2007年01月17日

着物メッカ、日本橋三越

三越本店外にて 先週訪れた日本橋三越本店。都内でも(ということは日本国内でも)有数の「普段着物」率が高い場所ということは気づいていましたが、初潜入〜♪

 呉服売り場は4階。呉服売り場そのものがない百貨店も増えている中、圧倒的な充実ぶりです。
日本橋三越呉服売り場小物 日本橋三越呉服売り場雑貨 日本橋三越呉服売り場
 小物類をちらちら見ましたが、溜息が出るほど素晴らしい品揃えですね。ぱっと見ただけで圧倒されるような、豪華な金糸の草履は、15万でした(@_@;; 私に縁はなさそうな価格ばかりですが(^^; 高いなりにいいモノが揃っています。ほんと、目の保養、いいお勉強の場です。

手鏡 そんな中、気になったのが蒔絵風の手鏡です。小さいサイズのは色違い3色、各800円。小さいながら、三越本店のプライドが感じられるような(笑)誇り高いセンス。
 その後ろに写ってる大きい黒いのは、二枚一組になった「合わせ鏡」です。3,200円‥だったかな?なかなか置いてないですよね〜(感心)。

 お店もさることながら、着物姿のお客さん、店員さんの観察も楽しい。
 お一人、着物の男性を見かけました。背の高い、がっちりした(武道系の?)おじい様で、カッチョよかった(;_;) 大きなサングラスに高そうな毛皮のコートの小柄な奥様と仲良さそうに2人連れでした。うう〜ん、三越らしいお客だなぁ。
 店員さんも、流石の着こなし。お一人、無地に近い黒っぽい着物に、無地に近い黒っぽい帯を合わせた方がいて、「やっぱり店員さんは黒子だから、地味〜な装いなのね」と思ってたら、くるりと背を向けたお太鼓に、梅の枝と鶯の新春らしい「絵」が!お客さんに失礼にならないように控えめにしつつ、もんのすごくお洒落。その絶妙なバランス、粋なセレクトにノックアウトです(笑)。
 まあ、そんなお客、そんな店員ウヨウヨです。私も普段は柄足袋色襟満開、開き直りの適当着付けですが、さすがにここへ足を踏み入れるのには白足袋白襟でスタンダードを装い、ちょっと緊張でしたね。もう絶対値踏みされそうだよね(^^;

 それでも「普段から当たり前に着物を着ている」率の高さ、こなれている雰囲気は、値段のレンジが違っているとはいえ(^^; 快いものでした。普段街中を歩いている時の「この中で着物のことを知ってるのは私一人‥」という寂しい思いとは違って、そこには皆が着物の常識を共有している、という心地よさ♪

伝統工芸和箪笥桐箪笥 家具のコーナーも、選び抜かれた逸品という雰囲気が漂っていました。普段出入りしている大○家具や島○とは何かが違う(笑)。値段?(爆)
 ちょうど伝統工芸家具のフェアが催されていて、桐箪笥や和の家具がたくさんありました。熱心に見入っていると、着物を着ていたせいか、店員さんがいつになく親しげに寄って来ました(爆)。

代官山ASOチェレステ 新館10Fには、イタリアンレストラン「代官山ASOチェレステ」というお店が入っていて、14:30〜16:00(L.O.)のランチタイムには、パスタセット1,800円、デザートセット1,500円がお得なメニューになっているようです。
 HPチェックしてみたら、レストランひらまつの系列店だったのね(@_@; お得なセットは日本橋三越店のみだそうです。

 店の外に出ても、ちょっと路地に入っただけでよさげな店がたくさんありました。私、けっこう概観から店のレベル(味、雰囲気、値段)の推測当たる方なんですけど、その私のアンテナ、ピピっと来まくりましたよ(笑)。

蛇の市 「蛇(じゃ)の市」というお鮨屋さん。HPによると、880円のランチがあるんだそうですφ(・・;

利休庵 蕎麦屋「利休庵」はさっそくダン之助さんのコメントが入ってましたね(笑)。納豆蕎麦が有名だそうですが、単純に美味しそう!

伊勢定 鰻「伊勢定」も、老舗のにおいプンプンです。検索してたら、「日本橋活性化フォーラム」なる集いの会場にもなっていたもよう。日本橋・商店会の中心的存在ということが伺えますね(笑)。

有便堂 有便(ゆうべん)堂というのは、日本画の画材などを商っている有名なお店らしい。見るからに風格があります。いかにも日本橋らしいお店ですね。

鰹節大和屋 鰹節、海苔などの専門店がひしめきあっているのも日本橋ならではですね。

 「日本橋が似合う女」になりたいと心に誓ったeribowでした(-_☆ 今度ゆっくり日本橋観光♪したいです。
posted by eribow at 15:16| Comment(7) | TrackBack(0) | お気に入りの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本橋なかなかいいですよね。
私も会社が近いので帰りにたまに寄ってます。
見てるだけですけど・・・(笑)
素敵なお店も多そうなので、昼間に行って見たいと思っていますけど、なかなか機会がなくて行っていません(>.<)
Posted by ちょー at 2007年01月17日 22:23
>ちょーさん
こちらでもコメント、ありがとうございます♪

昔行ったことがあるのは、地下の食料品街です
100g(一切れ、ではない!)5,000円の松坂牛が売ってたのに度肝を抜かれました
買う人がいるんでしょうね〜<三越
会社がお近くとは‥ランチ事情が豊かそうです(笑)
Posted by eribow at 2007年01月19日 00:18
日本橋三越いいですよぉ。
わが一族では、「一番のおつかい物はここで用立てる」というお気に入りです。

んで、圧倒されちゃう着物売り場なんだけど、実は、化繊着物のコーナーも充実してるんです。
急に思い立って、「仕立上がりで、法事に合う着物が欲しい」なんて出かけていって、藤色の無地絽(シルック)と黒紗に銀糸模様の名古屋帯(化繊)を見立ててもらいました。
反物でも、お召し風柄のシルックがあったりと、ちょっといい化繊が手に入るのも嬉しい店。
出来合いの夏用雨用紗コートが全色揃ってるのも、私が知っている限りではここ位。

洋服でも案外と手ごろなものもあったりします。
お姫さんのシンプルなワンピースが6千円とかね。
三越デザインは、ジジババにも文句の出ない正統派デザイン。冠婚葬祭の勝負服にしています。
Posted by 優妃讃良 at 2007年01月19日 11:42
実は日本橋生まれなのに日本橋知らないんですよ。でも何でも揃う品揃えは江戸っ子なら三越にいきますよね。確か初めて買った洗える着物もここでしたが、全然ぺらぺらじゃなくて、しかも15年ぐらい前です。正絹の小紋にみえます。日本橋極めてみたら着物ライフもかっこいいですよね。
Posted by erineko at 2007年01月20日 23:21
実は日本橋生まれの私ですが全然知らないんですが江戸っ子が間違いない物を探す老舗ですよね。日本橋極めたらかっこいいね。着物人としては。通になりたいですね。日本橋ぶらぶら小さい散歩、着物でって企画しましょう是非。
Posted by erineko at 2007年01月20日 23:28
>優妃讃良さん
わ〜、日本橋三越、御用達なんですか!(憧)
「おつかい物」というフレーズが出るあたり、三越臭プンプンですね(笑)
雨用紗コート!!!化繊の絽の法事服!!!
限りなく需要がないアイテムですね〜A(^^; 三越恐るべし

>erinekoさん
へえええ〜、優妃讃良さん情報とかぶってますが、
どうも「モノのいい化繊」着物がある、らしいですねφ(・・;

>日本橋極めてみたら着物ライフもかっこいいですよね。
ほんとだ!
着物ライフの入門編が浅草、鎌倉、歌舞伎座あたりへ「お出かけ」だとすれば、
日本橋は「普段着物」編と言えそうですね(-_☆

こんな素敵な三越なのに、我が地元横浜店はクローズしてしまいました(悲)
いくら経営が苦しいからといって、大○家具を入れたりしたのが
敗因ではないかと思っています
三越らしさ、いい意味でのブランド力がなくなったら、元も子もないです
いかに「三越らしいお客」を取り込むか努力してほしかった‥
Posted by eribow at 2007年01月20日 23:37
三越はもちろんの事、日本橋界隈には、由緒正しき素敵なお店が沢山あるのですね☆私も、その雰囲気を味わいに足を運びたい気持ちになりました!三越本館と新館の間の路地、必見ですね☆
Posted by at 2007年02月09日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。