2006年10月29日

ジャネット・ジャクソンの振袖

 新参ながら面白い記事を連発しているじぞうさんのブログで、ジャネット・ジャクソンの振袖姿の記事を見ました。お着物好きの皆さん、あるいは芸能に明るい方々ならとっくにチェックだと思いますが、私はこれを見て感動しました。イヤー、素晴らしい!

 第一にですね、完全に伝統的な着物ファッションであることです。じぞうさんもコメントしていますが、相当みっちりとした補正。正統派の着付ですね。
 仏画家の印象派、『キル・ビル』など映画の「ジャパネスク」の着物はしばしば浮世絵かガウンっぽく、あるいはお祭りで見かける十代ギャルの浴衣っぽく、ユルすぎます。それとは対照的。じぞうさんは「髪は垂らした方が‥」と疑問を呈していましたが、私の感想としては、これでいいんです。その方が「正統」だから。
 一部の日本マニアを除く普通の外国人が日本に来て「ジャパニーズ・キモノにもちょっと興味♪」程度で触れる場合、それが初めてでほとんど唯一の機会である可能性が高いです。そこで、外国人の日本幻想におもねた「なんちゃって着物」を着たとしたらどうでしょうか。それが流布してしまうわけです。
 今回の着物ファッションがどのような経緯で、誰のプロデュースで実現したのか知りませんが、「現代の日本の着物」に対する深い愛情と気概をひしひしと感じるのです。

 もう一つの感動は、ジャネットにすっごく似合っているということです。伝統的な和をめざしつつ、黒人の彼女に似合う着物を選択する。スーパースターのショーですから、「重い」コードが相応しい。お題としては相当難易度高いです。
 そこに「振袖」を持ってきた。イベントというシチュエーションで、20周年という口実(笑)もあり。振袖ならば、この色、この意匠はアリです。映画『春の雪』でも、これに近いこっくりした赤系のゴージャス振袖も登場していました。

 モダンやフュージョンを狙いすぎたインチキ着物にならず。演歌歌手のショー着物にならず。平板な日本人にしか似合わない地味着物に走らず。「着る人をより美しく見せる」という衣装の根本的な命題を満たしつつ。着物に馴染みのない海外の人にもとっつきやすい、単純にきれいな。そんな着物であることを、一葉の写真で理解しました。
 ジャネット着物の中に、国粋的でありつつ、国際的である、という理想の形を見ました!


posted by eribow at 23:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見ましたよ〜 ジャネジャクの振袖姿!

確かに正統派の着こなしで彼女にも似合っていました。

が、しかし、本人も喜んで着ていましたが、もしかしたら、

「オーマイガーッ! こんなにきゅうくつなの〜?なんでこんなに上着の下にたくさん着るの!このタオルは何?(笑)」

とか、ジャネットが思っているかもしれないなぁ〜 なんて要らぬ心配をしてしまった私でした。 

「日本の着物って面倒」って思われちゃったら悲しいなぁ・・・でもそれが事実かも・・・
Posted by Fujipi at 2006年10月30日 08:50
まあ〜綺麗じゃないですか!彼女の肌の色に華やかな赤はよく似合いますね。振袖着てくれて、しかもこんなに綺麗に。嬉しいなあ。パチパチ♪

お体がグラマラスだから、ちょっと貫禄でちゃうのはしかたないけど、よくここまでやせましたね。特に腰とお尻。エライ!いくら補正するったって、お尻がでーんだとこうはいかないですよ。ちゃんと寸胴になってますわ〜。

身長が160cmというと日本人の標準とそう変わらないし、品のいい小顔ちゃんだしね。髪も小さくおさめてアップにしているせいもあってか、綺麗にまとまって、お嬢さんらしいですね。あっぱれでございます。

Posted by 百福万福 at 2006年10月30日 10:48
おひさです〜〜^^;

ジャネットさんのきもの姿、朝、目覚ましテレビで見ました!
黒人でグラマラスだから相当、着付けは大変だったのだろうな〜^^;
っと感心。
またエリボウさんと同じく、きもののコーディネイトのチョイスが素晴らしい♪っと感銘をうけました^^

次回はぜひ、ビヨンセ様やマライア様にも御召しになっていただきたい
日本文化の象徴ですよね(人^^)・。
Posted by 璃絵 at 2006年10月30日 19:47
こんばんは。ワタシもジャネット様の振り袖姿には、感動しました。着付けもキレイでしたね。ありがちな「ただ派手にしてみましたー」というのとは、明らかに一線を画していました。お振り袖なのに、帯揚げをやや控えめにして、森田空美様的帯揚げの始末にしていましたね。補正はかなりしているはずですが、嬉しそうにしているジャネット様がまたかわいらしかったです。
Posted by wabisuke at 2006年10月30日 23:42
eribowさん、おとり上げ頂き恐縮・・ありがとうございます(笑)。
でもおっしゃる通り、ナンチャッテじゃなく、ちゃんと着物を着物として着てるとこに私も感動。eribowさんのように深い洞察力がなく、なるほどなるほど・・と頷きながら読ませて頂きました。
髪型アップにしたら顔がでかく見えるからおろした方がいいかな・・と思ってましたが、確かにあれで正解ですね。
ジャネットおそらく初めての振袖でしょうが「着せられ感」がない、逆に着物に負けてない着こなし力が凄いと思います。
Posted by じぞう at 2006年10月31日 00:11
コメント遅くなってすみませ〜ん

>Fujipiさん
はっ、正統派礼服の着付のことを忘れてた!(~~;
まあ、欧米の昔のレディのドレスはコルセットとかガチガチで窮屈そうだから
「特別なお洒落ってこんなもの」と善意に解釈してくれることを祈ります(-人-)

>百福万福さん
黒人には原色‥ですが、こんな品のいい真っ赤を持ってくるとは見事です
ワイルドなロングヘア姿の彼女も好きなんだけど、
あんな風に髪をまとめるのも可愛いんだな、と思いました

>璃絵さん
こちらこそ、ご無沙汰ですぅ(^^)
うわー動いてる振袖ジャネット見たんですか いいな〜

>次回はぜひ、ビヨンセ様やマライア様にも御召しになっていただきたい
わはははは、ほんとほんと
世界のセレブ女性にキモノ・ブームが巻き起こるといいな〜(笑)

>wabisukeさん
>ありがちな「ただ派手にしてみましたー」というのとは、明らかに一線を画していました。
そうそう(激しく同意)
ジャネットはもともと好きだったんですが、ほんと、「可愛い」人ですよね♪

>じぞうさん
本家本元様、このたびはナイスな話題ありがとうございました!
じぞうさんって、ほんと写真の載せ方上手いですよね〜
確かに、着物に負けてないって、すごいと思う
スーパースターの貫禄ですね!
Posted by eribow at 2006年10月31日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

倖田來未     -こうだくみ-
Excerpt: ぎょっ!! もしやこれは振袖っ・・・?  「衿はしっかり抜きましょうね・・・とってもうまく抜けてるわぁ??」 遠く天から着付けの先生の声が降ってきそうなくらい、 見事な抜けっぷり、肩は..
Weblog: ◎ケモノじゃないよ、キモノ道
Tracked: 2006-11-07 14:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。