2006年09月01日

夏の終わりの公園花火

 ついに8月も終わり。子どもたちの夏休みも終了・・・ってことで昨夜、恒例の「夏の終わりの公園花火」をやった。今年の目玉(?)は国産線香花火。

浴衣の子どもたち.jpg 娘と近所のお友達の浴衣姿。小さい子の浴衣ってほんとかわいい。白いほうが娘で、この浴衣は今年、お下がりをいただいたものだけど、クラシックな感じの柄で本人も私もとても気に入っている。流行のキャラ浴衣よりよっぽどかわいいと思う。

国産花火.jpg で、手持ち花火をひととおりやった後、線香花火に火をつける。こよりがきれいで風情がある・・・んだけど、風が多少あったせいか、劇的に長持ちするという感じはしなかった。繊細できれいだけど、12本100円の中国産線香花火と比較してそんなに差があるわけでもない。 同時に火をつけて実験もしてみたけど、うーん、差よりもむしろ中国産の検討ぶりを見直す感じになってしまった。こんなに安いのに充分きれいだよねえ、と。

 中国産の線香花火は、紙に包まれていないので、火をつけてから火花が出るまでが早い。国産はこよりに火薬がくるまれているので、ゆったりと火花が出る感じ。このへんに風情を感じるかどうかが評価の分かれ目なのかな? あと、ちょっと「玉」が大きくできる。その分、扱いが雑だとぼとっと落ちてしまうんだけどね。写真、あまりうまく撮れなかった。残念。

薄色浴衣.jpg 涼しくなってきて、浴衣でお出かけもそろそろ終わりかなあ・・・と今年着そびれていた薄い色の浴衣を着てみる。たまには帯と同系色というのもおしゃれかな、と思って。でもやっぱり、サイズ合わないなあ。着付けテクのなさもあるけど、どうももたついた感じになる。直したら少しはましになるのかな?

 集まったのは子ども6人、大人3人。吹き上げ系の花火やねずみ花火でも盛り上がった。夏の終わりの花火は、なんだかちょっと感傷的になる。今年の夏はいろいろあったなあ。さあ、この秋は何をしようかな。

<eribowのコメント>
白い浴衣、やっぱきれいだね〜。この写真でも十分いいとは思うけど、宵闇の中で浮かび上がって、もっと綺麗だったでしょう♪

posted by mizuho at 22:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着付係となって飛んでいきたいわ!
でも、写真見る限りそんなにおかしく見えませんが?
花火の報告ありがとう。
写真撮ろうとすると、花火そのものが楽しめなかったりするので、申し訳ないなぁ、などと殊勝なことを思ってみたり。
キャラ浴衣が可愛らしいのはせいぜい3才くらいまでじゃない?
夏休みは終わったけれども、夏はまだ続いている暑さ。
この暑さを乗り切らねば・・・

Posted by Soya at 2006年09月02日 07:51
Soya、コメントありがとう。
今日はこちらはかなり爽やかで秋っぽかったです。でもこのまま暑さが去ったりはしなそうだけどね。
花火はたくさんあったので自分はしっかりと楽しんだあと、子どもがやるのを写真とったの。でも今回は失敗〜。
白地に柄の浴衣って、自分が子どものときはそんなのばっかりだった気がするんだけど、最近は少数派。はっきりした色柄のばっかり目につくんだよね。でも今年お下がりもらってみて、白の浴衣っていいなあ〜と思ったのでした。
Posted by mizuho at 2006年09月02日 21:33
花火で夏の終わりを感じるのもいいですねぇ・・・
国産と中国産、あまり差がなかったとは(оДо)かなり差があるのかと思ってました(^^;)でも「玉」が大きく出るのはやはり国産の技?かな?
mizuhoさんの浴衣姿、すてきです☆白地、いいなあ〜♪
Posted by ひつじ at 2006年09月04日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23123734

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。