは?」と不安になったり、ドキドキで3回目を迎えました。
 しかし。蓋を開けてみれば、まあ多少プッシュはあるけど、街の洋服屋さんでもこのくらいよねえという程度。むしろ前よりもぜーんぜんマイルドで、心配は杞憂に終わり、純粋に「お勉強」を堪能することができました。

 街の呉服屋の強烈な買え買え攻撃を真夏の直射日光としたら、日本和装のセミナーの「おすすめ」は初夏の日差し程度、と言ったことがありますが、今回はさらに和らいでGWくらいだったよ(笑)。一通りコーディネート後、「いかがですか?」と言われたくらいで、ニコニコして「ありがとうございました」と脱いだら、それで終わりでした。先生なんか、寄っても来ませんでした???
 参加者は12人でしたが、お二人が帯&着物、お二人が帯単品、お一人が草履のお買い上げ。前のクラスで購入者が8人中1人くらいしかいなかったのと比べるとずっと多くてビックリ。初心者クラスを終了してその後もチャレンジしているメンバーですから、やはり積極派なのね(感心)。
 購入履歴は把握されているでしょうから、この面子の中では私は「ノーマーク」だったのかもしれませんね。(^^;

 心惹かれる帯が少なかったせいもあるかもしれません。何となく「ほしいな〜」と心揺れてると、相手も「買いませんか」と言いますよね。
 さんざん呉服屋めぐり展示会めぐりを重ねてきたので、さすがに目が肥え、以前なら「ほおぉ〜、プロのお見立てはこうなのね」と感心するばかりだったのに、今は「いや、私だったらもう少しこう‥」と自分なりの視点も持てる。
 ざーっと見回すと、地味です。色は黒や茶が主力で、柄行は上品な小花や波っぽい抽象柄、ぼかしや飛沫(しぶき)のような細かい模様などが多い。生徒は20〜50代なのに、この品揃えはお婆さんターゲットじゃないのかなあ。暗い色はほぼ全て顔映りが悪く、地味に走りすぎる欠点を反省中の私には、とても選びにくい。
 買いたいけど断腸の思いで諦める、くらいの素敵な帯に会いたかったな〜。

 そこでもう、コーディネート遊びに没頭(笑)。着付け中のクラスメートの側に寄って行っては、「わ〜、似合う似合う♪」とはしゃいだり(呉服屋の回し者か?)、「うーん、その組み合わせいまいち〜」とスタッフのおすすめをけなしてみたり(営業妨害か?)、好き放題(苦笑)。
セミナーでの試着
試着してみました
 自分の選ぶのも楽しいけど、人が変われば似合うものも変わり、それを見繕って行くのが最高に楽しい!お直しおばさんならぬ、お選びおばさん(しかも役立たず)と化しています。うるさくてごめんなさい。m(__)m>クラスメートALL

 でも、こうやって生で見て、触って、合わせてみるのが本当に「勉強」。座って本読んであれこれ考えているのとは違い、まさに「百聞は一見に如(し)かず」。「自分には(orこの人には)何が似合うのか?」「こういう着物や帯はどんな場面でどう役立つのか?」「どういう色柄がどういう色柄とマッチするのか?」と1枚1枚真剣勝負で見ていくことが大切なのだと思うのです。
 大きなお金が動けば、その真剣さも最高ですよね。だから「授業料」を払うという思想は、そんなに間違いではないと思うのです。購入することで格段に選択能力上がるでしょう。ただ、「薦められるままに」「なんとなく」じゃ何の意味もないですよね。(^^; それにお金かかってなくたって、私は真剣です!(鼻息)

 私はこんなタイトルのブログを書いているくらいだから、高級呉服は絶対に買いません。
 でもいつか、月収が400万くらいになったら、こういうお着物も「気軽にホイホイ」買いたいな〜。ああ今の自分がそうでないのが悔しい!


posted by eribow at 09:54| Comment(6) | TrackBack(2) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富裕層向けポータルサイトさんからTBいただきまして、腰が抜けるほどびっくりしました。A(^^; ブログタイトル「お金かけずに」だし、今までの日記も「いかに安いものを買ったか」の貧乏自慢満載だし、この日記自体ゴシックまで使って「高級呉服は絶対に買いません。」と書いてあるのに‥。

 ここの読者の中に、何十万の帯着物を購入される方が少なからずいるだろうから?高級呉服に対して好意的なコメントもあるから?着物に関連する話題なら何でもよかった?意図がよく分かりません。(苦笑)
 一見して、「イヤミかな?」「いたずらかな?」と思いましたが、ページの主旨からするとそうでもなさそう。たぶん、「私の日記をちゃんと読んでいない」か「何でもいいからTBしたかった」かどちらか(両方?)かと思います。
 主旨に反するTBはこまめにサクサク削除している私ですが、何となく面白いのでこのままTBつけておきます。このページに来て下さる方が必ずしも「お金かけない」主旨を持ってるわけでもないものね。着物の記事が含まれてるには違いないし。
 でも、「富裕層」っていう単語をタイトルにつけるって、人を評するならまだしも自分で名乗るって気恥ずかしい気が(^^; ローマ字で「fuyuu」と表記するのもオマヌケな感じがします。頑張れ、富裕層!
Posted by eribow at 2005年12月11日 10:16
生の声とは私のことかな?
まあ、人それぞれ感じ方は違うしね。
私のクラスは年配者が多く、皆人のよさそうなお金持ち風。そこをつけ込まれたのかも?
私も良い顔してニコニコ、へらへらしていたのもつけ込まれた要因かもしれません。
次回は来年だけど、ちゃんと自分の意志を示してきます。
でも、欲しいのも確かなんだよね。
次は楽しめると良いな。
しかしますます巷の呉服屋には行けませんね。
Posted by みらい2000 at 2005年12月11日 22:23
みらいさん、そうです、貴女の体験談です(涙)。
 前情報流しておいたとはいえ、日本和装を応援している私も、少しでもいやな思いをされたという事実はしっかり受け止めて今後も行きたいと思っています。かなり店や先生で変わってくるみたいですしね〜。
 まぁ、私が某呉服屋でつけ込まれたケースもそうだけど、やっぱり「初めての客」は狙われやすいのかも。「わけわからないうちが狙い目」?!ほんとは、「年配のお金持ち風」が多いと「若輩のお金持ちでなさそう風」の私(たち?)は放っておかれやすいはずなんですけどねえ?

Posted by eribow at 2005年12月12日 21:19
実は、先週土曜日、日本和装「帯セミナー」に行って来たものです。
すごく胸くそ悪くなったので、「日本和装」検索するとでるわ、でるわ。
第一回目の顔合わせではでは、買わなくてもいいですよー「無理に買わせるとか、押し売りは有りません」なんて、懇切丁寧に説明してくださってたので、安心してました。が・・
「帯セミナー」勉強会と聞いていたのに、「これでは、お前販売会だろう」ってぐらい後半先生と、日本和装の社員からも薦められ、帯の次は、襦袢、断れば、次草履と・・まぁ次々とよく・・
ほんと、ただより高いものは、なし、本当ですね。
着物の勉強と、社会勉強、両方おそわりました。
これから、日本和装に行かれる方注意したほうがいいですよ。
あんまり胸くそ悪いので、日本消費者センターにも、悪口言ってやりました。
Posted by はじめて コメントしてみました at 2006年05月22日 12:50
>はじめて コメントしてみました さん
うーんうーんうーん(悩)

 基本的には、「通りすがり」「名無し」「匿名」などのHNは削除することにしています。ここは何でもアリの匿名掲示板ではなくて、個人が責任を持って運営している仲良しコミュニティです。ある程度人格を感じさせるスタンスを取るのは、最低限のマナーだと思うのです。そうでなければ、ただのイヤガラセやガセネタと区別をつけることができないからです。「はじめて コメントしてみました」も私的にはそれに該当いたします。
 それに、気分が悪かったとしても、それと対立する意見を述べている私のページに、(今後のネット上でのお付き合いを前提とせず)腹いせのように「書きっぱなし」にしてほしくはないのです。私は別に自分と異なる意見を排除するつもりもないです。でも、「一度きり」「一方通行」であってほしくないのです。異なる意見ならば、尚更です。

 私が日本和装で「いい思い」をし、セミナーで嫌な思いをしなかったのは「実体験」です。私はその体験を基に話しています。異なる体験をした人がいるのは当たり前だし、異なる体験をした人が私と考え方が違うのは当然です。
 たくさんの人が、それぞれ異なる体験を持ち寄って、異なる思いを交換し合う、それで学ぶことも反省することも出来る、そんな場として私はネットを利用したいわ。

 「はじめて コメントしてみました」さんが、とにかく「日本和装」「セミナー」で検索しまくってあちこちに書き込みしまくって、その後そのページや掲示板には二度と訪れないつもりなら私のこの返信も読まれないわけですよね。
 できればこの返信を目にして、改めてちゃんと人格を感じさせるご挨拶をしていただけるといいなあ。そして「イヤだった気持ち」「今後の着物ライフについて」などを語り合うことができれば、このページに流れ着いた価値もあるというものです。
 「はじめて コメントしました」さんが、改めて書き込みをして下さるのを祈る!(-人-)
Posted by eribow at 2006年05月23日 09:10
引っ越して来た片田舎の町のJAの女性会の募集で 日本装道の講師に 月1で計10回着付けを教わって ¥10,000−か ¥12,000−だったかな。全くの初心者状態で 習いに行きました。農協さんだから 京都なんかに連れて行かれて着物買ってくれ!展示会なんかもあるのかなと思いつつ。結果的には何もなし。多少の小物 美容襟と 長襦袢 などは必要に応じて買いましたが。で しばらくして もう少し習いたい病の時に 日本和装 無料講習会にだめもとで応募し 通いました。今又 ランクアップ教室に 先生から人が足らんと言ってこられ 行ってますが ま 帯に着物(1枚は持っててもいいかなと結城紬を買いました)どちらも買った生徒だから勧めてきたんだろうとは思ってます。セミナーに行った際には ああ こういう仕組みになってるのかと 白けましたが。(でも この仕組み考えた人 頭いい!おまけにこの間 株式ジャスダックとはいえ 上場したというではありませんか。)セミナー当日の朝になって 虫歯が痛いといって逃れた人もいましたが 他の日に行かされてました。で その日以来 教室には来ませんでしたね。話が違うという事で 1回目のセミナー後バタバタとやめていき 最後は 9人中2人で修了。皆 セミナーが苦痛でやめたって事 先生に言いましたよ。そんな事 気にせずに来たらいいのにとは言ってましたが。ただ程高い物はないという事です。とはいえ セミナーで最後までネームプレートを胸から下げていた人はご購入ではないので 結構意思の強い人もいるのです。ただ見ると欲しくなるという人は(私)行かない方が...。呉服屋のプッシュよりは はるかにましですが。先日のセミナーもコート買ってしまいました。ま いい物を1着欲しかったのでいいのですが 他に 着物と帯 帯揚げ 帯締めで 着物の価格でどうかという話は すごく魅力的だったけれど のりませんでした。気に入っていたけれど 最近の私のモットーは 物を減らす事にあり 欲しいだけ?必要?ないと困る?の思案の末に決定。となると ほとんど物は必要なくなりますね。散々迷ったけれど 必要なし!と意志強固さんを貫いたから セミナー直後の教室では 親の着物がたくさんあるから(私のこと)と買わない人もいるけど 親のお古では 自信がもてなくて着ていても引いちゃうよなんて言われましたけどね。着物は 代々着れる等と言いながら やっぱりバックが入って来ないもの 買って欲しいに決まってます。ま 先生も次々買ってローン抱えてるだろうし 欲との2人連れなのでしょう。決して 着物が好きで給料だけで満足とか 和服文化に貢献とか では無いでしょう。そんなやわな気持ちでは物は(ましや高価な物)売れません。ランクアップにも又パーティーがあるとか。ちょうど所要が有って行けないけど 親譲りの着物の中でもお気に入りを着て行ってやるぞ!とか セミナーで購入ではない 前から持っていた 私用に誂えた 白大島か 牛首紬でも着て行くぞ!などとちょっとむかついて 思いましたね。修了パーテイーも 着物を着る機会というよりは その為に着物を買って頂戴よパーティなのです。お得意様だけにという呉服屋の展示会で 半額で買ったこともあるけれど 物の値段って本当有って無いようなものですね。長くなりましたが セミナーと称して 販売会があるのは事実。ただそれを 安くいい物が手に入れられたと思うか 買わされたと思うかはその人次第。事実は1つでも 真実は人の数だけあるのでしょう。私は多少買わされたとは思うけれど 午前中の内容に関してだけは 好奇心旺盛なので興味深々で良かったと思っています。自分のノルマ以外のセミナーにもう一回行って お買い物をしたいという人もいましたからね。先生も愛想振りまいちゃってるそんな人には。ネットで買えば安いし セミナーは協力会社の商品だけで 数的には少ないと思うのだけど。只 知り合いに教室 お勧めはしませんし尋ねられたら 販売会があると言いますね。押し売りされたくなっかたら デパートの売り場に行くべきでしょうね。一番品良く販売なさってますから。と長々と 御免なさいね。
Posted by 今 通子 at 2006年09月22日 04:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

成人式の思い出
Excerpt: 格付:★★★★ 着物 辻が花 久保田一竹 保田一竹(くぼた・いっちく)氏は、戦乱と赤貧の時代を耐え、長い歳月をかけて室町時代の「辻が花染め」を研究しました。 そうして現代に蘇った「辻が花」は、過去の模..
Weblog: Fuyuu Japan
Tracked: 2005-12-09 15:53

*やまとなでしこを目指して*
Excerpt:   の広告をたまたま目にしました。 どうやら『無料着付け教室』の生徒を CMや広告、NETで募集中みたいです(n‘∀‘)η 『凛とした女』って素敵♪ と前々から自分で和服を着れる..
Weblog: ◆ 等身大 の 美容日記 ◆ 24歳バイセクシャル♂♀アートメイクに挑戦中♪
Tracked: 2006-02-11 11:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。