2006年06月02日

下駄を買う

 実はオフのあと、一人で浅草にお買い物に行った。平日でお買い物できる機会って貴重なのだ。長谷川商店って平日しか営業してないんだもん。お目当ては下駄。今まで時雨下駄以外は安物買いばっかりなので、ちゃんとした下駄が欲しくなったのだ。

長谷川の下駄.jpg
 安い下駄は、ゴムがべったり貼ってあって、緩んできても調整がきかない。しかも歩き回っていると緩みやすく、階段がだんだん怖くなってきたりする。
 柄足袋が多いので、買うなら白ベースの何にでもあうやつ、と思っていた。で、買ったのはこれ。ちょっと変わった彫りの台と、白の縞の入った鼻緒。値段は5600円? レシートもらい忘れてすでにうろ覚え・・・確か端数があったはずだが・・・
 長谷川商店は問屋なので割安、しかも鼻緒の品揃えははんぱでなく、迷い始めると収集がつかなくなる。しかも問屋なので、いちいち値段書いてない。値段をみながら決められないのは初心者にはちょっと難易度高い。
 おすすめは、あらかじめ欲しいもののイメージと予算を決めていくこと。そうするとたいがい満足できるお買い物ができると思う。今回の私のテーマは「予算6000円以内、浴衣にも普段着物にも合う下駄、鼻緒は白ベース」。お店の人に伝えたらどんどん候補出してくれて、10分で決まった。 実は17時閉店だったのに、着いたのが17時くらいだったので、ちょっと申し訳なかった。すげてもらう時間もいるわけだし・・・でもすごく親切に対応していただいた。家族経営(多分)のいい店だと思う。

 半襟のリボン.jpg
 おまけ。オフでしていたリボン。半襟をちょっと縫いとめ、はぎれでリボンの形に整え、金具にホットボンドでくっつけた即席髪飾り。もっと小さめにしたかったんだけど、半襟切りたくなかったので、かなりひらひら状態。髪の長さが中途半端でアップにもできないので苦肉の策。


<eribowのコメント>
 う〜ん、彫りの台って味わい深い。白い鼻緒もお洒落度高し。good choice! やっぱり私も下駄買いたいよ。
 リボンは、ハイカラさんっぽかった(笑)。惜しいことには、着物の色柄と馴染みすぎて一続き(^^; に見えがちだった。着物と反対色にすると、もっとアクセントになると思うよ。半襟ってリボンに使えそうなのが多くて、こういう使い方いいね。
posted by mizuho at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、Mizuhoさん。
先日のオフ会でも思いましたが、素敵な下駄いいですねえ。
近々、義理ママと浅草へ出かける予定なので、そろそろちゃんとした物を欲しいと思っていた(今は浴衣用に買った安い下駄と普段履きの草履が各1足のみなので)履き物を見つけたいと思ってます。
長谷川商店さんにも行ってみたいと思うのですが、まだ下駄にしようか、草履にしようか迷っているような優柔不断な私なのですが、やっぱり希望などを決めて行った方がよいのでしょうか。
Posted by hiromi at 2006年10月25日 15:24
両方買っちゃうとか‥(ぼそっ)
Posted by eribow at 2006年10月25日 17:23
hiromiさんこんばんは!
長谷川商店さん、選択肢がはんぱじゃないので希望は決めていくのがおすすめです。それに、ほとんどは鼻緒と台が別々になっているので、完成品をみて一目ぼれ、という選び方もしにくいのね。値段もいちいち聞かないとわからないし。でもいってみて、とりあえずぴんとくる台があったら決めてそれから鼻緒を選ぶ、という感じもいいかも。こちらから声をかけるまではほっといてくれるのでゆっくり悩めますよ。ちなみに草履は、割安とはいえ、いいものはそれなりの値段なので(当然ですが)、最初に予算を言わないとオーバーしちゃうかもです。
ちなみにこの下駄、何にでもよく合うし履きやすいので、めちゃめちゃ重宝してます。
Posted by mizuho at 2006年10月25日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18716607

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。