2006年02月07日

困った着物たち

まだ続く箪笥の肥やしネタ。今回はコーデに困って着てない着物たち。全部袷。多分正絹。普段に着るにはちょっとかしこまっているのがかえってやっかいなのだが・・・

困った着物1.jpg小梅着物にも似ているきっぱりした紫。写真で見るより実物は色が濃い。白いすっきりした帯でもあれば合うのかなあ。どういう状況で着ればいいのかよくわからない。連続模様だけど、これって小紋の仲間?





困った着物2.jpgこれもなかなかすごい。ラメ入り着物。写真でみるとよくわからないけど、グレーにみえるのは銀糸。最初は「葡萄柄」だと思っていたけど、どうもいろんな花を刺繍しているようだ。色はおとなしめなのにどうも落ち着きの悪いきらきら感。これって普段着なの??
まだしつけついているので、誰も着てないんだなあきっと。でもちょっとしまい染みあり。


困った着物3.jpgこれが一番困っている柄。どこへ着ていくんだこれ。何をどうあわせればいいのやら・・・もしかして男物? なんかの衣装? 裏地は薄水色なんだけど・・。これも未使用でしまい染み少しあり。

もらったのは母からなんだけど、本人もどういう着物なのか記憶がなく、自分のセレクトではないらしい。もと呉服屋の祖父母は質屋もやってたから、もしかすると質流れの着物なのかも・・・

「もらった着物着つくしてから店で買う」と心に決めているものの、これらを着つくすのは結構大変。コーデのアイデア求む!

<eribowのコメント>
あははは、随分バラエティに富んだ手持ちだねえ。柄行もさまざま、素材感もさまざま。一見してmizが好きそうもない(苦笑)ように見受けられて、困惑ぶりがしのばれます。ハードルが高ければ高いほどモえる(笑)私なら、がんばれそうな気もするけどなー。特に波の模様!三浦半島にまぐろ食べに行く企画なんてどうかな♪ラメのはパーティー仕様にトライ。
帯を選びそうね。新たに買ったりしないといけないようで、大変かも。小梅ちゃんともども紫着物は白の絞りの付け帯じゃだめかなあ?


posted by mizuho at 22:53| Comment(6) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども、おひさ。
いっそのこと、スカートとかに仕立て直すってのはどうだ?
バッグみたいなのとか?

実物見てみないと何ともいえないけどね。

あとは、仲間内で無理矢理お茶会でも開いて雰囲気を合わせるってのもどうだ?eribowあたりがのりそうかな。

んじゃまたね。


Posted by Soya at 2006年02月08日 10:50
 一番下の「さぶちゃん系」お着物(歌が聞こえてきそう)は案外「粋」にきられるかもしれません・・・(自信なし) それか、帯にしたら素敵かも。
 一番上は「小梅ちゃん」と同じコーディネートで着られそうなかんじです。二番目は・・・・mizuhoさんとは好みが合う私ですので、同じく「どうやって着るんだ?」です。でも、mizuhoさんの柔らかい雰囲気にピンクの色はお似合いではないかとも思うのですが・・・・黒の帯でちょっと引き締めてみたりとか・・・?(自信なし その2)
Posted by Fujipi at 2006年02月08日 12:14
2番目のは銀糸ということですが、
連続模様らしいので、刺繍ではなくて織りで、
お召しの一種ではないかと思います。
小紋感覚で、チョイ華やかな普段着〜お出かけ着。
無地っぽく、優しい色の帯で案外合わせやすいかも。
1ももし染めでなかったら、同じくお召しの可能性。
2と同じく小紋感覚。
帯は白〜クリーム地か赤系統(ローズ、暗い橙)は?
3は、意外な色が合いそうですね。帯の候補は意外と多いかも。人の多い集まりが却って目立たずいいかもですね。
皆さんで魚を食べに行く時には、ぜひ!
Posted by うまこ at 2006年02月08日 19:39
どれも、すてき♪ 特に、3の波模様訪問着は、心引かれる。 白っぽい帯もいいし、さび朱とか、濃紺の帯も合いそう。
譲ってもよいと決断された時は、ご一報くださいませ〜
Posted by ぶりねぇ at 2006年02月08日 22:02
インパクトありありですねえ!着物が主張する柄なので、帯はシンプルなもののほうがいいかもしれないですね。補色に近いものにするか、同色系でまとめるか?

紫のは、茶の帯(なかなか個性的なコンビネーションですが…)優しい黄系、柔らかい緑系、藤色など?ピンクの着物はベージュ含む白系、臙脂系、若草色の帯とか、銀がわずかにはいってる織りの9寸とか?
羽織に仕立て直しても面白いかもですね。

波の模様のは、黒やチタンぽい色に焼箔・箔づかいの袋帯なんかが品良くかっこいいのではないでしょうか?兎の柄ならば波兎になるし、月とか舟の柄でもかっこいいかも。月を染め抜いた帯なんかでもいいでしょうねえ。

無地・地紋で柄行に立体感のある黒っぽい西陣ならどれでもいけるんでは?
Posted by 百福 at 2006年02月09日 01:24
わーい、たくさんアドバイスありがとうございます!! それぞれ参考になります。すばらしい!
>Soya
うー、いい案ではあるが今は余力がない・・・着物は「布」に近いから材料と考えてもいいよね。
>Fujipiさん
相変わらずネーミング上手ですね〜「さぶちゃん系」は私もそう思ってました。男性ものじゃないのかなあ。帯にというのは確かにありかも。
>うまこさん
そうか! 刺繍と織りの区別がいまひとつつかない私です。立体感があるのでごまかされてましたが、いわれてみれば織りなのかも。1も染めではないので織りかなあ。そうすると前に「刺繍」と書いていた小梅着物も織りかも・・・「お召し」っていまひとつよくわからない分類なんですが、もしかして3枚も持っているのか・・・
>ぶりねぇさん
実はそういうリアクション期待してました。私より絶対着こなしていただけそうなので、コーデに挫折したらぜひもらってやってください。
>百福さん
なるほど〜。気をつけて探してみます。黒の帯もひとつあると重宝しそうですね。
Posted by mizuho at 2006年02月11日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。