2007年05月15日

着物で立ち呑み屋へは行けません?!

 「着物ではできないことネタ」第二弾です。今回は、表題の通り、昨今大流行(はやり)の立ち飲み屋を取り上げてみたいと思います。
 前回は、アスレチック、バイオリン演奏を取り上げて、主に「運動性能」の点から、和服=長着スタイルへと矮小化してしまったゆえの困難に視点を置いていました。話が、フラメンコ、運動会、お砂場遊び、木登りと順調に展開しましたのは、皆様からの豊富な情報提供によるものです。ありがとうございます♪

 さて、「激安着物生活」でお馴染みの畏友・天和斎(てんほうさい)さんが我が家にお越し下さった昨日のこと。うちで軽く夕飯食べて、帰りに駅まで送りがてら、駅前の立ち呑み「とんちゃん」に寄ってみようかと思いつく。いつの時間帯でもお客さんで賑わっていて、たいそう繁盛していますが、どーも女性一人では入りづらくて、また近所のママ友を誘うような理由もなくて、未踏だったのです。酒飲みの天和斎さんなら、つきあってくれるに違いない!(希望)
 が、天和斎さんは和服。しかも、上品な海老茶の江戸小紋に、紅型風の名古屋帯。「この着物で立ち飲み屋はちょっと無理だよねえ」と私が言うと、「ええー、私は人にどう見られるとか全然気にしないよ、平気だよ」とのたまう。「うーん、私だったらちょっと無理だな。」と弱腰になりつつも、どうせ途中なので、店の前を通ってみることにする。

とんちゃん 遠くからもよく見えるデカい赤提灯。カウンターだけの店内は、暖簾を跳ね上げてあるので、丸見えです。店の外にも箱を積み重ねて板を乗せただけのショボい簡素なテーブルが2,3卓用意されていて、外の席までお客さんでいっぱい。お客は仕事帰りのサラリーマン、作業着のあんちゃん、競馬場帰り風のおっさんなど、男くささ満点です。焼きものと煙草で、もうもうと煙が立ち昇っています。おまけに駅前ロータリーに面して人通り繁(しげ)く、お客はほぼ「見世物」状態です。
 実は、オープンな店構えと明るい雰囲気からか、普段はけっこう女性客もいるんです。ギャル風のおねーちゃんやら、地元密着型ジャージのオバさんなど。しかし、昨日は見事なまでに男性ばっかりだった。
 「ねっ、着物だと入りづらいでしょう?」と店の前で立ち止まって、覗き込んで女性客を探す私。天和斎さんは「うっ」と絶句し「これは私でも無理だわ〜」と弱音を吐いた。「やっぱりね」と納得する反面、「なーんだ」とちょっとがっかり(笑)。飲みたい気分はあったので、「いいじゃんいいじゃん、入ろう、飲んでいこう♪」と言ってくれたら、それはそれで嬉しかったんだけどな〜。

 さて、このエピソードが指し示す「着物でできないこと」、それは着物の持つ「上品」「優雅」「女らしさ」に起因すると思われ。
 男性なら、よかったかもしれない。どカジュアルな木綿やウールの着物だったらよかったかもしれない。しかし、はんなり小紋に、赤い帯は、ウツクシすぎた(^^; (ポリだったのか〜そうは見えなかったぞ!)皆さんに「雛人形のよう」と賞賛された白く艶のある肌と、おちょぼ口風に引き締められた口紅の和メイクも、かの店の客には似つかわしくなかった。
 天和斎さんがどこまで「周りの目を気にしない」のか興味あったし、別に自分じゃないからよかったんだけど(爆)、ためらって止めてくれた彼女に、ちょっとほっとしました。

 20代の頃、友人の結婚式に出席した時、「この格好でできないことは何だろう?」と考えて「振袖でディスコのお立ち台は無理だな」と思いついたことを覚えています。あと「酔っ払って吐くのもイカンな」とも。(注:どちらも当時よくやっていたことです 恥)
 そう思いついた根拠を考えるに、「傍から優雅に見えないこと」は、(私的には)NGだと思われます。

 実は、振袖でボージャクブジンなとある有名女性を知っています(^^; だから、厳密に言うと、「着物でできなくもない」ことだとは思います。しかし、「浴衣でアスレチック」同様、物理的にできなくもない、ということと、私が「できない」と定義したいものとは異なります。
 知らなくて踏み外してしまった人は大目にみましょう。人より目立つことで収入を立てねばならない職業の人のことは別にしましょう。それ以外の、ある程度以上の着物好き女性は、「煙モウモウの男だらけの立ち呑み屋」は厳しいのではないかと思います。

 と、ここまで書いて、酔って気が大きくなった私は、もしかして何でもやってしまうかもしれない‥(-_-; と恐怖に襲われました。鶴見の「とんちゃん」で一杯やっている着物姿がいたら、それはきっと私です‥(~▽~;
posted by eribow at 15:06| Comment(22) | TrackBack(2) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洋服でも、シルクのワンピースでおめかししていたら、私は立ち呑みは行かないです。
これは着物かどうかより、ドレスコードの問題かもしれません。
木綿やウール着物ならアリだと思いますよ。

私は、義母のお見舞だけは、着物は控えてます。
木綿等の普段着物だとしても、「お洒落してる」ように見えると、義母にも他の患者さんにも悪いので。
でも、反対に、孫の成人式とか卒業式とかなら、看護婦さんや同室の人から許可をもらえばOKの気もするし。
これもケースバイケースかも?
Posted by 福娘紅子 at 2007年05月16日 14:41
私もそう思います。着物でわざわざ行かなくてもジーンズでの方が気楽だし、お店の人や他のお客さんに気を遣わせない気配りも必要かなと。(自分ではポリだから洗えるのよ〜と思っていても、他者からはそう見られないから。)
それとカジュアルな物でも、洗えないお洒落着をもうもうと立ち昇る煙草の煙にさらしたくないなぁ。
Posted by つむパン at 2007年05月16日 18:40
大和なでしこが、はしたない事はおやめなさい(笑)面白い記事ありがとう!!笑った!!天和斎さんが入ってたら飲んでたんか?(爆)とんちゃんって名前もすごいよ(笑)eribowさんやったらある意味近所で有名になるかも。着物でライブは行きたいとは思うけど絶対洗えるので行きますよ。目立ったら外タレ見てくれるかも?(笑)
Posted by erineko at 2007年05月16日 18:57
なんでうちのあの記事にこの記事がTBを? と思ったのですが、読んでみて納得。着姿を見せたかったんですね。

福娘紅子さんが書かれてるように、やはりドレスコードの問題なんですよね。あれは洋服で言うとお嬢様ワンピースですから。
ドレスコード以前に椅子に座れないのも尻込みした原因です。「飲むぞ−! 語るぞー!」なときには、やっぱり椅子に座りたいもの。

そんなわけで尻尾を巻いてしまいましたが、あえて着物で行くならウールに半幅帯を貝の口に締めて……って感じですかね。
Posted by 天和斎 at 2007年05月16日 21:13
うん、やはりこれはドレスコードの問題。
ウールに半幅帯とかだったら、もしかしたら大丈夫だったかもしれません。
だけどがっつり飲むこと確定な場所には、安全上洋服で行きたいな〜と思います。もう吐くことはないでしょうが、姿勢制御がおぼつかなくなりそうなので。

そんなわけで、行くなら洋服のときにでも(笑)
Posted by 天和斎 at 2007年05月16日 21:22
森瑤子さんの本を思い出します。よく登場したネタは確か、結婚式の披露宴かなんかの帰り、ドレスのまんまで赤ちょうちんに入り、格好よく飲み食いして、からかってこようとするおっさんたちをテキトーに上手にあしらう、みたいな話。彼女ならそのお店にドレスで入ってたかな?!それを読んだのは独身の頃。私なら店に入っても、ドレスはやだな、と思った覚えが。私は立ち飲みやは好きでないけど、居酒屋はキモノで入るよ。煙もうもうの焼肉やはウールまでなら、焼き鳥やは浴衣とかこないだGWに銀座で煙もうもう焼き鳥やに藤色単衣紬でいったよ。旦那は私が何を着てようがおかまいなしに自分が食べたい店にはいりたがるので、喧嘩もたえません〜いちいち毎度も面倒なので、手ぬぐい&ナプキンホルダーで自衛対策〜 いまのところ「カビ臭い銘仙からの匂いしみつき被害」にくらべれば困ってないかも。。。
Posted by carmen at 2007年05月16日 21:45
立ち飲みはこぼしたり、こぼされたり?が心配だから洗える着物ならありではないでしょうか?
私は立ち飲みは未経験ですが、立ち食い寿司には挑戦しましたよ(笑)
全然、へっちゃらでしたけど一人だったし変わった客だとは思われてるかも(爆)
Posted by ちょー at 2007年05月16日 23:17
そうそう、皆さんがおっしゃるようにこれは着物の問題ではなくドレスコード、TPOの問題。
着物=礼装しかないと思っている人にウール、木綿はGパンTシャツで紬、小紋はワンピースで・・・と言ってもわからないでしょうが、わかる人にも眉をひそめられるような使い方はしない方がいいと思います。ドレスで立ち飲み屋が許されるのは有名人だからであって一般人がやったらただの変人と言われてもしかたないと思います(^^ゞ
着物でできない事はないと肩肘張るのではなく、着物で自分も回りもいい気分になれるような着物との付き合いをして行きたい私です。
Posted by kemi at 2007年05月17日 07:06
あ、もう語り尽くされてる(^^;

洋服と同等のドレスコードでも、今の世間の目は「和服」ってだけでワンランクアップだと思うから、
自分では、木綿やウールだから大丈夫と思っても、周りの人は気を使っちゃうかなぁ?と思います。

でも、浴衣ならイケるかな…その立ち呑み屋の雰囲気がよくわからないので、なんとも言えませんが(^^;
Posted by ちゃよ at 2007年05月17日 12:10
わははは、また楽しい反響がありました♪
皆さん、ありがとうございます!(うれし泣き)
例によってまたざっくり&部分レスですが‥

>erinekoさん
>大和なでしこが、はしたない事はおやめなさい(笑)面白い記事ありがとう!!笑った!!
このリアクション!(笑) 貴女こそ面白すぎます!

>とんちゃんって名前もすごいよ(笑)
店名に着目して下さってありがとうございます!(鼻息)
「とんちゃん」‥口にするだけで脱力のこの名称、
着物との取り合わせは最強ですね(-_☆

>天和斎さん
>「飲むぞ−! 語るぞー!」
だったんですか?A(^^;
いやあ、立ち飲みは別用途でしょ(笑)

「吐き防止」「飲みすぎ防止」のために敢えて立ちを選択するというのはどう?
足元制御が危うくなってきたらそれがリミッターってことで‥それも危険か(笑)

>kemiさん
>着物でできない事はないと肩肘張るのではなく、
そうだそうだ、その通りです
まあ、私の場合「実験」好きという悪癖がありますので(^^;
人よりはつい「やっちまう」危険度は高いのですが‥(-_-;

>着物で自分も回りもいい気分になれるような着物との付き合いをして行きたい私です。
ナイスなまとめを、ありがとうございます!m(__)m

予想通りというか、ドレスコードの観点からの発言がほとんどでしたね
前回のネタの際もそうでしたけど、着物というものが許されるTPOがあまりに狭いため、
意味のない「制限」は外せるんだということは主張したいけど、
機能性(運動性能)においてもファッション性(ドレスコード)においても
着物なりのTPOは存在するはずなんだよな〜
ということを考えさせられたネタ振りでした

しかし、ちょーさん、立ち食い寿司とは(笑)
私もマックが限界だったので、その辺が分水嶺かな?
立ち食い蕎麦は、汁物という観点から難?
牛丼屋はどうだろう?(悩) 私ゃちょっとヤダな(^^;
お祭りでの屋台食、ソフトクリームの歩き食いは抵抗なかったけど(ウール着物)
何がポイントかなあ?>自分 やっぱり男性率?(^^;
ちょっと個人差が分かれそう‥グレーゾーンはあるかも!
Posted by eribow at 2007年05月17日 12:51
>「吐き防止」「飲みすぎ防止」のために敢えて立ちを選択するというのはどう?

立ち飲みでもお洒落なショットバーなら紬で行きたいけど、競馬新聞片手のおっちゃん御用達の酒屋の片隅での立ち飲みにはウールでも行きたく無いなぁ…(笑)
Posted by つむパン at 2007年05月17日 15:05
着物で立ち飲み、面白いですね。
確かにドレスコードの問題って考えると許されるのは浴衣ぐらいですかね。
汚れについてはポリだとかで問題なくても、周りに気を使わせちゃうので、よっぽど通い詰めてて他のお客さんも知り合いとかじゃないとむずかしいですよね。
でもあくまで私個人の気分的な問題としては全然OKかも。
立ち飲み屋さん、大好きだし。
森瑤子さん大好きだったので、carmenさんのおっしゃってるのも記憶にあり、とってもあこがれました。
それを実現させたくてって訳ではないですが、自分の結婚式の日、4次会だか5次会でドレスのまま早稲田の学生ばっかりの庶民派居酒屋にいきましたよ。
もちろんウエディングドレス♪
とても良い思い出です。
Posted by hanaemibibi at 2007年05月17日 17:14
駅前のとんちゃんですか〜。
帰りに前を通るといい匂いするのでいつも気になってはいるんですが、
おじさんたちばかりなんで女1人じゃ入りづらいんですよねえ。
小奇麗なお着物では無理そうですが、
夏場に浴衣でだったらOKなんじゃないでしょうか?
お供しますよ〜♪
Posted by あおい at 2007年05月17日 20:19
>つむパンさん
>立ち飲みでもお洒落なショットバーなら紬で行きたいけど、
地元のショットバー、浴衣で何回か行きましたよ
ある日は花火の日だったので、私以外にも(若い)浴衣女性いました
店内にぱっと花が咲いたみたいで、いい雰囲気でしたよ

>競馬新聞片手のおっちゃん御用達の酒屋の片隅での立ち飲みにはウールでも行きたく無いなぁ…(笑)
実は、こう言っちゃ飲食店に失礼ですが、男子○所的な‥(-_-;ヒソヒソ
婦女子が立ち入ってはいけないオドロなムードもそこはかとなく
あ、でも、「女将さんモード」にトライしてみるとか?
注文されちゃったりして(爆)

>hanabemibibiさん
>よっぽど通い詰めてて他のお客さんも知り合いとか
そっか、その手があったか!(ポン)よーし‥

ウエディングドレスで、早稲田の居酒屋!(爆)
ドレスコード破壊は洋の東西を問いませんね(笑)
汚すとか破くとか機能性の問題については自己責任ですから私ゃ知らんぞ(笑)

>あおいさん
おおっ、リアルとんちゃんをご存知の方からコメントが〜(T-T)感涙
そう、着物云々以前に、女性はチョット入りづらいですよね
吉野家やショットバーはまったく平気な私がそうなんですから、
一般的に壁はもっとあると思われ
たまに見る女性も、カップルか夫婦連れです

えええ〜ご一緒して下さるの?(;_;)
じゃあ、「浴衣で立ち呑み」女二人連れ、トライしましょう♪
Posted by eribow at 2007年05月18日 12:10
画像があると記事の面白さ増しますね〜(^^)d
浴衣で私もお供したいかもっ!
森瑤子さんの本の話は「彼女"たち"」と訂正しますね。多分ご自身もされてたとは想像に固くないですが、登場人物たち、でした。
Posted by carmen at 2007年05月22日 14:07
わあああ〜とんちゃんってやっぱり焼きトンだったのね。焦げ茶の銘仙なら入れるかも。(汚れても目立たない色でおじさんの間でも浮かない色)しかし旨くて安そうな店構えですね。浴衣なら粋に一杯ひっかけて帰れそうね(笑)洗える地味な粋なコーデで今度是非。夏オフの後でビールでも。

Posted by erineko at 2007年05月23日 21:05
>carmenさん >erinekoさん
写真見に来て下さり、ありがとうございます(笑)
浴衣は、コーデ的にもとっても合ってる気がします
でも、あおいさん、carmenさん、erinekoさん、私‥4人だとかなり目立つよ(爆)
Posted by eribow at 2007年05月24日 09:13
始めまして、ringoと申します。
青め猫さんのブログからお邪魔しました。

いろんな武勇伝楽しく読ませていただきました。
「立ち飲みやで着物」は、特におもしろかったです。実は、私も時々立ち飲みやにいくのですが、着物は、勇気が要りますよね。

でも、私、家族となら、立ち飲みの「くしカツ屋さん」に行ったことあります。やっぱり、視線がきつかったですけど、こちらが気にしなければ、なんとかなるもの(笑)。

その時の着物は、単衣のお召しだったかな?

また時々、お邪魔します。
Posted by ringo at 2007年05月29日 09:04
はじめまして。こだまと申します。着物遊びポータルサイト(仮)からリンクをたどりたどってこちらに着きました。

とんちゃん、地元なのでたまに行きますよ。ひとりでぱっと入ってさっと呑んですっと帰れるのがいいですね。最近隣の大門がつぶれて立ち呑み屋になっちゃったので、そっちと人気を二分してます。

着物で立ち呑み、ダメですか。今度ぜひやってみようと思ってたんですが、ダメですか。
着物で居酒屋、着物でパチンコは挑戦済みです。いずれも全身タバコ臭くなります。
Posted by こだま at 2007年06月28日 09:17
>ringoさん
ウワー、埋もれていてコメント見逃していました(><; ごめんなさい!
立ち飲みの串かつ屋さん?立ち飲みの焼きトン屋さんと差はないですよ(笑)
単衣のお召し、よさそうですね♪
はじめましてなのに、大変失礼いたしました これに懲りずよろしくお願いいたします

>こだまさん
はじめまして、ご来訪ありがとうございます!
なんとなんと、ご近所ですか?(@_@;
あっ、もしや‥小学校PTAつながりの貴女ではっ?!
歓送迎会で「私も着物好きなんです〜」とアプローチしまくった私ですが違います?(ドキドキ)

そうですか、パチンコ屋も済みですか!
記事を書いた当初は腰砕けでしたが、意外に皆さん果敢なので、
私もなんだか勇気が出てきました♪
「着物でとんちゃん」同伴第一号は、もしかしてこだまさんかも(笑)

「大門」後釜、完全に真似っ子ですね(^^;
あっちの方がよりディープでおぢさん臭いですよね
立ち飲みだったら、私は「とんちゃん」が限界かなあ‥
Posted by eribow at 2007年06月28日 09:59
そのとおりです!
いや〜、ネットの世界って広いようで狭いですねえ。
ブログもひととおり拝見させていただきました。なんだかいろいろ楽しそうですね。今度混ぜてください。
「とんちゃん」もいつでもお伴しますよ(^-^)
Posted by こだま at 2007年06月28日 13:05
>こだまさん
リアルとバーチャルが、面白い形で出会いましたね♪
PTAでの私は仮の姿で、その実態はこちらです(笑)
今後は、真の姿でのおつきあい(爆)、よろしくお願いいたします
Posted by at 2007年07月04日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アディダス レディース ジャージ
Excerpt: アディダスのレディース用ジャージって情報が少ないですよね。
Weblog: アディダス レディース ジャージ
Tracked: 2007-05-16 23:19

着物でどこまで行けるかな?
Excerpt:  着物仲間eribowさんとの、「着物でどこまで行けるか」チキンレースに負けて悔しいし(笑)、考えるに面白い話題なので、私なりに考えてみました。  ちなみに、チキンレースの詳細はこちら。  着物で..
Weblog: 激安着物生活
Tracked: 2007-05-18 09:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。