2006年09月09日

日本和装無料着付教室はタダより高いか?

 日本和装の無料着付教室で、「着物が着られるようになった」私、リンクも載せてますし、折りに触れてその体験は話題にしています。

・本当に無料ですか?
・着物を買わされたりしませんでしたか?
・通いたいのですが、無料ってどうなんでしょうか?

というご質問をいただき、レス書いていたら長くなっちゃった(笑)ので、独立した記事にしてみました。まあ、同じような話は今までもあったし、これからもきっとあると思うので、一度まとめて書いてみてもいいかな、と思って。
 日本和装HPにもその回答は書いてあるのですが、主催者の話じゃ大本営発表だものね(笑)。私だって、参加前はドキドキしたぞ(^^; 参加者、経験者の生の声を聞いてみたいと思うのは、自然だと思います。
 以下、質問への回答という形で:

ーーーー
 日本和装HPに明記してある、写真代、お茶菓子代、セミナーの際のお弁当代、修了式参加費(自由参加)等の実費以外はかかりません。初回に、持っていない人のための襦袢や小物の斡旋はありますが、市価程度か若干安いくらい、あくまで便宜を図るという感じです。教えるのは手結びないので、専用の器具を買わされることもありません。
 修了式8,000円は高いけど、高級ホテルでのパーティーですからね(^^; まあ、実費です。パスしてもいいし、私にとっては行く価値はあったので、もし行きたければ張り込んでもいいと思うし。横浜はシェラトンで、料理は高い分ウマかったですよ(笑)。

 セミナーという名の販売会がありますが、これについては

・当ブログ
 2005/12/9 『日本和装3回目のセミナー』
・お友達リンクの「ラッピング・ライフ」 byふじさん
 2005/11/24 『着物セミナーにて疲労困憊(前編)』
 2005/11/26 『着物セミナーにて疲労困憊(後編)』
・着物つながりリンク(女子)にまだ入ってなかったー(><;
 『こぱんだのチープなお着物ライフ』byこぱんださん
 2005/11/22 『日本和装無料着付け教室ルポ 其の五』
 2006/2/1 『日本和装無料着付け教室ルポ 其の九』
・着物つながりリンク(女子)の「a.n 雑貨店」 byあきさん
 2006/4/5 『日本和装ルポその5(帯セミナー)』
 2006/6/14 『日本和装ルポその11(着物セミナー)』

などをご参考になさると、雰囲気お分かりになると思います。
 特にに、こぱんださん、あきさんのブログは日本和装体験が綴られていますので、セミナー以外のことでも参考になるかな?
 「悪い噂」はネット上で一杯ありますから(^^; 検索してみては。

 また、無料教室についての思いは、
・当ブログ 2006/3/16 『着付教室の料金』
で語っておりますので、よろしかったらご参照下さい。

ーーーー

 引用で手抜きだ〜(^^; でも、何度も同じこと書くより、かつて熱く語ったものを見た方が早いですよね。こぱんださん、あきさんのスタンスは、(体験自体は私のものとは違っていたけど)私とだいたい同じです。

 ※この話題につきましては、あまり品の宜しくない方の書き込みもありえるので、基本マナーに欠けるあるいはあまりにも見解が相違するコメント等は、さくっと削除いたします。初書き込みの普通の方(笑)は、誤解を受けませんよう、若干配慮をお願いいたします。
 ひそひそ話希望の方は、DMもどうぞ(^o^;


posted by eribow at 00:43| Comment(27) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
eribowさん達が無料着付教室に通っていなければ、たぶん怖くて通おうとは思わなかったと思います。信頼できる人の話を聞いてみるのが一番ですよね。

池袋校での教室スタートは来週末から。昨日の昼間、お花お稽古仲間とのお出かけは浴衣、着物、洋服の3択で悩みましたが、結局単着物にしました。
浴衣の着付けとは違って着物は大変でしたが、なんとか着物で出かけると、お気に入りの大正ロマン風半幅帯は皆に好評だったり、ホテルでのお花の作品展観賞、ランチビュッフェはとっても優雅なひとときでしたよ。これこそ”着物がくれるとびっきりの生活”でしょうか。こんどは、お祭りに浴衣で参加の予定です。きれいに着付けできたら、自信を持ってお出かけできるのでしょうね。着付け教室でのレッスンがんばろっと思いましたね。
Posted by hiromi at 2006年09月09日 14:16
ちょうど今、通おうかどうか?悩んでいたところでかなり勉強になりました。
ここのところ 大々的にCMもしていますし 勝負にでた・・・感じの和装さんですね。
当然、帯も着物も買う気はありません(笑)
でも もう少しきちっと勉強してみたい気持ちがあるので・・・。
Posted by 砂里 at 2006年09月10日 00:01
リンクありがとうございます!私の時は終了式のお料理はイマイチでした。「そこら辺で千円ランチ食べた方がよかったよね〜」と言いながら帰った記憶が・・
セミナーのプッシュはひどい所とそうでもない所がありますね。中には必死になって売りつける先生もいるらしいし・・
会場でどうしても断れなくって買っちゃった人も すぐにクーリングオフすれば大丈夫でしょうし・・(こういう知識を持ってない人はやめた方がいいかな?)上手に利用すればタダで知識をGETですよね(*^o^*)
Posted by こぱんだ at 2006年09月10日 07:52
私も日本和装の無料教室に通ってました。
セミナー(2回開催)では、30万円くらい買ってる人もいて、びっくりでしたが、私以外にも一切買わない人は4、5人はいましたよ。私が激安アンティーク以外買わないことを知っている先生は、私には「買ったら?」と、まったく勧めてきませんでした。

修了式は赤坂のホテルでやったみたいで、これに出なかったのは私くらいのようです。多くの生徒は、セミナーで買った着物と帯で修了式にのぞんだらしい。修了式は、購入品を披露する場なのだと感じた記憶があります。
式の途中でめいめいがコーディネートを披露するファッションショーみたいなものを行い、知り合いの話では
「一番高い着物と帯を買った人が、一位になってた」というんですが……。実際のところはわかりません。

普段の教室自体は先生が熱心な方だったおかげでとても充実していて、通ってよかったと思いました。セミナーが怖くて通うのを渋っている人は、最初から
「私、アンティークとリサイクル以外、着物は買わない派なんです!」と言い切っていればよいのでは?
セミナーに現金もカードも持っていかなければ、不必要に買ってしまうこともないでしょうし。

Posted by こまば at 2006年09月10日 11:29
あまり品のお宜しくない書き込みが(今の所)なくて、ちょっとほっとしています(^^;

>hiromiさん
何も知らず行ってみて「話が違うよ!(ガーン)」というのも、
悪い噂ばかりが一人歩きしてもしかしたらお得なチャンスをむざむざ捨ててしまうのも
両方が損なことだと思いますので、
「話を聞いて実態を知った上で行動」というスタンスはいいですネ!

1年前の私と同じ、着て楽しい、着られてよかった♪
をビシバシ実践されているようで、嬉しい限りです(感涙)

>砂里さん
私の勧めで教室通って「疲労困憊」されたふじさんの例もありますので、
私の影響で行かれるとしたら、ちょっとフクザツ(不安)です(^^;

全くの自己流もちょっと不満、かといって本格的にやりたいわけじゃない、
という宙ぶらりんな需要を取り込んで成功、なのでしょうね
私はこの世に「何の代償もなくお得」なことはありえないと思っているので、
無料教室のリスク、デメリットはあって当然と納得の上で受講です
自己流・無料教室・有料教室それぞれのメリット・デメリットをきちんと計りにかけて
自分にとって一番代償(リスク)が軽く、得るものに納得できるwayをお選び下さいね

>こぱんださん
ご来訪&リンク許可、ありがとうございます(^^)
こんな面白い話題、リアルタイムで見逃してたなんて、残念すぎます(><;
私はもう少し日本和装に甘いので、こぱんださんの方が辛口ですね(笑)

クーリングオフするくらいなら最初から断った方がお互いのため、
という気がしますが‥まあ緊急避難の道があるという知識だけでも違うかな?

>こまばさん
アンティーク着物のことを口にしたところ、
あの手この手でリサイクル着物を貶めるような説得にあって、
愛好者の自分としてはかなり悲しい気持ちになりました
考えてみれば「新しい着物を売りたい」人がスポンサーなのだから、商売敵、
大々的に言うのもなにかなーと思って私はそれ以上言えませんでした(弱気)
手法はともかく、はっきりと意思表示をする(日本人が苦手なことですね)がポイントですね

修了式が、購入した方のファッションショー的な役割だというのは納得行きます
私にとっては、(当時)ほとんどない着物を着る貴重な晴れ舞台、でしたから
買った買わないは別にして、着飾りたかったのですよ
自分が満足できたからいいです(笑)

>普段の教室自体は先生が熱心な方だったおかげでとても充実していて、通ってよかったと
このようなコメントは、ほとんど目にしたことがないので、
ああ、私だけじゃなかったんだ、と心底嬉しいです
日本人って、得をしたら「当たり前」という顔をし、
損をしたら夜叉のごとく怒り狂って相手を攻撃、
という風潮があまりにも多いような気がして‥
たとえ商売づくだったとしても、「得させてもらった」ということを
心から喜べる方が、ほんの一握りでもいたことに、ほっとしています

私の教わった先生もとてもいい方でしたが、
途中から怪我をなさったとかで講師を降りられました
思えば、ほとんど購入する人がいなかった私のクラス、
衝撃を受けてやる気を失ったのか、心労で体調を崩されたのか‥
今思うと、いい先生ゆえに、そんな邪推も出てきてしまうのでした(苦笑)
Posted by eribow at 2006年09月10日 15:01
私も以前日本和装の着付に通っていました。私の場合は、着物を購入したかったのでセミナーの時に色々と相談しながら(確かに高額ではありますが)納得の行く買い物ができたと思っています。

当時20代前半だった私が買うには、かなり勇気のいることだったので「いざ買おうか」っていう時に迷いがありましたし、その時には周りのプッシュがあった事も事実ですが…でも色々巷で言われているような、大型チェーンの着物やさん(?)の販売術(展示会に実際行った事があるので経験済ですが)に比べたらいたって普通の販売トークかと思います。

洋服だって「お似合いですよ!」とか(今月苦しいから…と言っても)「ボーナス一括できますよ」とか「飽きのこないデザインです」とか言いながら売り子のお姉さんが近づいてきますよね。私の友人はこのように言われるのにさえ耐えられないらしく、一人で洋服を買いに行けない子もいます。そういう性格の人からすると、かなり辛いセミナーになってしまうのかも?とも思います。

他の方もおっしゃっていたように、そのセミナーにきている先生や日本和装の方、織り元の方(?正しい言い方でなかったらスミマセン)達の人柄によっても変わってくるかと思うので、一概にプッシュが凄いかどうかを述べるのは難しいかもしれませんね。

私が教わった先生もとても気さくな良い方だったので(私が購入しようとしている事に対し)「あなた若いのに大丈夫?(返済を)頑張れる?」と聞いて下さいましたし、購入した着物で友人の結婚式に出席すると話したら、「(教室が終了してしまっても)教えてあげるから、ちゃんと着るのよ」とまで言って下さいました。

私の年齢や経済状況もわからないのに「他で買うより安いし、金利も付かないから大丈夫!」と勧めてきた方がいたのも事実ですが、私のことを考えて心配してくださった方々もいたのも事実です。

なんだかゴチャゴチャと取り留めのない文書を書き続けてしまいましたが、私は無料教室に通って大変お得だったかな、と思ってます。
Posted by 小娘 at 2006年09月11日 00:21
大丈夫です!!

>私の勧めで教室通って「疲労困憊」されたふじさんの例もありますので、
私の影響で行かれるとしたら、ちょっとフクザツ(不安)です(^^;

実はこの無料着付け教室を見つけてからかなり検索していろいろな方の体験談を読みました。 相手に負けて購入なんてありえない性格の私なので それは大丈夫かなぁ〜と思ってるのです。それよりどんな勉強をできるか?が疑問だったもんで。。。

一応は知っておきたい知識ってあるんだと思うし・・・。何より色々な着物やコーディネートも見てみたかった(見るだけ・・) で、申し込んだのですが・・・
何もきません・・・ (爆)
Posted by 砂里 at 2006年09月11日 00:32
>小娘さん
おお〜、数少ない日本和装シンパがもう一人(感涙)
いい先生に巡り会えて良かったですね♪

二十代ですと、独身で小金があったり、
友人の結婚式で重厚で華やかな着物の出番が比較的多かったり、
「高くていい着物」を買ってもいいパターン多そうです

試食販売から洋服選びまで、「店員に勧められるのに弱い」人は
確かに不快なのでしょうねえ(しみじみ)

「何々で着る機会があるから」と言うと、心から励まして、
レッスンつけてくれるのも、他の方からも聞いたことあります
先生方自身が、心底着物を好きで好きでたまらない方が多くて、
「素敵な着物を着て素敵になる」
「着物が相応しい場所で美しく着物を着る」
ということそのものに情熱をお持ちの方が多いです
そのオーラの伝授も、財産ですね

>砂里さん
コーディネートの勉強は、毎回の先生の着付けが中々楽しみです
本などで多少自習して挑むと、先生が何をしたくてその装いをしているのか、
が見えて、「なるほどー!」と感動すること多し
素材でもコンビネーションでも素直に「素敵ですね」と感想述べたり、
「それ○○ですか?」など質問したりすると、
「この柄とこの柄の取り合わせはね‥」「この生地は‥」等
喜んでいろいろなことを教えて下さいます

買う買わないは勝ち負けじゃないですよ(笑)
まあ、身を守るためには多少好戦的に身構えないといけないこともありますが、
もうちょっとナチュラルに、シンプルに、
「必要ないものは買わない」「身の丈に合わないものは身に着けない」
でも宜しいのでは?(^^)

私の宣伝が功を奏したのか(爆)、
申し込んでも抽選に外れることも少なくないそうです
不人気そうな時間帯や曜日を狙わないといけないかな?
当たってもラッキー、外れてもラッキー?(爆)
Posted by eribow at 2006年09月11日 23:42
はじめまして ブログ、度々覗かせていただいてました。
私もこの間まで日本和装で着付けを習っていて、買わないぞ!と思いつつ買ってしまった(いい意味で)身なのでコメントさせてください。

いろいろ思うところはありますが、ピンポイントでセミナーについて。
印象的だったのが、お店の人(職人さん)が
「飾っておいたらダメ。着てくれない人には売らない」
「ローンの支払日には必ず着ること」
とおっしゃったこと。
ただ、売上をあげればいいっていう姿勢じゃないことがよくわかりますよね。

あとは、自己との葛藤の一言に尽きると思います。私は誘惑に負けましたけど(笑)そりゃぁ、主婦ですし、家のローンもまだまだありますけど・・。でもそうそう買うものでもないですし、これで、「絶対着付けを忘れるわけにはいかない!」という気合が入ってよかったかな、と思っています。
「買わされるのが怖いから着付けも習わない」っていうのはちょっともったいないかな。

これからも度々覗かせてくださいね♪
Posted by そんじん at 2006年09月12日 11:13
はじめまして。 丹後で西陣帯を織っている機織り職人です。着物姿をほとんど見なくなった昨今あなた方のこと大変嬉しく思います。最近強引な販売で噂があった大手の呉服屋さんが二件倒産しましたがこの教訓を生かし業界の中で強引な販売方法を自粛するよう申し合わせがありました。どの業界にもあるように申し合わせなど無視するような業者もいますので充分ちゅういしてくださいね 信用不安が続き私たち職人の仕事も3割カットされていますがあなた方が居られる限り呉服もまだまだ(細々と)続くと期待してます。ありがとう…余り役に立ちそうにありませんが 帯の製織上の質問などがあればなんなりとどうぞ
Posted by hatakusa at 2006年09月12日 23:22
>そんじん さん
初めまして、ようこそ(^^)/
嬉しい書き込み、ありがとうございます〜(;;)

やっぱりね、日本和装のことよく言う人少ないみたいなんですよね(^^;
上で書いた通り、「得した人」は黙ってて、「損した人」は声を上げるから
私が(必要以上に?)擁護して、ちょうどバランス取れるかな〜なんて思ったり

職人さんのコメント、いい台詞ですねえ
「着てナンボ」‥それは今後もお客さんになってほしいから(爆)
ではあるでしょうけど、それにしても、いい言い方ですよね

>これで、「絶対着付けを忘れるわけにはいかない!」という気合が入ってよかったかな、
これこれ、これがお金をかける最大の効用で、
無料であることのデメリットの一つです
「授業料」って、ホントあると思うんですよ

どうぞ、今後もよろしく(^^)
Posted by eribow at 2006年09月12日 23:51
>hatakusaさん
初めまして!機織職人さんなんですね(@o@;
いつもお世話に‥なっていなくてすみません(^^;
着物文化の、ひいては和文化の、土台を支えて下さってる方々のお一人から
直接お言葉いただいちゃって、ちょっとキンチョー&感激です

呉服店倒産の話題は小耳に挟んでいましたが(詳しく知らなかったですが)、
強引な商法の噂があったのですか‥
だいぶ以前に、強引な商法で有名な宝石店大手が潰れましたが、
そこでしつこい勧誘を受けたことがあって、
潰れた時は驚きつつも「やはり因果は‥」と得心したのでした

一人一人の消費者は高額呉服を購入しなくても、
「裾野」が広がれば、必ず「上の方」も活気づくはずなのです
当ブログは裾野ばっかりでなかなかhatakusaさんの所まで至らないかも(^^;
しれませんが、ボチボチ待っててくださいね♪
Posted by eribow at 2006年09月13日 00:06
日本和装で修了したばかりなので、コメントしますね!

途中に何度も挫折しそうになり・・・でも修了してよかった!

セミナー・・・ターゲットにされるとやっぱり大変です。でも、「私は買う気はない!チープで楽しむ方法をしってるもんね!リサイクルが悪、というけれども、それで楽しんでいる人が実際にいる!」と心に強く思っていると、案外漬け込まれないような気がしました。
1回目は購入しなかったので、直後のレッスンで、先生には「買った帯はやっぱりいいわね〜」と冷たくされた気がしましたが、今思うと気のせいだったかも。

eribowさんに「買った方に心の中で感謝して自分は買わないという気持ちをもつ!」といわれたことも、その通りだな、と思い、実践しました〜。

でも、2回目のセミナーでは、なんだか私もほしいな、という気持ちになり、一番安い帯と着物セットを買いました。へそくりをこれで使い切ってしまいました。セットで10万円代です。服にだって1万円以上のものはほとんど買わない私。
買わない人が半分以上いたので、NO!ということもできたと思うのですが、購入したい気持ちになっちゃった!(も少し冷静でいるべきだったかも〜)
あと、夫が「無料でやらせてもらってるんだから、買ったら?」と後押ししてくれたのも購入に踏み切った理由!
(家計に全然余裕がない我が家ですが、そういうところはなぜかおおらかな夫・・)


NO!という方法をいろいろききました。
「夫に電話します!(その場で電話のふり)・・どうしてもだめですって!残念ですが・・」
「そこまで欲しいものが見つからないんです」
「もっと勉強してから(またはお金をためてから)、また買いに着ます」

修了してからも、着物を買うイベントはいろいろあるようですから・・。


でも、「無料でここまで教えてくれる」ところはなかなかないと思います。
終了後、定期的に郵送される「KOSODE」という雑誌も読み応えあって、うれしい!

何度も「もうやめたい・・・・」とくじけそうになった(時間的にも精神的にも)私ですが、続けて本当によかったです!
Posted by IKKO at 2006年09月14日 11:00
>IKKOさん
貴重なご報告、ありがとうございます〜(;;)

最初の質問事項に立ち返ると、IKKOさんの体験は、
・「買わされ」そうになった
・買わずに済ませたら、ちょっと嫌な気持ちにさせられた
・でも、よき授業は受けられた
・「購入した他の生徒さんに感謝」の気持ちで挑んで(eribow流)よかった
・買いたい気持ちも起こった
・「授業料代わり(?)」に購入してみた
・断るトークいろいろアリ
ってとこかしら

だんな様(大蔵大臣?)が後押しされたんだったら、
何の問題がありましょうぞ!
「買いたいから」「買えるから」買う、シンプルですね?(笑)

お子さん小さい中、通い続けるのが大変、
っていうのは分かります〜(>_<;
私のいたクラスにもお子さん小さい方いらっしゃいました
子供が小さい→経済的に結構大変→無料教室は魅力
という流れもありますよね(^^;

いろいろためになる回答も出てきましたが、
質問者のようちゃんさん、コメントもDMもないですね〜(^^;
読んでらっしゃらないのかな?(残念)
日本和装ネタは「返事をしない」書き込みが散見されますねえ(しみじみ)
ま、私としてはまとめて語る機会になり、
思いがけないいろんな体験談が聞けて、ヨカッタけどね(^^
Posted by eribow at 2006年09月14日 23:27
あなたに勇気付けられました 
 西陣帯をなぜ 丹後で?
 引箔帯とコマ箔帯の違いと見分け方は?
 手機と力織機の見分けかたは?
 どんな帯が高級なの?
    ・
    ・
  聞いてみたいことがあればどうぞ!
  但し帯に限ります
Posted by hatakusa at 2006年09月15日 00:14
>hatakusaさん
のブログは、着物や帯とは関係ない趣味のページなんですよねえ‥
並べていただいた質問自体が(最後を除く)すでに高度です(苦笑)
いずれ、当ブログで「帯を語る」ネタをご用意せねば(鼻息)
お呼びしますので、ぜひ解説に登場してくださいね!!
Posted by eribow at 2006年09月15日 00:36
私も日本和装、「行って良かった!」派です。(笑)

@先生の熱心に分かりやすく指導をして下さった。

Aそれまでねじり式の帯結びをしていたが、折りタイプの帯結びも教わったので、
帯によって結び分けが出来るようになった。

B2回のセミナーも、普通だったら触れないものもドンドン触って実感出来、
以前から欲しかった帯も値段に納得の上で買えた。

C何より車で行き来出来る距離の着物友が一気に増えた。

…などなど、良い事づくめだったです。

残念ながらラスト3回がチビの体調が悪くて欠席となり、
修了には至りませんでしたが、私なりの目的
(A〜C)が果たせた事が満足感に繋がっています。

セミナーで買わない事が「勝ち」みたいな情報が多いですが、
私は買えて良かったと思っている一人です。
Posted by つむパン at 2006年09月15日 21:43
>つむパンさん
おおっ、日本和装つながりがここにも(笑)

つむパンさんは、最初から「購入」を期待されてました?
自分のクラスでも、話を聞いた他クラスでも、
「卸値段で着物帯が買える」ということを知ってて、
買う気満々で受講されている方がチラホラいらっしゃいました
(子育てを終えたマダム世代中心のもよう)
私はとにかく「お金がかからない」が目的だったので、
私的には「買ったら、負け」だったと思いますが(爆)、
あの価格帯の着物を愛好する方には「お得」だったみたいですよ

先生は平均的に熱心みたいですね
中には熱心すぎる先生も‥(^^;
Posted by eribow at 2006年09月17日 09:15
リンクいただいていたのにコメント遅れてしまってすみませんm(__)m
日本和装ネタ盛り上がっておりますね〜
私は来月終了パーティーに行ってきます。
ご飯がおいしいといいな〜
今は当日コーディネートを正統派で行くか、ちょい外していくか、めっちゃ外していくか思案中です。

こちらからのリンクを貼っていなかったので貼らせて頂いてよろしいでしょうか?
Posted by あき at 2006年09月18日 17:34
熱烈歓迎♪>あきさん
手抜きで、あきさんの所に書き込みしてなかったですよね(^^;
来て下さってありがとうございます(__)

修了パーティー、楽しんできてくださいね
ご飯は‥運みたい(笑)
コーディネートはめっちゃ正統派をお奨めしますが、
あえてそこに楔を打ち込むというのもいいのかも‥

リンク、こちらこそよろしくお願いいたします!
Posted by eribow at 2006年09月18日 23:37
着付け教室半分目で着物セミナーでメーカーさんへ行きました。あやうく着物フルセット(着物、帯、襦袢、コート)で45万の大買物するところでした。コーディネーターと呼ばれる女性の選んでくれる、自分好みのすべてはフルセットで買いたくなる物ばかり、5年ローンなら買えない事もと思い、着物を脱いで冷静に考えると主張し、行ったメンバー7人の様子をみてみると、年上の方々3人は購入決定。散々考えたあげく、(もうすでに冷静さを失っていました)やはり、今の生活レベルには不適当と思われ、主人に確認すると携帯を持って部屋の外へ行ってからやっぱりごめんなさいしました。担当の先生には、長襦袢だけでもと言われましたが、なんとかかわし、無事帰りました。最後決めるのは自己責任においてなので、意志の弱い方、優柔不断な方、NOの言えない方にはかなりきつい教室かもしれないと思いました。
Posted by hiromi at 2006年12月23日 22:21
すべてにおいてそうだけどタダほど高い物は無い。です。 某H教室だってサロン会という着物を売る目的のイベントが必ず終了式前にあります。あと
や**という呉服店には頭にきてます。二度と行かないと決めました。あまり悪口は言いたくありませんが、客に対してひどかった。ホストにドンペリ入れて喜ぶ感じ。体験ないけど。着物でデートしましょうと若い男の店員に言われた。やめてくれ!!私は次の日クーリングオフしました。
Posted by erineko at 2006年12月25日 22:14
>hiromiさん
お買い物に弱いhiromiさんが、よく買わずに済ませましたね(^^;
私はNOと言うのが得意なので、この手の苦労を比較的感じないからねー(~~;
「スポンサーなんだし、このくらい勧めるのは普通よね?」
くらいしか感じてなかったのですが(私だけかも 汗)
私は無料で習って、クラスメートと楽しく過ごして、
おいしいこと取りでしたが、こういう話があい続くようですと
この方式はもう限界なのかもしれませんね‥

>erinekoさん
私も某独立系高級呉服屋で、一度名前を書いてしまったら
ついつい「おまけ」につられて関わりを持ち、
最終的には「展示会」で酷い目に遭って懲りました
ハンガーだの和傘だの食べ物だの(^^; 散々タダでもらいましたから
その分くらいは「仕打ち」を受けたと思いました
いやはや自業自得です いい勉強になりました(-_-;
デートしましょうと言われても、喜ぶどころか不快だよね(苦笑)
Posted by eribow at 2006年12月25日 23:58
eribowさん、こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいてます。
2点、コメントします。

----

まず一点目。
クーリング・オフ制度について誤解されている方が
いらっしゃるようなので、補足させてください。

クーリング・オフ制度というものは、
すべての契約に適用できるわけではありません。
訪問販売や電話勧誘販売などで、
「突然、不意打ち的に」モノを売りつけられた消費者に、
頭を冷やす(=cool off)時間を与えるというのが、この制度の精神。
ですから、自らの意思で営業所や店舗に出向いたり、
電話を掛けて契約を交わした場合は、
少なくとも法律的には、クーリング・オフの対象にならないんです。
(「少なくとも法律的には」と書いたのは、
業界団体や企業の中には独自の規定を設け、
契約後の返品・返金を受け付けているところがあるからです。
また、マルチ商法や内職商法などは、
自らの意思で店舗に出向いて契約しても、
クーリング・オフ制度が利用できます。)

なお、目的を告げずに店舗などに呼び出され、
商品を売りつけられた場合(アポイントメントセールス)は、
クーリング・オフ制度が使えます。
ただし、日本和装の場合は、事前に販売会があるということを
告知しているのではないかと思います
(件の「無料講習」に参加したことがないので、
あくまで想像ですが……)。
ですから、受講生に着物を販売した業者
(恐らく、形の上では日本和装とは別組織の企業なのでしょう)が、
クーリング・オフに関する独自の取り決めを設けていない限り、
いったん購入した商品を返品し、お金を取り戻すのは、
かなり大変なことだと言えるでしょう。
もちろん、中には快く返品に応じてくれる企業もあるでしょうが、
そうでない企業との交渉には、相当のエネルギーと時間が
必要になる危険性があります。

ですから、「後でクーリング・オフすればいいや」と
安易に買い物をするのは、とても危険なんです。

----

もう一点は、やはり「タダより高いモノはない」ということです。

着付けの講座を受講する場合、当然ですが経費がかかります。
日本和装は慈善団体ではないので、
無料講座を開くための経費は、
他の事業で得た利益から捻出することになります。

「着物のファンを増やせば、長期的には当社の利益になる」と考え、
経費を負担する企業も、世の中にはあるかもしれません。
でも普通の企業は、そうは考えないものです。
だって、企業は年度、あるいは四半期といった短い期間で、
利益を出していかなきゃいけませんから。
また、いくら着物のファンを増やしても、
その人たちが他のところで買い物をしてしまっては、
自社の利益にはつながりませんしね。

普通の企業なら、無料講座の経費を、
できるだけ短期間に回収しようと考えます。
また、販売会で何着着物を売れば
十分な利益があがるのかきちんと予測を立て、
それを実現できるように受講生に営業をかけます。
そして、無料講座が何度も開かれている(そうですよね?)
ということは、そこから十分な利益が得られているということです。

日本和装の無料講座に通って、
いい思いをしたという人は決して少なくないでしょう。
着物の購入をきっぱり断り続けた人も、
たくさんいるのだと思います。
ただし、そういう人たちが無料で講座を受講できたのは、
販売会で高価な着物を買い、日本和装と、
その協力会社に利益をもたらした人が
たくさんいたからだということも事実です。


日本和装の件に限らず、
「強引に営業されたら、断れないかも……」と不安を感じている人は、
この種の無料講座に、絶対に参加するべきではないと考えます。
もし、どうしても参加したいと考えるなら、
意志の強い、信頼できる友人と一緒に参加するなど、
何らかの方策を立てて臨むべきだと思います。
Posted by 白谷 at 2006年12月27日 00:43
>白谷さま
おおっ、お久しぶりです!(@_@;
こちらの方はご無沙汰しててスミマセン(__)
(※お読みの方へ注 ふる〜くからの友達です 男性です
いろんなことに詳しいです)

クーリング・オフ制度が何にでも適用できるわけではないのは知りませんでしたφ(・・;
まあ、私自身が「クーリングオフしなければならないものは最初から買わない」
タイプなので、あまり関心がなかったからというのはありますが‥(^^;

日本和装の場合は、
>業界団体や企業の中には独自の規定を設け、
>契約後の返品・返金を受け付けているところがあるからです。
に該当すると思います
私自身の時のことは忘れちゃったけど、きいた話によると、
事前に7日間?8日間?の間ならキャンセルできる旨、事前説明があるそうです

>目的を告げずに店舗などに呼び出され、
>商品を売りつけられた場合(アポイントメントセールス)は、
>クーリング・オフ制度が使えます。
>ただし、日本和装の場合は、事前に販売会があるということを
>告知しているのではないかと思います

これがねえ、微妙なんですよね(--;
絶対に「販売会」とは言わず、「セミナー(=勉強会)」と言うのです
「スポンサーさんが来てるから、買ってあげると喜ぶし、
市価に比べていいものがお得に手に入るからチャンスですよ」
と言われた場合、これは告知に入るのでしょうか、入らないのでしょうか?(-_-;
この辺のグレーさが、「汚い」と言われる所以でしょうね
少なくとも、広告を見て申し込む段階でこれを「販売会」的なものと見抜くのは困難です
最初の説明会で「あれ?もしかして販売会も兼ねてるのかな?」と薄々気づく程度
それも、人によっては気づかないかもしれないですしね
私、「販売会と明示してはどうか?」とクレームメール出したことあるんですよ
グレーなのが気に入らないので、はっきりさえしていれば、
私はその仕組み自体には反対はしていませんからね

>ただし、そういう人たちが無料で講座を受講できたのは、
>販売会で高価な着物を買い、日本和装と、
>その協力会社に利益をもたらした人が
>たくさんいたからだということも事実です。

私は事前にそう考えた上で受講していますからね
どちらかというと「買って当然、買わずに逃げ切るのは卑怯」と思い、
でも買えないのは確かだし(^^; 心の中で業者さん、他の生徒さんに手を合わせて、
「買わない人も計算のうち」と自分に言い聞かせて(^^;;;
「購入しない代わりに、(表向きの?)理念である着物好きな人を増やす役割を果たして、
お礼をしよう」と心に決めて、買わずに済ませたという経緯です

この話題は話が尽きませんが(爆)、
>「強引に営業されたら、断れないかも……」と不安を感じている人は、
>この種の無料講座に、絶対に参加するべきではないと考えます。
には同感ですね
せっかく私がいい思いをした無料講習に、
いやな思いをする人が増えてほしくないですもの
私のように(笑)ちゃんと断れる人、ほしいものをスパーンと決めて買う人、
にお勧めしますね♪
Posted by eribow at 2006年12月27日 12:58
日本和装通っている最中です。
2度のセミナーでは試着するだけしまくって何も購入しませんでしたが
色々教えてもらったし,たくさん触れたし楽しかったですよ♪
教室の先生がけっこう力のある先生らしく,
「あそこの呉服屋は嫌,あそこがいい」と選んでいると聞きました。
だからセミナーも良心的な呉服屋さんに当たったのかも。
クーリングオフの説明もありました。
普段の教室も良いし,次のランクアップにも行こうかと思っています。

売上が先生の成績に関係する,というようなこともネットでは目にしましたが,
正直言って本当かな???って感じです。
1回目のセミナーでは11人中5人,2回目のセミナーでは5人中2人が購入でしたが,全然いい成績じゃないよなあ,と。
最初こそ警戒してましたが,どんどん日本和装に対して好意的な見方になってきてます。

買っていない私がいうのもなんですが,購入した人が「損したわね」「買わされてかわいそう」「高いの見せびらかしてる」みたいな見方をされるとなんだか悲しい気持ちになります。
買いたくないのに無理矢理買わされた人はお気の毒だけど(「買わされた」という言い方も実はあまり好きじゃないです。本人次第で断れるはずだから),気に入ったモノに出会ったのなら損ではないし,思いきって買ったのならウキウキしながらどんどん着て,「見て見て♪」て楽しむ方がいいじゃん,と思います。

そして,「ある程度以上に良い正絹の着物を自分のサイズにお仕立てする」ということに限定してみれば,普通の呉服屋さんで買うよりもセミナーはかなりお買い得ではないかと思いました。(それでも洋服の常識でいったら相当高いけど)
ただ,リサイクル,ポリ,プレタ,ネットと他にも選択肢があるから何を選ぶかは自分の判断ですればよく,セミナーで買いたくなければ意思表示すればよいだけだと思います。
高ければ良いわけではないけど,安ければ良いというものでもないと思います。

その判断をどうやってするか,を他人任せにしている人が多いのではないのかなーとは感じました。そして,教室がすべての知識や情報を与えてくれて当たり前,と思っていた結果「裏切られた」と感じる方も多いかも。
今はネットでいくらでも事前に情報を集めることもできるし,ネットがなくても図書館,本屋,実際のお店など,下調べをある程度すれば比較対照する判断材料はいくらでもあるのに…
情報源をひとつだけに頼っていたら,偏るのも当然だと思いますし。
それを「騙された」と受けとるのもどうかと。

>日本人って、得をしたら「当たり前」という顔をし、
>損をしたら夜叉のごとく怒り狂って相手を攻撃、
>という風潮があまりにも多いような気がして‥

本当にそうだと思います。
自分にとって都合のいいお得なことを提供してもらって当たり前,
自分のストライクゾーンからはずれていたら「全然得じゃないわ(怒)」
ってのもけっこうあると思います。
まあ,自分にもそういうところありますが…(^_^;)

先生も呉服屋さんも,アンチリサイクルで普段から大反対してますが,
それについては経済力と価値観の違いなので,軽く聞き流してます。
毎回とっかえひっかえ色々なリサイクル着物を持って教室に行ってますが,それをリサイクルとアピールしてわざわざバトルするようなことはしないですね。
セミナーで買った人の着物や帯や小物類をべた褒めもするけど,それを特に嫌だとも感じないし。
いくらだろうと,どういう経路で手に入れたものだろうと,着物を着るのが嬉しい!と思えることが一番だと思うので。

でも,リサイクルや安着物ばかり売れて,職人さんの仕事がなくなって廃業が続いて,20〜30年後は良い着物を手に入れるのが難しくなったら,それはそれでかなり寂しい…

長々と失礼しましたm(_ _)m
Posted by タートル at 2006年12月27日 21:51
>タートルさん
うふふ、コメントどうもありがとうございます♪

やっぱりこの話題は盛り上がりやすいのねえ(しみじみ)
当ブログで最長スレ記録ではないでしょうか(@_@;

書き込みして下さる方、オフでお会いした方に、
「日本和装」で検索してこちらに来ました、という方が多いことに気づきました(@_@;
私にとっては、着物ライフを開始することになった大恩のある日本和装、
親とか恩師に相当するようなものですよね、
着物話を語る上で決して無視できない大事な話題なので、
ブログに取り上げるのは当然の流れなのです
そのおかげで読者がたくさん来て下さる、
しかも「これから着物ライフを始めよう」「お金はないけど楽しもう」
という、私と同類の方々が集中して集まってくれる(笑)ことになるとは
二重にありがたいことだったのですね(^^;

ただし、この話題の特徴としては「意見」が多く出やすいということがあります
私個人としては、ネットは「意見交換」や「議論」には向いていないと思いますので、
できるだけ「情報交換」「経験の共有」に絞った展開に
していきたいと思いますのでご協力下さい(__)
ということで、今回の白谷君からの「クーリングオフ」情報、
タートルさんからの「今現在受講中の感想」のようなものは大歓迎です♪

折に触れ、角度を変えて、皆さんと話題を共有し、
情報交換を続けて行きたいと思います
「日本和装」ネタにはまたご期待下さい(-_☆
Posted by eribow at 2006年12月28日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。