2007年06月18日

姿勢って大事!

 美しい着こなしに欠かせないもの、それって「姿勢」だと思う。着付け技術があっても、姿勢がよくないとだいなし。着物を重ね着して帯をきっちり締めているとそれだけで姿勢が多少よくなるんだけど、浴衣になって帯が半幅になると、姿勢がいいかどうかの差が出ちゃうんだよねー。

 実は私、姿勢が悪いというコンプレックスがずっとあった。理由はよくわからないけど、気がついたら姿勢が悪かったのだ。腹筋・背筋が足りないのかも。でも結局のところ癖なんだよね、きっと。

 八丈島オフでぶりさんに姿勢レクチャーを受けた。私としては胸を張りすぎ、というくらいでちょうどいいみたい。あと、左右のバランスも悪くて、右が下がっているよう。これは多分、仕事で重い荷物を右肩で持っているせい。

 姿勢が課題だなあ、と思ってからクラシックバレエを始めた(もちろん姿勢のためだけじゃないけど・・・)。あと、鏡を見るたびに姿勢チェック。通勤バッグをリュック仕様にしてなるべく両肩で荷物を持つようにもしている。それでも無防備に写真撮られたりすると、自分の姿勢の悪さにがっくり、な日々なんだけど。

 さあ、今年も浴衣の季節が来る。日々精進、なのだ!
posted by mizuho at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も姿勢って大事と思います!無防備にしてるときの自分の画像みて愕然としたことが何度あることか・・・
腹筋に力いれて、上から引っ張られる意識して、肩落として、お尻しめて、(^^) バレエの日に痛くなった筋肉を使えばいいのですよね。言うは簡単だけど!
Posted by carmen at 2007年06月19日 02:11
私も姿勢は悪くて、子供の頃から親にしつこく言われたのだけど、あまり直らず・・・(^_^;)
外に出たときは、ガラスに映る姿を見る度に直してはいるのですが、写真を見ると・・・(°Д°)!
写真ってありのままを写しますね(^_^;)
常に意識する!・・・と思ってはいるのですが・・・(T_T;)
Posted by ひつじ at 2007年06月19日 09:21
ほよっ、ぶり@頼りない講師も、姿勢は良くないです。 腹筋・背筋もあるけど、その内側で脊椎を支えている骨格筋、これが重要だと思う。 バレエの姿勢で真直ぐ立つのがあるけど、それが基本なので、意識すれば、できると思う。
他の舞踏でも、オペラ歌手でも、うまい人は、立った時、真直ぐなのよね。 マネしたいと思っているの。
Posted by ぶり at 2007年06月19日 18:51
わーい、コメントありがとうございます!

>carmenさん
そうなの〜わかってはいるのよね。レオタード着て鏡に向かっている瞬間はそこそこできてるの。でもねえ、浴衣でくつろいでいるときにはふと気づくと・・・姿勢のいい人っていつも無理なくいいものねえ・・・

>ひつじさん
あーお仲間! 私も親にはちょくちょく注意されてはいたんですが、本気で直そう、と思ったのは着物着るようになってから(われながら現金)。
ともに意識しなくてもすっきり立っていられる境地をめざしましょう!!

>ぶりさん
えー、よくないですか? ぶりさんっていつも、しゃきっ、というイメージがあるんですけど。歩くのも早いし・・・ってそれは関係ないか(笑)。
やっぱりプロは立ち姿きれいですよね。精進しまーす!
Posted by mizuho at 2007年06月20日 00:04
バレエの基本姿勢って、着物の時でも普段の時でも大事ですよね。首を伸ばして肩を下げてお腹出さずにお尻は締めて。すっかりごぶさたのバレエレッスンですが、これをやると体が引き締まったような気がして気持ちいいですよね。またやりたくなってきました。

ところでmizuhoさん、以前日舞の教室の話が出たと思うのですが、7/1(日)PM中野区の文化祭のようなのがあり、知人(教室の生徒)が日舞に出演の為、友人と見に行く予定です。もし、興味があったら、一緒に行きませんか?
Posted by ひろみ at 2007年06月26日 10:19
ひろみさんこんばんは!
コメントありがとうございます。

そうなの〜気持ちいいんですよね。でも、子供のころ3年くらいやってたときは、「気持ちいい」と思ったことがなかったなあ。大人になって身体が硬くなってきたからこそストレッチが利くのかな?

おさそいありがたいのですが、7月1日は駄目なんです〜仕事があって。またさそってくださいね。
Posted by mizuho at 2007年06月26日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。