2007年06月13日

八丈島旅行番外編・くつろぎの木綿着物

 楽しかった着物旅行の八丈島、思い出してみたら、木綿着物でばりばり普段着モードの気楽さ、心地よさも、楽しさの理由の中に大いにあったのよね〜。
 「ダラダラとくつろいだ着物」シーンをまとめて後悔‥じゃなかった公開。

hachijo 024 takaratei.JPG 現地に着いて、長襦袢と足袋を脱いで、浴衣モードでのツーショット♪2人並んだ方が、より楽しそうに見えるよね〜。揃えたわけでもないのに、古い着物の藍色のトーンが揃ってる。素足に下駄が、自分で見ても気持ち良さそう!

hachijo 032.jpg 風呂上りに一杯〜♪缶ビールじゃないのが絵的にちょっと残念です(笑)。
 ジャングルのような植物の生えっぷりが、都内より南下すること300kmを感じさせますね。南国気分と浴衣気分がマッチ♪

hyotanjima.jpg 「ひょっこりひょうたん島」を島のイメキャラに持ってきてる八丈島。放映されてた当時ならともかく、この現代に受けてるのかなあ?(悩) お約束のオバカ写真です。振袖だったらやりません(笑)。

hachijo 074 minato.JPG 港にてお散歩。ちょっと裾が乱れてる写真になっちゃったけど、そこそこ風が強かったのでご勘弁を。潮風と浴衣も合うのよね〜。

 お宿で、興味津々の樽入り島酒をいただく。夜中にふらふらと玄関を出て花々に囲まれる。牧場で牛と戯れる(近づいたら逃げられましたが‥)。ドライブから帰って、畳の上で大の字で休憩。沢山撮ったようでいて、結構狙い目のオバカシーンを撮り逃しています。
 「気楽な着物」「人に見せるためではなく、自分が心地よいから着るだけの着物」「自由で気ままでちょっとダラシない着物」‥ひなびた旅先というシチュエーションで、そんなスタイルの夢が叶いました(感慨)。
 日本の風土に合ってて、風と湿気と冷房も暖房もないそのまんまの大気と草の香りと‥そんなものを体感して。木綿着物を通して昔ロマンを堪能してきましたとさ♪
posted by eribow at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お二方ののびのびされてる様子が伺えます!ほんと、自分のためのキモノって楽しいです。心が潤います。365キモノはじめてますますそう思います。自宅で終日過ごす日も楽しいもの!さて本日40日目!!
Posted by carmen at 2007年06月15日 13:25
ひょっこりひょうたん島、長女がはまってますよ。

3年くらい前だったかな?NHKでの再放送が有った時にお舅さんが録画してくれていて、今、実家に行くと繰り返し観ているようです。

私の記憶では白黒なんですが、娘が観ているのはカラーなのは何故なのかしら?
Posted by つむパン at 2007年06月15日 21:48
肩肘張らず、着物につきものの決まり事にとらわれず自由に気持ちよく着られる姿は、こちらにも伝わっていて気持ちよいですw。
私も着物着てお出かけして自然の中で和みたくなりました。
Posted by 青め猫 at 2007年06月18日 01:00
>carmenさん
「楽な着物」「楽しい着物」って、現代日本ではまだまだマイナーな概念ですよねえ(しみじみ)
私はきくちいまさん経由でそれを知って衝撃でしたが、
3年経った今でも「面倒な着物」「窮屈な着物」という概念はやはり身近に溢れており、
自分自身の中でもなかなか折り合いはつきませんA(-_-;

>つむパンさん
ひょうたん島、まだ現役なんですか?!(驚愕)
夏休みには子連れ家族連れも増えるでしょうから、ちょっとは「引き」になるかな?(^^;

>青め猫さん
着物で自然の中でなごむっていいでしょう?(^^)
着物=振袖だった頃はとてもこんな境地には至れませんでした
(汚さないか、転ばないか、袂挟まないか‥緊張する着物で!)
やっぱ木綿ですよ(鼻息)
Posted by eribow at 2007年06月18日 05:29
うんうん、確かにくつろいでいたわね。 浴衣三昧の八丈島でしたね♪
ところで2枚目の写真、eri様が手に持っている飲み物が違うような気がするのだけど。。。(^^)
Posted by ぶり at 2007年06月19日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。