2006年06月22日

派手?鶴模様の長襦袢

 昨日の衝動買いで、長襦袢も買っちゃいました(>_<;

鶴長襦袢 入手経路:リサイクル屋
 値段:3,000円

 とってもアンティーク♪手にした瞬間、目が釘付け!これから夏物シーズンで当分身につけられないにも関わらず「ほしい!」と心動いてしまいました。安いし(@_@;
 「いつ頃のものですか?」と聞いてみたら、「よく分からないけど、数十年経っていることは間違いないでしょう」とのこと。男物は別として、長襦袢でこんな風に(=大胆に?)お洒落をするという感覚は、割に古いんでしょうね〜。

 袷シーズンの長襦袢は、ポリと正絹2枚所有。実用的には十分な数です。おまけに、どうせ見えない(苦笑)。買う価値あるのか?一瞬迷いました。
 昔の長襦袢は、現在の「勝負下着」と同じ感覚だったようです。しかし、現在の私は勝負するところがあるのか?(大泣き)
 でも、今回は惹かれてしまったですよ。誰に見せなくとも(?)、「今日は鶴の長襦袢よ。ムフフ!」と一人密かに盛り上がりましょうぞ!(鼻息)
posted by eribow at 23:19| Comment(10) | TrackBack(0) | eribowの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ、この鶴柄襦袢、いいですね〜♪
柄物の襦袢を着ていると、単なる買い物でも、楽しくなること、うけあいまーす♪♪ 
Posted by ぶり at 2006年06月22日 23:25
まあ〜素敵。ぼてぼての縮緬にどかんと大きな柄があるのなんて着たら、さぞかしゴージャス。あるいは、シックな・こっくりした色の上品小紋にあわせたりして、ふりからこの襦袢が見えた日には、振り返られることでしょうねえ。秋になったら是非御召しになって、お写真アップしてくださいね。
Posted by 百福 at 2006年06月23日 00:10
百福さんの「シックな・こっくりした色の上品小紋」に1票!
これが3000円なんて…
羨ましいです。欲しいです。私も… )*o*(
Posted by 紬ぱんだ at 2006年06月23日 09:35
おおっ、アンティーク長襦袢、人気あり(笑)

>ぶりさん
そうよね、着ているという「自覚」だけで、何倍も楽しくなりそうですよね(うふふ)

>百福さん
コーデお薦めありがとうございますっ!(敬礼)
シックなこっくり色上品小紋ですね(めもめも)
濃い色で江戸小紋なんかがいいのかしら?

でも、振りから襦袢をチェックするほどの目利きの方なら、
きっと見てほしくないアラもモロ見えだわー(~~;

>紬ぱんださん
安いでしょ?(喜)
アンティークは好きな人は買うけど、一般受けするとは限らないので、
そう高くも設定できないのかもしれませんね
見方を変えれば「かなり古い」「へたっている」し‥

「なかなか入荷しないし、結構すぐ売れちゃいますね」とのこと
私みたい(^^; なのが即買いしちゃうんでしょうね
Posted by eribow at 2006年06月23日 19:31
こういった希少価値の高い柄の長襦袢は
在ってもつぶしてお細工モノにしたりされる方が多いから
襦袢状態は貴重ですよ〜♪良いお買物されましたね。
私も以前、黒地に手鞠柄の襦袢を着て居たら
某店の若旦那に
「よろしいですね〜その襦袢」と言われ
色んな意味でッドッキーン!!としました(笑)。
そんなトコまで見られてるなんて!
お気に入りの襦袢に気付いて頂けて嬉しいような
襦袢見られてるならきっと私の作法とか見て
襦袢しか誉めどころなかったのか?!とか。。。
色々考えてしまいましたよ〜@@
Posted by 桃葉 at 2006年06月23日 19:39
はじめまして、紬パンダさんとこから、飛んできました。
襦袢にこるって、江戸の粋だと聞きましたが、こういうのが、まさにそれに違いないと思いました。素敵ですね。行けないとは思うけど、お店を知りたいです。
Posted by コロコロ at 2006年06月25日 16:43
>桃葉さん
何よりの誉め言葉、ありがとうございます〜(;_;)ウルウル

そうか、呉服屋の若旦那が勝負ね!(鼻息)<何のだ?
和服を着こなす男性に弱いしな〜(ぶつぶつ)
アンティークだから、若干裄が短いのです
お眼鏡に適うような着こなしはキンチョーしちゃうなあ‥

>コロコロさん
はじめまして!どうもイラッシャイマセ♪
着物お仲間ですね(^^)人(^^)
よろしかったらリンクさせていただいて宜しいですか?

お店は、JR川崎駅・駅ビルBEの4階「KIMONOいちば」です
(着物は英字、市場はひらがな‥検索がめんどくさかった!)
でも規模の小さいお店でそんなに品数ない方ですし、
リサイクル屋さんですから常時取り揃えているとは限らないし、
どれも一品モノですから、「あったらラッキー」でしょうか
Posted by eribow at 2006年06月26日 19:48
こちらこそ、リンクさせてください。
青春18切符が出て、そちらの方へ行くとき、このお店へ、行けたら、行ってみます。ありがとうございます。
実は、まだ、ブログに不慣れで、トラックバックへ、送ってしまいました。削除していただけますか?すいません。
Posted by コロコロ at 2006年06月27日 22:24
長襦袢て、なかなか素敵なものに出会えませんよね。
アンティークは少ないし、あっても高くて手が出ない…。
とても良いお買い物をされたんじゃないかと思います。

私、長襦袢で勝負しても、それの下にあるもので惨敗しそうな気がします。
肌襦袢はまだ良しとしても、お腹や腰周りの補整パッドと着物ブラで
惨敗は確実です…。(号泣
どんなに着物姿が素敵でも、長襦袢の下の下着姿で萎えちゃうでしょうネェ。(笑
Posted by bonbon at 2006年06月28日 14:18
本当に昔の色は綺麗とおもいます。
手作業たっだだけに深いんですよね。
Posted by たはら at 2009年10月02日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19686784

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。