2006年09月16日

大島紬、仕立てあがる

5月に仕立てを決意したのに、いろいろ取り紛れていた大島紬、ようやく仕立てあがった。反物は親戚から母経由でいただいたもの。

 遅くなったのは、仕立てを頼んだのがブログつながりで親しくなった和裁士のたまこさんで、実際に会って採寸して欲しい〜と私が我儘を言ったからだ。なかなか予定が合わず、結局夏の暑いさかりにご自宅に伺って採寸していただいた。和裁士の仕事をみたいなあと思っていたのだが、ダン之助さんが箪笥の中身をあれこれ見せてくれたりして、ミニオフ状態で盛り上がっているうちに時間がどんどんすぎてしまった・・・

大島紬仕立て上がり.jpg で、先日、仕立てあがった大島紬が我が家にやってきた。嬉しくて、届いたその日に着てみたのだが写真をとる余裕がなく、今日改めて着て写真とってみた。まだしつけ糸ついたままだけど。

 届いた最初の感想は「軽い!」。単衣で仕立てると、絹って軽いんだなあ。うちの単衣はウールや木綿ばかりなので、ちょっとびっくり。

 フラッシュのせいでかなり光っているけど、もちろん実際はこんなにてかてかしているわけではない。色が渋いので、たいがいの色に合うのが重宝。しっかり湯通ししていただいたせいで、反物でみていたときより風合いがよくなり、着ていてとても気持ちがいい。生地がひんやりしているので、暑い時期に良さそうだ。それに、サイズが合っているのでやっぱり着やすい。あー、お仕立ての快感が癖になりそうで怖い・・

 採寸のついでに、自分で仕立てるときの寸法を教えてもらった。衝動買いの浴衣反物は自力でなんとかしよう、と決意。ま、一年計画で(笑)。たまこさん、丁寧なお仕立てありがとう! 早く着てお出かけしたいな〜。

<eribowのコメント>
 おっと、入れ違いで投稿(笑)。お互い和裁ライフへの布石ネタ?(爆)
 お仕立て完成、おめでとう♪これなら私のプーケット土産のタイシルク帯も合うかも!着るものに悩む単シーズンに理想の1枚ね。いいな〜早く実物見てみたいです。
 
posted by mizuho at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着物が仕立てあがってくる時ってほんとうれしいですねえ。はやく着てみたいでしょ〜。
紬の八寸や染め帯とかもよく合いそうですね。もしかして、自作帯の計画なんておありですか〜?


Posted by 百福万福 at 2006年09月17日 02:00
この頂きものであるという大島、けっこう良い大島でしたよ(お世辞抜きに)。
我が家では予定のない休日は、とても静か。ニョーボは仕事、私はPCと向き合っているか針仕事。私の背後ではDJよろしくニョーボが”キュッキュ”と絹擦れの音をさせているのですが、その大島を縫っている時の音は軽くて甲高い綺麗な音でしたよ。
Posted by 中村屋ダン之助 at 2006年09月17日 09:46
いい大島!!ダン乃助さんも言っているから、文句なしのいいものなんですね。触れないのが残念。軽いのは、疲れなくていいし、出番が多そうですね。欲しくても、高ーい大島は、なかなか、手に入れられません。今年のオータムジャンボにかけてみよ。あたったら、私も、大島欲しいですよ。
Posted by コロコロ at 2006年09月17日 14:21
大島紬はほんと軽いよね。
これでスカートとかに仕立てる人もいるよ。
しわにならず、軽くて旅行にぴったり、と言ってた。
はぁ、母が「紬を買ってあげる」とのたまってから早20数年過ぎたよ。
昔、紬の印つけとかの内職していたのでコネクションはあるはずなのだけど。
大島紬の里でパート仕事もしていたし。
大島紬のお仕事とは縁があっても、紬そのものとは縁のないSoyaです。
機織りを横で見るのが大好きだった30数年前を思い出しますな。
Posted by Soya at 2006年09月18日 08:12
皆様コメントありがとうございます!

>百福万福さん
そう、反物の状態を知っているとまた別の待つ楽しみがある気がします。帯、つくりたいんですけど〜。落ち着いて針仕事できる時間が〜。つくるとしても半幅かも・・・

>中村屋ダン之助
押しかけちゃってすみませんでした。とっても楽しかったです〜。良い、というのがわかるほど目利きができないのですが、そういっていただけると嬉しいです! 絹擦れの音が響く休日、っていいですねえ。

>コロコロさん
私もいただきものでなければ一生縁がなかったかも・・・でも「たんすや」では3万円くらいから見ましたよ(でも私には高いけど)。

>Soya
実は、これと全く同じ柄の大島紬のスカート、通りすがりに見かけたことがあります。びっくりしてまじまじ見てしまった。多分着物を直したんだろうな〜。でもなんだかもったいない感じもするんだけど。機織りを見て育ったなんてなんだかいいなあ。
Posted by mizuho at 2006年09月18日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23860568

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。