2006年09月21日

湯通し、地のし、そして裁断‥のはずが

 初めての着物作り、とりかかりました(わくわく)。

 まずは、地直しといって、一度水か湯につけて半乾き状態でアイロンをかけるらしい。そんなに縮むかなー?と疑心暗鬼だが、いちおう初めてだから型どおりにやってみることにします。
和室に反物 どのくらい縮むのか?試しに計ってみることにしました。「和裁ルーム」は、家族全員の寝室である6畳の和室。ここに反物を展ばして広げて、測定します。何も家具がない部屋って、便利でしょう(笑)。
 左の方にちらりと見えているのは、参考にしようと思ってるお仕立てものの浴衣。

湯通し 湯通しといって、まずはぬるま湯か水に浸す。風呂の残り湯を使ってみることにする。何だか人毛のようなものが浮いていたような気がするが、気にしない気にしない(汗)。
 ちなみに、大震災の際、風呂の汲み置きが大変役に立つそうなので、我が家ではほぼ必ず残り湯は捨てずにおいてます。

脱水
 続いて洗濯機で脱水。弱脱水の選び方が分からない(普段使ってない)ので、普通に脱水かけてみる。
 5分間。随分しっかり水気は取れるもよう。


風呂場で反物陰干し それから陰干しだと。風呂場に物干しポールがあるから、それにかければ丁度いいかな。うんうん、うまく行きました。(ポールはもともとマンションには付いていなかったので、ホームセンターで突っ張り棒を購入して自分で設置しました。)
 ちなみに、大震災の際、溜めておいた水が飛び散って風呂場の外まであふれ出す危険があるので、風呂の蓋は必ず閉めるべきだそうです。こうすることで、風呂場内に湿気が篭らず、換気ファンを回しておけば洗濯物もよく乾きます。
 ここまで、ほぼ10分。(本に目を通す時間、布を測定する時間を除く。)

アイロン台 脱水が十分だったためか、暑かったからか、30分もしたらもうほぼ乾いているに近くなりました。
 慌てて地のし(アイロンがけ)。和裁用のアイロン台がないため、ワイシャツなど用のコンパクトなものでとりあえず。カッコ悪いですが、まあまあ用は成しました。
地のし 所要時間40分。(-_-; 普段全くアイロンがけをしない私、だんだんイヤになってきました。おまけに、ちっともきれいになってない気がする。やらなくてもよかったんじゃないの?!と心の中で毒づきたくもなる。
 まあ、ここまではとんとん拍子に進みました。

 ここで、大変なことに気が付きました。なんと、布地が短すぎて足りないのです。
 和裁本を頼りに算定した必要メーター数は、1140cm。ところが、もともとの生地は1105cm。そもそも35cmも足りなかったのです。その上、49cmも縮んだ!(@o@; (←まじめに湯通ししてよかったよ)なんと1m近くも足りない。
 昔風に袖丈を短くしてみようかな?襟を別布で‥例えば黒無地にして、江戸時代の町娘みたい(笑)にしてみてはどうかな?どうせ手作り普段着着物、おはしょりなしの対丈にしてみようか?等等、本をためつすがめつ、「モデル」の自前浴衣をあっちこっち突付き回しつつ、何度も折っては畳み直して、小一時間ほども考えあぐねましたが、結局結論は出ず。一晩対策を考えることにしました。(-_-;
 せっかくサクサク快調に滑り出したと思ったのになあ。フウ。

 こうして和裁初日は終わったのでした‥。
posted by eribow at 16:11| Comment(15) | TrackBack(2) | 和の手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
昨日反物購入:即日地直し、すごい!
行動力に脱帽です!

寸法が足りない件、1mもだと役に立つかわかりませんが、衽のカギ裁ち(衿下に入る部分は斜めで良いので、その分を互い違いに裁つ)とか、共衿の下に入る部分の衿は別布を使うとかの方法もあります。それで少し袖やおはしょり分を短めにしたら、足りませんでしょうか?
Posted by なまづ at 2006年09月21日 17:14
ごぶさたしてすみませんでした!

「雅矢」さんのHPの「今月のきもの」欄に
着物の接ぎ仕立てのいろいろな方法が載っていますよん♪↓ 

http://homepage2.nifty.com/masa-ya/

私は和裁は出来ない(ミシンおんりぃらぶ体質なのです^^;)ので〜
雅矢さんで片身替わりや天地仕立てなどを依頼したことがあります。
えりぼうさんの和裁の仕上がりがとっても楽しみです(^0^)♪
Posted by 璃絵 at 2006年09月21日 18:39
手作り中継中のところ横槍ですみませんm(__)m
アッシュエルのプレタの木綿着物が4500円ってのみつけました。でも、フリーサイズなのであたしには長い(ーー;)

http://www.rakuten.co.jp/matudakou/803235/937466/
Posted by ひばんちゃん at 2006年09月21日 20:44
あら、1mも足らないですか!
私も初めて浴衣を作ったとき、1反じゃ足らない身長だったもんで、同じ柄のを2mほど、あらかじめお店の人が買ったほうがいいよということで買いました。
同じ布を買い足すというのは無理なのでしょうか?

しかし、私が作ったのとよく似てる色柄ですねー!(笑)一緒に着てあるきましょ(笑)。
Posted by zuma at 2006年09月21日 20:47
あれっ、元々に加えて、縮んでしまって、丈が足りないですか。
コートか、道中着にするテもありますね。 
着物を作るなら、記事にも書いてらっしゃるように
 @つい丈の着物にする
 Aつい丈に胴接ぎする
 Bおくみ、共襟など、あちこち、やりくりして何とか、おはしょりをとれる着物にする
のどれかでしょうね♪
もしも、はじめて縫うのであれば、和裁の本に載っているとおり、作業を進められる@がいいかなーと思います♪
湯のししても、縫い上げて、着た後の洗濯で更に若干縮みますので、それも考慮すると、打ち上げを余分にとる@つい丈がお勧めかも。
ずーっと昔々、浴衣と単衣3枚ほど縫ったことあります。最後の3枚目は、布地が短くて、やりくりしなくちゃならないものでしたが、勝手がわかり始めていたので、何とかなりました。
eri様のことだから、どのやり方にトライしても、やれるわ〜♪


Posted by ぶり at 2006年09月21日 20:53
1m不足ってのは、初心者には何をどうしていいやら困ってしまいますよね…

それにしても、私が買ったのとそっくりすぎて笑ってしまいました。
いつもなら寒色に触手が伸びるのですが、失敗しても娘用の何かになればと、
赤系の反物にしたのですよ!
こちらはまだ送ってきた時の袋に入れたまま。
幼稚園のお祭りや運動会が終わってから、ゆっくりと取り組むつもりです。
Posted by つむパン at 2006年09月21日 21:19
地のしの為に、水に通すのなら、脱水を短めにするか、半渇きの時点で、アイロンかけすると、皺がとりやすいですよ。綿は、普段着用なので、大体、反ものの長さは、こんなもの。縮み具合は、きつい部類かもしれませんね。物によって違うのですよ。足りない分は、縫い代を五分にする。上げを後身頃だけにする。衿おくみを短くする(つまみ掛襟にすると、掛衿分不要になります。)洋裁(型紙)じゃなくて、和裁ですとわりと、融通が利きます。どうしても、足りないなら、帯で隠れる部分に、別布を足します。襟だけ別布は、今の段階では、候補から外してみて下さいな。もったいないです。こんな説明ですが、参考にして下さい。
Posted by コロコロ at 2006年09月21日 22:55
和裁経験がないので、なんにもアドバイスできなくてごめんよ。

買ったお店が近かったら追加で買いに走るんだろうけどね。

それにしても49cmも縮むとは、ちょっとびっくり。

たぶん私だったら、上でコロコロさんが書いていらっしゃるように隠れる部分に別布を足すかな。
手持ちの着物と見比べながら、がんばってね。

Posted by Soya at 2006年09月22日 08:51
湯通し、地のし、順調に進んでますね♪って思ったら・・・(оДо)!!生地が足りないのですね(T_T)
反物で作る時は、12mくらいないとダメって事ですか・・・う〜ん、どうしたらいいのでしょう(°〜°)
良い考えが浮かばないのですが、何とか解決できる事、祈ってます!

(横レス失礼します)
ひばんちゃん様
リンク先を見に行ってびっくりしました(≧∀≦)!!
¥4500の木綿着物ほしい(^o^)!
でも大きすぎる・・・(´ー`)
迷います〜(>_<)
Posted by ひつじ at 2006年09月22日 10:59
最近の木綿は縮んだり、洗濯で色が出たりしないので、こういった昔ながらの生地にであうとドキっとしちゃいますよね。
今回のは「練習モノ」と割り切って、身丈を短めに(あるっきり)で仕立ててみてはどうでしょうか?
家で家事するなら、着付け教室で習ったような裾丈ではなく、床上がり10cm位の短い方が動きやすいんですよ。
Posted by 優妃讃良 at 2006年09月22日 11:00
みなさーん、ありがとうございますぅ(;_;)
これからどうするか‥明日以降の日記にご期待下さい

>なまづさん
和裁本が1冊しかなかったので、他の本を当たれば
きっと他の断ち方(布地が足りなめな時用とかね)が
あるに違いない、と思っています

行動力‥というか、オバカな私は、
「今から作り始めたら、単の季節が終わっちゃう!(><;」ということに後から気づき、
3日で作る気でスタートしたんですよ(^ロ^; たははっ
1日目裁断〜袖作り、2日目身頃作り、3日目襟と袖つけて完成
というスケジュールを‥無謀でした‥(エコー)

>璃絵さん
さっそくご紹介のページ拝見しました
片身替わり、憧れあるんですよ〜(^^)
天地仕立てってのは、初めて見ました(めもめも)

>ひばんちゃん(さん?)
こんにちは、情報ありがとうございます!
別口で夕那さんもチェックしてた‥評判を呼んでますね!(@_@;
単製作、今シーズンは間にあわなそうだから(^^; 今年はコッチ?!?!

ところで、よろしかったらリンクさせて下さい♪

>ZUMAさん
>つむパンさん
あらら、そっくり反物トリオ結成?!(爆)
接いででも何でも完成させて、一緒に歩きましょうよ(笑)

リサイクル品なので、一点ものなんですよねえ(残念)
この色柄に一目惚れして購入したので、
これ以外の色柄をどうやってチョイスしていいか分からない私です(;;)

>ぶりさん
いろんな工夫テクを使うのは、初心者で敷居が高かった、というのと、
上記「3日で仕上げる」という計画だったので(爆)
ムリかなあ、と思ってました
3日仕上げじゃなければ、十分検討可能な案です(^^;

まだ縮みそうですよねえ(~_~;
もう1,2回湯通ししてみようかと思います
どのくらい縮むか興味あるし(笑)

>コロコロさん
オゥ、豊富なアドバイス、ありがとうございます!
そうか、もうかなり乾いた状態でアイロンだったのが
ネックだったみたいですね(納得)

襟は、いろいろ頭でシミュレーションしてみたのですが、
やっぱり同じ生地で作りたい気持ちが強いことを再確認、
「やめたほうが‥」というアドバイスありがたいです

>Soya
そもそも、洋裁すらやったことのない私に、
継ぎ足しは高度なテクニックに感じられます(笑)
でも、いずれはやってみたいわ(鼻息)

>ひつじさん
「反物っていうのは、着物が一着できる分量でできてるんだろう」
と勝手に思い込んで買いに行って失敗でした(^^;
参考にしたなつさんのブログよく見たら、彼女も
「リサイクルものの反物が長さ足りなくて、浴衣材料にすること断念」
という経験をされていたことを再確認‥
以後気をつけねば!縮む分のカウントも含めて(^^;

>優妃讃良さん
そうかー昔ながらの生地だからこそ、縮むんですね
「本物アンティーク」って感じでちょっと嬉しい(笑)

計算してみたら、単なる対丈どころでなく、
対丈でしかも「つんつるてん」になりそう‥(-_-;
なので、悩みどころだったんです
沖縄の昔着物風と割り切ればOK?(笑)
Posted by eribow at 2006年09月22日 12:25
はじめまして、おたふくまめと申します関西人です。
いつも楽しく読ませていただいてます、ありがとうございます!
こちらさまの記事を拝見して「私も頑張ってみよう!」という気持ちになり、今、木綿の単衣を作って(縫って、とはとても言えない)おります。
まだ脇縫い代の始末で絶望的な気分になってる段階ですが…。
こちらのブログを拝見すると「こんなふうに着物を楽しめるようになりたい! がんばろう!」と勇気が出てきます。
こっそりリンクさせていただいたのですが(実ははじめてだったりします)、もしまずかったらおっしゃってくださいませ。
これからも素敵な記事を拝見させてくださいね。


Posted by おたふくまめ at 2006年11月09日 12:00
>おたふくまめさん
はじめまして!ようこそ(^^)/
わーい、また一人犠牲‥じゃなかったお仲間が増えた〜♪
着物を楽しみたい気持ちがしっかり伝染したようで、とっても嬉しいです(;_;)
リンク大歓迎です こちらからもリンクさせて下さいね

着物作り、ファイト〜(^O^)
おうえんしてます
Posted by eribow at 2006年11月09日 19:44
和裁に興味津々のわたしにチャンスがやってきたので、はじめての浴衣作りをはじめました。もちろんeribowさんの記事参考にさせていただいてます。綿はすべて湯通しするのかと思っていましたが、浴衣には不要なんですね。おととい近所の公園のフリマで浴衣の反物を約百円でゲットし、これは浴衣作るしかないと思い、その晩お風呂の残り湯にチャポンッ、翌朝洗濯機で軽くゆすぎ、脱水し、物干し竿へ。半乾きの状態のしわしわ反物を2階に住む主人のおばあちゃんに「湯通ししたんですけど、これからどうしたらいいのでしょうか〜?」アポ無し訪問。それから、ほとんどの作業をおばあちゃんにお任せし、背縫いの二本目を私が縫い始めて、浴衣作りしています。eribowさんはお一人で単衣着物作り始めたとは改めてすごいなあと思ってます。
Posted by ひろみ(hiromi) at 2006年12月05日 11:03
>ひろみさん
コメント、ありがとうございます♪
100円の反物に、ご近所さん先生‥心温まる
「お金かけずに着物遊び」ですね(笑)
私のは、暴挙に近かったからな〜(~~;
コーチつきとは、羨ましい限りです
製作過程報告も、またお待ちしてます(-_☆
Posted by eribow at 2006年12月07日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

着物製作第2弾@
Excerpt: お金かけずに〜のeribowさんに触発されて 着物製作を今度はちゃんとやってみようかなぁ・・・ と思い、家にあった反物を湯通ししてみました。 この反物、贅沢なことに家の主人が湯ぶねにつかることはめ..
Weblog: 至福は着物
Tracked: 2006-10-24 16:13

木綿を湯通ししてみた
Excerpt: 着物を着るだけではなく、「木綿の単衣を制作してみよう」なんて「無謀だ…」なことを思い立った私。 ネットで生地を購入し、「湯通ししてください」とのことだったので、まずはそこからスタートした。 お店の..
Weblog: みずあさぎ
Tracked: 2006-11-09 11:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。