2006年09月05日

季節の変わり目の着物

 浴衣話から、季節のことを考えちゃいましたねー。
 そう、和服ワールドに足を踏み入れて、ふと自信がなくなるのが季節のことだったりするのよね〜。「ルール」なんて堅苦しいのヤダヤダ!と思いつつも「粋」と思われたい‥という欲?向上心?煩悩?(^^; にも囚われたりして。
 本格的にオールシーズン着物を着始めた初年度の昨年は、お勉強とばかりまずスタンダードとは何かを知識として収集してみました。一巡してみて、まあ大雑把でいいのかな〜と思うようになりました。
 それでも、「浴衣は終わり!」なんて早々と書いたりして、私ってば「季節の先取りてるワ♪」と見栄を張りたかったのかなあ(苦笑)。

 今の所、二十四節気を何かと意識している私。今は処暑だから、秋めいているハズと思い込んでいますが、日中は裸足&タンクトップで真夏モードです(^^; 今週中には「白露(はくろ)」、もっと秋っぽくなっているハズ
 ‥うーん、まだやっぱり頭でっかちなのかなあ?昨年よりは悩まなくなった(=どーでもよくなった)けど、やっぱりちょっと迷う季節の変わり目です。


posted by eribow at 23:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろなアドバイスありがとうございます(今朝のメールも含めて)。着物は好きで楽しいのだけど、最初は戸惑う事も多いですね。先輩がたのアドバイスはとっても頼もしく、ありがたーく頂戴いたしますね。

私もeribowさんのまねをして、秋からはじまる日本和装さんの無料着付教室応募しました。ふふふっ。今度は着物でもオフ会等参加させてもらいます(鼻息)。よろしくお願いしまーす。
Posted by hiromi at 2006年09月06日 14:16
遅くなりましたが、お帰りなさいませ。(中国から)

着物のルールって面倒ですよね。私は特に冠婚葬祭のルールが面倒に思えます。
季節の方のルールは、大雑把で良いんではないでしょうか。だって、そのルール自体大昔に整ったもので、しかも陰暦だったから今とは季節感が異なるし、気候も温暖化が進んで今はずっと暖かくなってしまったし。全く無視は寂しいですが、着心地が悪いのに無理やりルールにしがみつくのもナンセンスかと。

なんて言いながら、浴衣は、昼間っから着るのはちょっとな・・・と思ってしまいます。(笑
Posted by bonbon at 2006年09月06日 15:20
こんにちは〜!

更衣表ははあくまで昔の指針だと思いますよ!暦の上では秋になったといえども昨日みたいに真夏日になったら暑くて切れないですもん(笑)

季節感ある色柄をもってくるのは風情があって素敵ですけどやっぱりどうせ着るなら自分が心地いいと思えるように着ないともったいないなぁって思います☆
Posted by たいすけ at 2006年09月06日 15:31
本日、雨です。いきなり寒くなったので、秋初めての長袖ワイシャツにジャケットで出勤です。
9月は6月と並んで、着るモノの移行の季節ですから、大変なんですよね。
初旬は夏と同様の絽が使えますが、色柄は秋のものだとよりベターとかある。
下旬は縮緬やお召しの単仕立て。暑いようなら、麻襦袢に塩瀬の半襟(袷や単用の襟)を使うと良いです。
東京だと、下旬はいきなり涼しくなってくるので、気温が高めな日でもこれ位でどうにかなります。

洋服でも、本当のオシャレさんは「季節の先取り」で、もう秋モードで長袖を着ます。
着物の場合は、「着物着てる=おしゃれさん」って見られることが多いので、「おしゃれさんのクセに季節を意識しないの?」ってなるのかもね。
気温は昔とは異なり、いつまでも暑かったりしますから、「気温合わせ」が傍目にも受け入れられやすいのではと。
9月入ると「電車乗ってのおでかけ」に浴衣はちょっと気がひける。
Posted by 優妃讃良 at 2006年09月06日 15:37
もう、今まさに季節の変わり目に頭を悩ませてます(笑)
先日早速単でお出かけしたものの、やっぱり暑かった〜!
襟付き肌襦袢で長襦袢省略、着る枚数は浴衣と同じだったんですが
何が暑いって、足袋…^^;
夏用の足袋なんて持ってなくて…しまったー! って感じです。

明日から私、また京都に行くんですが、京都はもっと暑いんですよね。
さすがに浴衣はなぁ…と思って、やっぱり単を準備してますが。
(夏物は持ってないし)

足袋は省略しても良いものかしら…(笑)
もう、この時期はきっと売ってないですよねー
今回は、井筒さんの時代衣裳体験もしてくるので、覚悟して行かねばです〜〜
(でも楽しみ!)
Posted by たまご at 2006年09月06日 15:54
下のほうのコメント、旧暦と太陽暦の続きです。 二十四節気は、旧暦での区分でした。
旧暦で、1〜3月は春、4〜6月は夏、7〜9月は秋、10〜12月は冬。 正確には、立春から春、立夏から夏、立秋から秋、立冬から冬。
これを今の暦に当てはめると、約1月ずれます。 今年の旧暦は、うるう7月が入っているので、その分ずれていますが。
明治以降、西暦で数えるようになって、緯度の高い欧州の春夏秋冬の区分が入ってきたので、入り乱れているのが、現状です。
今は、旧暦では、秋です。暑くても。(^^; 

なので、二十四節気を目安にするのは、的を得ています。
Posted by ぶり at 2006年09月07日 00:33
装束の世界では、「端午から重陽まで」が単の季節です。「(旧暦)8月でも寒かったら袷を着てもいいが、年配のすること」なんて書かれたものもあります。
重ねてるから暑そうな印象があるけど、逆に夏の期間がすごーく長い。
袷といっても、もう旧暦4月には夏生地の袷だし、旧暦9画月一杯も夏生地の袷です。

そう考えると、更衣の習慣って、結構移り変わってきたんだなって思います。
Posted by 優妃讃良 at 2006年09月07日 10:27
家に旧暦のカレンダーがあって、9月になっても暑いな〜って思ってたら、旧暦ではまだ7月なのか〜って思ったり・・・
着物は数枚しか持っていないけど、洋服でも自分の体感温度で適当に着てしまいますね(^^;)
でも、いくら暑くてももう浴衣はねって思ったり。でも、着物っぽい浴衣ならいいと思うけど・・・
この季節にはこれって知っていて、でも自分の基準で調節して着ているっていうのがいいのかな〜。
Posted by ひつじ at 2006年09月07日 10:48
9月3日に大手町まで電車でお出掛けした時、
「暑いからまだ浴衣(半衿+足袋)でも良いよね〜」
…と思って出かけましたが、
車中できちんと単を「涼しげ&それでいて夏は終わったよ〜」
って感じでいた方がチラホラ…
近所は良いとしても、お出掛けは何となく気後れしてしまった。。。
(まぁ自分の身体感覚からすると。ちょうど良かったんだけど)

実は明日、青山の呉服屋(ゑり華)さんに、友人のお供する予定なんですが、
マジ何着ていこうか、思案中です。(^^;  お天気も怪しいしね。
Posted by つむパン at 2006年09月07日 19:11
わーいわーい、多くの皆様、コメントありがとうございます。
「季節の変わり目の着物」について思うところある方が多いんですねえ(しみじみ)

>hiromiさん
先輩だなんて(~▽~; 差なんてないですよー
まだまだ戸惑うことだらけで、ブログでぼやいてばかりです(苦笑)
日本和装話も、またお待ちしています(-_☆

>bonbonさん
お久しぶりです(^^)
冠婚葬祭は‥もともと面倒なものと思っているから、私はあまり抵抗なかったかな?
ほんと、旧暦陰暦入り混じって、よくワカラナイですよねー(苦笑)

>たいすけさん
おおっ、着る頻度高い方ならではのコメントですかね(笑)
昔の衣更えって、同じ着物を仕立て直したりして
「後戻りできない」事情もあったりしたのでしょうね〜

>優妃讃良さん
「洋服でもおしゃれさんは季節先取り」とのコメントに、
本日の外出は夏中愛用していた白のスカートをやめて、
茶色のスカートを引っ張り出してきて穿きました(爆)

>たまごさん
レースの足袋、持ってます 涼しいですよ〜
でも、無理しないで、浴衣に裸足にすれば?(^^;
京都、いいな〜 日記、楽しみにしてますね♪

>ぶりさん
そうかー陰暦は閏月なんてものがあるのね〜
9月が7月、っていうのはもう頭が計算ついていけません(^^;
二十四気節、『おりおりに和暦のあるくらし』でチェックしながら生活してます(笑)

>ひつじさん
私が思うに、このブログに集まってくるような方々は
おそらく単を持ってるか今後入手するであろう人たち
そういう人は浴衣「引退」でもいいんですよね
浴衣しかまだ持っていないけど、でももっと着たい、
っていう潜在着物ファンの人のことを考えると、
まあ、もう少し浴衣でもいいんじゃないの、と思う私です(^^)

>つむパンさん
昨日はぶるぶるっとするくらい気温が下がって、
「ヤッタ!これで単にぴったりだ!」と喜んでいたら
今日のこのクソ暑さ‥まだまだ気候は変わりますね
これだから、ほんと着るもの悩んじゃいますよね!(-_-;
Posted by eribow at 2006年09月07日 19:33
布地屋さんに行ったら、
秋柄の夏生地という布がたくさん出ていました。(洋服用)そう言えば、今日の通勤電車は黒っぽい服装の人が多かったです。
でもたまに見る着物人はまだ夏物の人が多いです。着物は暑いですものね。
私にとって浴衣地着物は透けないので単衣の時期専用です。真夏は暑くて着物風には着られないから。秋柄浴衣地着物が3枚になっちゃいましたよ。どうしよう。
Posted by うまこ at 2006年09月07日 22:32
質感が正絹の絽みたいに見える絽麻の襦袢地なんてあったらどんなにいいかと思う今日この頃であります(笑)。うそつきに絽の袖でも暑いのですよう。

うまこさまと同じく、透けない浴衣着物を愛用してます。中ごろ位までは暦を無視して薄物を着ている日もありますが、小物でも帯でもいいから、どこかに秋の訪れを感じるものを身につけたいですね。

Posted by 百福 at 2006年09月07日 22:49
この夏、近江麻の長襦袢を作りました。
スッケスケな生地で撫子が紋織りになっているもの。縮みや楊柳じゃないので、正絹モノの下でも問題なく着用できるとの呉服屋さんの談。
(どこぞの変なチェーン店の話でなく、信頼のおける老舗の小売店の言うことだから、多分大丈夫)
すっごく快適でした。
ウソツキに化繊の袖や化繊絽の腰巻でも暑いですが、長襦袢だから、身頃から麻なので涼しい。
Posted by 優妃讃良 at 2006年09月08日 17:18
おお〜お姉さま方、コメントありがとうございます!
お返事遅くなり失礼いたしました(__)

>うまこさん
浴衣=秋用綿単衣として着こなしてらっしゃるのですね〜
とんぼや秋草模様の浴衣もいいですよね〜♪
ブログの写真も良かったワ

>百福さん
朝夕は過ごしやすくなりましたが(お月様が綺麗ですよね)、
今日も昼は酷暑‥またしてもタンクトップですσ(^^;
こんな気候なら、結局一度も袖を通さなかった薄物もあるので、
秋風コーディネートで無理矢理着ようかなあ‥

>優妃讃良さん
私も麻の長襦袢愛用です
というか、夏用はそれ一張羅なの(苦笑)
肌触りもよく、「麻」という素材に目覚めた一枚です♪
Posted by eribow at 2006年09月10日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。