2006年08月08日

グラマラス・ボディと着物

 女性の着物は「ずん胴」が理想と言われるけど、つくづく不思議よねえ。現代欧米化文化の中では、ボン・キュッ・ボンのめりはりボディが女体美の理想。和装の常識と、洋装の常識は、180度異なってますよね。

 セレブと呼ばれる女性たち(例:パリス・ヒルトン)を見ると、欧米ファッションの究極が「裸体」であることがしみじみ感じられる。まあ、ギリシャ彫刻の伝統から脈々と受け継がれてるけど。
 ガバっと開いたデコルテ(鎖骨周辺部)。谷間が見える胸元。太モモ見える大胆スリット。それって、和装、日本古来の美意識からすれば、はしたないカッコじゃないですか?!皇族はこんな格好しないよね〜
 欧米の女体美のキーワードはグラマラス。そうでない美も存在するけど、例えば胸が薄く全体に貧弱なオードリー・ヘップバーンは日本人に特に愛好されているそうな。

 欧米の美的センスに日ごろ馴染んでいると、ムネを「押し潰す」着付けは、まるで生物の本能に反しているかのよう(^^; 日ごろ「寄せて、上げて」最大化を目指してるポイントが「ない方がいい」という扱いになるとは、ちょっとしたカルチャーショックですらあります。
 最近街中で見かけた浴衣女性は、帯の上に胸がちょこんと乗っているようで、どこに視線を向けていいかどぎまぎ(笑)。もともとたっぷりあったんだろうな、補正するとしてもとっても大変なんだな、と思ってしまうと同時に、目が洋装に慣れていると、発想の転換がしづらいんだろうなーとも。

 「肉体」を前面に押し出し、「雄/雌」を前面に押し出し、立体感を重んじる西洋美意識は、肉食民族のものなのかなあ、なんて感じます。日本的美意識は、「肉体」を押し殺し、「雄/雌」を抽象化し、平板な意匠が中心を貫いています。とって食われてしまう草食動物なのかなー(^^; なんて危惧を抱きつつ。


posted by eribow at 23:30| Comment(5) | TrackBack(1) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
肉食動物VS草食動物という発想がいいなぁ。

日本の美はチラリズムの美、という気もするよね。
ちょっと見える部分から見えない部分を想像する、
奥ゆかしさも感じます。

グラマラスを肯定するからこそ、アメリカとかは、乳房再建に保険がきいたりするのよねぇ。
日本は、乳房再建に保険はききません。(T_T)
っと話題がずれた。ごめん。

Posted by Soya at 2006年08月09日 11:36
着付けを習い始めた当初、「胸はなだらかに、帯を一番高くすると姿がきれいになる」といわれて目からうろこでした。和装ブラをするとしないとでは、ずいぶん違います。鳩胸出っ尻には必携アイテムですね。

たしかに、お胸がどっかり帯の上にのっていると、どうも無様です。私たちは「胸を散らす」と呼んでいるんですけど、昔の女性でも肉づきのよい人はいたでしょうに、どうしていたのか。さらしでも巻いてたのかな。

思うに民族衣装は、女性が美しくみえるように考え抜かれた究極のデザインなのかもしれませんね。着物は、ほんとに日本女性を美しくみせますね。
Posted by 百福 at 2006年08月09日 11:54
あまりの暑さに、初めてノーブラで浴衣着たの(襦袢は着たけど)!
着崩れしやすいかな〜と思ったんだけど、案外平気だったからビックリ!!
・・・あ、貧乳だったんだわ(笑)。
なので密かに帯乗り乳は憧れ(爆)☆
Posted by 狗子 at 2006年08月09日 18:31
明治から昭和の戦前の写真をみると、オメカシしているらしいのに、帯の上に胸のっているお母さんって、かなりいます。
昔は、気にしなかったんじゃないかなぁ。
花嫁さんはサラシを巻いたり、綿を載せたりと、今あるような補正をしたようです。花嫁さんの写真には帯の上に胸乗った姿はない。でも、両親は自力で着たのか、載ってる人も写真では見られます。

って、考えると、今の着付けの風潮って「いつでも花嫁さんレベル」を強要されている気がする。

洋服だったら、「ボディスーツも着ないで服着るなんて言語道断」ってことになる。洋服にもってくると、「んなの言う方が変な奴」って思えるのにね。
Posted by 優妃讃良 at 2006年08月10日 11:09
皆様、ムネにコメントありがとうございます(笑)

>Soya
そっか〜アメリカは女性の胸は「あって当然」なんだな
日本に生まれてよかった〜(?)
治療大変そうだけど、頑張ってね♪

>百福さん
下に優妃讃良さんがコメント下さったように、
祖母の世代よりさらに昔は、着こなしそのものが違ってたとしか思えませんねえ
十二単や花魁の重ね着?などを見ると、
潰すまでもなく、胸は衣服に埋もれているようです(-_-;

>狗子さん
「帯乗り乳」っていう用語があるんですか?!(爆)
胸パッドでも入れてやってみようかしら‥?!?!

>優妃讃良さん
礼装でも「帯乗り乳」あったんですね〜(^^;
ビシバシの胸ナシ着付けは、本当に新しいんですね(@_@;

同じ年の友人は、息子のサッカー応援に燃えるスポーティーママなのですが、なんとFカップ
Tシャツ姿でもさほど目立たないので、へーと驚いたら、
「あのね、下着だけは高くていい奴買ってるの
もうすごいんだから、バーンって、サイボーグ!」
だって(^^; 苦労してたのね〜
Posted by eribow at 2006年08月10日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

パリス・ヒルトン 歌手デビュー
Excerpt: アメリカセレブの代表、パリス・ヒルトン。 このパリス・ヒルトンが歌手デビューを果たすことになり
Weblog: 日常の気になるニュースを語ってみる
Tracked: 2006-08-23 15:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。