2006年10月04日

おくみ付け〜裾の始末

 着物作り3日目詳細レポートです。

 まずは、前回気になっていた背縫いのきせアイロンかけ。やっぱり向き間違ってました(恥)。
背縫いきせアイロンやり直し 「襟開きを右に、きせを手前に」なんですね(めもめも)。ま、見えるところじゃないし、「着られればいいや」のスピリットからすればどっちでもいいのですが(苦笑)、やはり先達を参考に追う身としては、真似っ子しておきたかった。


 次は「継ぎ足し」、後ろおくみを2枚から1枚に合成します。
おくみ継ぎ足し
 模様を合わせて縫い合わせるだけです。簡単。縫い代は、下向きにアイロンをかけておきます。

継ぎ足し表側
 縞模様のお陰で、キレイにつながったでしょう?(自画自賛)


前おくみと後ろおくみ
 継ぎ足しなしの前おくみと並べても、ほとんど分からないくらいです。成功成功♪


 続いて、おくみの端の始末
おくみ三つ折
 三つ折りにします。かなり細い(@_@; さすがに待ち針を打つことにします。

おくみ三つ折待ち針 待ち針を打ったら、アイロンをかけます。アイロン台、汚いですね(恥)。昔コーヒーこぼしたんです(;_;) 別に使う分には支障ないしさ〜(←言い訳)

おくみ三つ折アイロン やはり、こういう細かい部分のアイロンがけは、こてがほしいですねえ。ちょっと火傷しました。
 アイロンかけちゃえば、真っ直ぐ縫うだけなので簡単です。

 さて、パーツとして完成した左右のおくみを、身頃に縫い付ける作業。
おくみつけ待ち針
 これもちょっと不安なので、待ち針を打ってみました。


おくみ縫い始末
 剣先の部分を、三角に返し縫いするようです。どうしてそんなことするのか?よく分からないけど、和裁本を見てその通りに♪


 これで、左右のおくみ、前身頃、後ろ身頃、6パーツが一続きになりました(感慨)。縫い代をアイロンで伏せ倒します。やっぱり全てが長い(~~;

 続いて裾の始末
裾三つ折 おくみに引き続き、裾も三つ折にします。長い長い(@_@; 延々と果てしなく、アイロンをかけ続けているような気がします。今度は火傷しないようにね(^^; 材料費は確かに安く上がりましたが、こんなにアイロンかけてたら、電気代もバカにならないぞ(-_-;

 またしても延々と直線縫いの裾縫い。ちゃんとアイロンかけておけばラクチンです。

裾褄処理裏側 裾の褄(つま)=角っこの処理は、和裁本もミシン本もそれぞれ美しく仕上げる技が紹介されていましたが、モデルの激安浴衣を参照にした、「ただ縫い付けるだけ」バージョンにしてみました。

裾褄処理表側
 表から見てもきれいでしょ?合格合格♪


 ここまで順調すぎました。「このペースなら、今日中に完成するかも」と希望が湧いてきました。そんな無茶な野望を抱かなければよかったのに‥と今になって後悔しています(苦笑)。ここから、苦難の襟付けが始まるのです。(つづく)

posted by eribow at 11:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 和の手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着物完成には、こんな工程があったのですね〜(оДо)
火傷もう治りましたか?アイロンってけっこう危険ですよね(^^;)
私も帯を作って、アイロンかけてからミシンで縫うと楽なんだなってわかりました(^^;)引っ張りすぎて伸びたしまったこともあったけど・・・(;´∀`)
縞って便利なのですね♪きれいな仕上がりです〜(^o^)
Posted by ひつじ at 2006年10月05日 10:53
>ひつじさん
アイロンかけは極力少なくしようとしたんですけど、
どうしても、先にアイロンかけておいた方が楽そうだ、
という部分はいっぱいあったんですよねぇ
ミシンがけとアイロンはセットかもしれませんね

縞、めっちゃ便利ですよ(爆)
Posted by eribow at 2006年10月06日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24869885

この記事へのトラックバック

お金の向き/お金の向き
Excerpt: お金の向きについて悩みを解決するには、まずはお金の向きについての正しい知識が必要です。そこで、お金の向きについての情報を集めました! お金の向きについて調べて、お金の向きに関する悩みを解消しましょ..
Weblog: お悩み解消ネット
Tracked: 2007-11-20 23:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。