2006年10月06日

「宝布に 華咲かち」

 今日は中秋の名月・・・すすきも団子づくりの準備もしていたのに台風! さすがに気分が出ないのでお月見は延期することに。明日はできるかなあ・・・満月だし、明日の夜は晴れるといいけど。

琉球紅型展.jpg で、どしゃぶりの中、城間栄順 琉球紅型展「宝布に 華咲かち」を見に行った。
 入場無料のイベントだし、こじんまりしたものを想像していたのだけど、会場にいってその充実ぶりにびっくり。城間栄順氏の新作の集大成らしい。様々な紅型も見事だし、布がまたすごい。越後上布、宮古上布、久米島紬、喜如嘉の芭蕉布、結城紬、松岡姫。さすがに触れはしないものの、すぐそばでこういった希少な布がみられるのだ。

 織りの美しさ、染めの美しさに、もううっとり。目の保養とはこのことだなあ。写真集も出ていたけど、やっぱり現物みないとそのすごさはわからない、としみじみ思った。
 どしゃぶりにもかかわらず、着物姿もちらほら。これで晴れていたらもっと着物率高いんだろうな〜。
 会場は時事通信ホールで、10月9日(月)まで。午前9時から17時30分まで、最終日は17時まで。ご本人のトークショーもあり。琉球染織工芸展も同時開催。そちらは畳に反物の世界で、みたかったけど時間もなく(実は仕事の昼休み)、呉服屋販売モードなのでちょっと近寄れず。
 これだけの作品を一度にじっくり見られる機会って、あんまりないと思う。興味のある方はぜひ。


posted by mizuho at 23:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友人と月曜に行こう言っていたイベントです。
楽しみです。。。
Posted by つむパン at 2006年10月07日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。