2006年06月15日

浴衣で家事をする

 今日は「県民の日」で学校が休みだったので、私も休みをとって家にいた。子どもと遊びに外に出るときは着替えたけど、半日浴衣生活。なかなか快適。

家事スタイル.jpg 当然家事も浴衣でする。袖は腰紐でたすきがけ。実は、「たすきがけ」の方法をよくわかってなかったのでネットで調べてやってみる。いろいろパターンがあるのね。弓道でやる、袖をきっちり固定するやり方を習得したかったのだが、どうもよくわからず挫折。普通のたすきがけは簡単だったのでとりあえずそれをして、台所に立つときは袖の余ったところを帯の後ろにつっこむ。

 浴衣は多少汚れても洗えばいいけど、帯は正絹なので、てぬぐいでカバー。単に帯の前にはさんでいるだけなんだけど、これで十分。ちょっと手がぬれたときに拭うのにも便利で、まさに「手ぬぐい」的な使い方だ。

 たすきがけ姿は、なぜか子どもにウケがいい。ものめずらしいのか? 時代劇みたいなのかな。やっている本人は、なんだか気持ちがしゃっきりして「家事モード」になる。はちまきみたいな効果?

 



posted by mizuho at 20:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
袖の処理が、格好イイたすきがけ、↓これでーす♪
http://www.geocities.co.jp/Stylish-Monotone/3609/page070.html
Posted by ぶりr at 2006年06月15日 20:56
たすきがけ姿りりしいですね♪確かにやる気になります(^^;)
私もたすきがけは難しかったです(>_<)ぶりさんが貼って下さったサイトを見てきましたΣ(゚Д゚)すごい!こうすればきっちりした、たすきがけになるんですね(^o^)こんどからこうしよう。
あと、私は、浴衣の上からエプロンかぶっております・・・
Posted by ひつじ at 2006年06月16日 09:50
ぶりさまいつもありがとうございます〜!
「染織こだま」さんのページですよね。実はこのページみたんです。でもわからないの〜。4と5のプロセスで「あれ? どうなってるんだ?」という感じに。飲み込み悪すぎ?(涙)

>ひつじさん
エプロンもいいですよね。冬なら割烹着がいいんですが(ウール着物でやったことあり)、暑くなるとどうも上に重ねる気がしなくって・・・でも、胸元にはねるのも防げるという意味ではエプロンの方がいいのかも。
Posted by mizuho at 2006年06月16日 21:46
写真の4から5へは、たすき紐をかけた折り返した部分を上下に立て、掴んでいる部分を両手で引っ張りながら、左手先を右脇下へもって行き、右手先を左ひじの先へ持って行くの。
4から5への動作は、両手先で棒を掴んでいるような感じでひっぱてやると、たぶん、うまくいくと思う。。。(説明ヘタで、ゴメン。)
練習してみてね♪
Posted by ぶり at 2006年06月16日 22:49
ぶりさんありがとうございます〜。再度トライしてみたのですが、また挫折。浴衣がへろへろしすぎているせいか、後ろできれいに決まらないんですよね・・・精進しますっ!
Posted by mizuho at 2006年06月17日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。