2006年07月03日

みょうばん水効果

 ちょっと前の話になるのだけど、6月17日の記事でぶりさんに教えていただいた「みょうばん水」、つくってみた。

 まず、スーパーで焼きみょうばんを購入。60g入りで100円くらいかな? あと、2Lのペットボトルを用意。ご紹介いただいたHPには、焼きみょうばんは手で揉んで細かくする、とあったけど、めんどうなので袋のふちを小さく切って、そのまま目分量で3分の2入れてしまった。焼きみょうばん40gに対して水2L。焼きみょうばんが入ったところで、ペットボトルいっぱいまで水をいれて、ぶんぶん振って一晩放置。

 気温が高いせいもあると思うけど、朝にはすっかり溶けていた。さっそくバケツに3分の1くらいうつして、お古浴衣を漬け込む。で、半日ほっておいて、そのまま普通に洗濯機で洗った。浴衣のときはいつも液体石鹸を使うのだけど、今回は洗うのも3回目なのでみょうばん水のみ。

 すでに市販の漂白剤でつけおき洗いした後なので、劇的効果はよくわからなかったけど、とてもすっきりした。で、嬉しかったのは、ごわごわ感が少し和らいだこと。古いせいか漂白剤のせいか、かなり肌触りが悪くなっていたのだけど、ちょっとましになった。おうち浴衣なので、着心地ってすごく大事なのだ。最初からみょうばん水で洗えばもっとよかったかも・・・

 それ以来、普通の洗濯の柔軟剤代わりにも使っている。部屋干し(正確には浴室干し)なので、生乾きの臭いを防ぐのにも役立っている気がする。ぶりさん、ありがとう!
posted by mizuho at 21:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 着物収納・お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お役に立てて、何よりでーす。 ←単なる人のHPの紹介だけど(^^;
フキンとか、タオル類、ミョウバン水でリンスしてまーす♪
Posted by ぶり at 2006年07月03日 22:54
ミョウバン水で洗濯、成功して良かったですね(^o^)
普通の洗濯の柔軟剤代わりにも使えるとは知らなかった(оДо)!
Posted by ひつじ at 2006年07月04日 10:14
こんにちは〜

絹物とか藍染とか草木染とかのものには漂白剤や合成洗剤はやめたほうがいいって聞いたことがありますよ!!

絹は塩素系に破壊されるし染物も色落ちしやすくなるって・・・。


洗濯するなら純石鹸(粉石けん?)がいいらしいです。合成洗剤よりもゴワゴワしないとも聞きましたよ(←あくまで聞いた話ですが・・・。
Posted by たいすけ at 2006年07月04日 15:07
はじめまして。着物ブログをさがしてさまよって辿り着きました。
浴衣は日常着として最適!って言い切れる古い日本家屋住まいです。

身八つ口から風が入るので、やめられなくなりました。おかげでクーラーとは無縁です。
洗濯にはいつも困っていたんですが、とってもイイ情報を知りました。

ありがとうございます。
またブログ見に来させていただきます。よろしくお願いします。
Posted by 佳珠 at 2006年07月04日 18:51
みなさまコメントありがとうございます!

>ぶりさん
いつもお知恵ありがとうございます〜。目からウロコのコメントいただくと、ほんとブログやっててよかったなあと思います。
>ひつじさん
自作半幅帯かわいいですね! 
柔軟材代わり・・・は実は劇的に効果があるわけでもないのです。私、市販の柔軟剤が嫌い(柔らかくなるけど、汗を吸わない感じがするので)で普段使わないのでいいのですが、柔軟剤好きな人には確実に物足りないと思われます・・・普段使わない人にはいいかも。
>たいすけさん
そう、私もどこかでそう聞いて、着物洗濯用に液体石鹸買ったのです。でも、粉じゃないとダメかなあ〜。
さすがに絹に漂白剤使う気はしないのですが、かび臭い浴衣には思わず使ってしまいました。でも、確かにそのせいでごわごわになってしまったかも・・・みょうばん水で多少復活してくれるといいのですが。
>佳珠さん
初めまして。ブログ拝見しましたが、最初お店のかと思いました。アフィリエイト頑張っていらっしゃるのかな? 
日本家屋住まい、いいですね。やっぱり住まいと衣、って連動してるなあと思います。機密性の高いマンションでいかに涼しく着物を着るか・・・なかなか課題が多いです。
Posted by mizuho at 2006年07月04日 22:21
半幅帯、かわいいですか(^o^)ありがとうございます♪
ミョウバン水、柔軟剤として、劇的効果ではないのですね(^^;)
私は、洗剤といっしょに重曹を入れているのですが、タオルとか以前よりふっくらするような気がします(^_^)
Posted by ひつじ at 2006年07月05日 10:14
液体石鹸でも原材料が脂肪酸ナトリウム(だったと思います)のやつなら平気かと!

合成洗剤に入ってる界面活性剤とか蛍光増白剤がよくないらしいです☆
Posted by たいすけ at 2006年07月05日 12:31
木綿や麻、絹モノは、純石鹸や、石鹸洗剤が良いです。
ゴワゴワ度は合成洗剤よりずっとよくなります。
ウチでは、石鹸洗剤利用です。
洗濯するときには、炭酸塩を追加し、
すすぎに、クエン酸や酢、石鹸シャンプー用リンスを入れると、かなりよくなります。
これは、炭酸塩がアルカリ性で、石鹸の汚れ落とし効果を上げていたのを、クエン酸等の酸性物で中和するからです。
炭酸塩は、重曹でも代用できます。

蛍光剤は、絹とかだと逆に黄ばみの原因になってしまうそうです。
Posted by 優妃讃良 at 2006年07月05日 20:01
↓ここのサイト「石けん百貨」かなり詳しいので見てね♪
http://www.live-science.com/index.html
疑問が解けると思う。
Posted by ぶり at 2006年07月05日 20:19
うわー、知恵の宝庫! 皆様ありがとうございます!

>ひつじさん
重曹もいいかも知れませんね。どっちも入浴剤として使えるから効果も似ているかも!(適当な発言・・・)

>たいすけさん
おおっ! と思って表示を調べてみましたが、原材料が「石けん」としか書いてない・・・蛍光増白剤は使ってないと書いているけど界面活性剤は入っているよう。うーん、やっぱりダメかなあ。

> 優妃讃良さん
すすぎに酢、ってよく聞くのですが、酢の匂いが残ったりしないのですか? でも今度やってみます。

>ぶりさん
いつもありがとうございます。洗濯ひとつとっても、奥が深いですね〜。
Posted by mizuho at 2006年07月05日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20227329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。