2006年06月16日

ばち襟肌襦袢を買う

 先日の「呉服の日」に、前から欲しいと思っていた肌襦袢をネットで買った。ポイントは、襟がばち襟になっていること。要するに、ここに半襟をつけてしまって、長襦袢を省略しようというプランである。

ばち襟肌襦袢.jpg 商品名は「さらし肌襦袢」。キモノ仙臺屋で、二割引で1792円。届いたのをみたら、思ったよりしっかりした生地だった。「浴衣を着物風に着る」ならこれで十分かな。

 昨年の猛暑、「麻の長襦袢だけで肌襦袢省略」をやってみたけど、案外涼しくなかった。やっぱり汗を吸うのがポイントかなあ、でも二枚重ねるのはやっぱり暑いよなあ、と思い、逆をやってみることにしたわけ。袖だけつけちゃえば「うそつき」そのもの? 
 でも最近、実は長襦袢から袖をはずしてしまって、そのまま袖なしで着ていたりするのだが・・・。お下がりばっかりなので、長襦袢の袖と着物の袖のサイズがなかなか合わないんだよね。もちろん「袖の後ろからちらりとのぞく長襦袢の袖」に凝るのがおしゃれだとは思うんだけど〜。

美容襟.jpg ちなみに、これまでの長襦袢省略アイテムは「美容襟」だった。もともとは長襦袢につけて襟を美しく固定する商品なんだけど、長襦袢なしで「襟だけつける」という使用法もある。・・・というのを着物着始めの頃、近所の「たんす屋」で教えてもらい、買ってみたのだ。
 この前のオフの時も暑かったので、長襦袢着ないでこれをつけていた。ただ、紐で固定しているだけなので、ちょっと襟が浮いてくるのと、ポリの紐が結構うっとおしい。暑いと、紐一本でも減らしたいんだよね〜。
 というわけで、この夏期待の、ばち襟肌襦袢。来週デビュー予定!


posted by mizuho at 22:32| Comment(6) | TrackBack(1) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mizuhoさん、こんばんは。

肌襦袢に半衿を付ける。とってもいいアイディアだと、さる方が去年やっていました。しかし肌襦袢は襦袢と比べて”打ち合わせ”が浅いので注意して下さいね。衿がはだけ易くなるそうです。

さて男物の話題で恐縮ですが、去年まで汗取りにU首シャツを愛用していたのです。でも衿からビミョーにチロリと出てしまう事があり、今年からVネックシャツに変えました。クールビズの影響で、最近のVネックシャツは切れ込みが深いのでイイ感じです。素材もメッシュで快適です。
Posted by 中村屋ダン之助 at 2006年06月17日 00:57
こんにちは!

ばち襟の肌襦袢なんてものがあるんですね。

先日自分の持ってる肌襦袢に半襟を付けてみようと企んだのですが、襟が細いことに気づき・・・時間があったら無理やり付けていたかもしれませんが(笑)

ばち襟肌襦袢の男物を探さねば!
なければやっぱり強引に!!
Posted by たいすけ at 2006年06月17日 09:24
浴衣着物に長襦袢なんて着てられないですよね。
うちでは、浴衣下に、主人も私も綿麻・吸汗加工・楊柳のおじさんシャツを改造したものを着てます。おじさんシャツは安いし、丈が長めでおちつきがいいし、楊柳はサラサラして気持ちよいしと。純粋浴衣用と着物浴衣用に二つつくったんですけど、具合いいっすよ。主人の方は浴衣の時何も着ないけど、私の場合肌着がみえるのはまずいから仕方なくってとこです。着物用の半襦袢って短いので、背高のっぽの我々の場合、ずりあがってきちゃうんです。

衿ぐりを深くして、衿あわせを長いVになるようにして、浴衣用は衿なし+ひもだけつけて、着物としてきる浴衣の方には晒し+三河芯の簡単な衿と衣紋抜き、ひもをつけて、洗える半衿つけました。プラスチック衿芯にボコボコ穴をあけて(書類用のパンチであける)使ってます。でも楊柳生地は弱いものが多いので、しっかりした生地のを探すのに苦労しましたかね。

美容衿って格好良くなっていいんですけど、絽の生地のでもちょっと暑苦しいんですよね〜。着物の場合は仕方ないから使うけど、浴衣着物には要らないかなと思いますね。ちなみに、美容衿のひもは、きつく〆る必要はなくて、ゆったりしめ、伊達締めの下までさげるとピタッと落ち着くし、楽ですヨ。衿が落ち着かないのは縫い方にもよるけど、身長や体型によっては、ひもがついている位置が身体に合わないこともあるのですよ。つけかえてみると意外に落ち着くかもです。




Posted by 百福 at 2006年06月17日 11:00
皆様こんばんは、コメントありがとうございます!

>中村屋ダン之助さん
なるほど〜。確かに打ち合わせは浅いですね。気をつけます。襟、見えないところを安全ピンでとめちゃおうかな〜。美容襟も、あわせたところをヘアピンでとめるようにしたら、かなりましになったんですよね。
メッシュのVネックシャツ、いいかも。やっぱり夏の下着はみなさん工夫されてますね。

>たいすけさん
あれっ、男物はないのかなあ〜と検索してみたら案外ないんですね。私の買ったキモノ仙臺屋では、たまに扱っているみたいでした(今は見当たらないですが、過去ログにはひっかかった)。浅草に行けばあるかな?
強引に、というのもありかも。百福さんのコメントにあるみたいに、三河芯を使うといいのかもしれませんね。

>百福さん
おおっ自作派!! 楊柳のおじさんシャツなんて思いつきもしませんでした。ぜひ作り方、ブログにアップしてください! ここに書いているだけじゃもったいないです〜。
美容襟についても工夫の余地があるんですね。確かに、伊達締めと重なるくらいに締めていたかも。(そうすると紐がごちゃごちゃしてとてもうっとおしい・・・)今度試してみます。
Posted by mizuho at 2006年06月17日 23:40
ばち襟肌襦袢というものがあるんですね〜(оДо)
これから暑いから、ほんとに少しでも涼しく着たいですよね!
私は、無理矢理、肌襦袢に半襟つけてましたが、やっぱり完璧とはいえないし、Vネックの下着につけた時もそうでした(>_<)
ばち襟肌襦袢デビュー楽しみですね(^_^)
Posted by ひつじ at 2006年06月18日 22:17
ひつじさんこんばんは!
そう、発見したときは「これが欲しかった!」って感じでした。でも発見したときは4月だったので、二割引になる呉服の日を待っていたという・・・着てみたらまた報告しますね。
Posted by mizuho at 2006年06月19日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日の着物
Excerpt: 楽天市場で有名なキモノ屋さんへ友達と一緒に行く。 平日なので有給休暇、盆休み、夏休みを押して参加。 インターネットショップなので、店舗がないし、いつでもいいというわけではないらしいので、2週間まえから..
Weblog: 着物でバックパッカー
Tracked: 2006-09-06 23:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。