2007年06月28日

着物友は年齢を超えて

 着物つながりでお友達になった方々は、年代もさまざまです。先日庭園美術館にご一緒し、単衣を下さったかづこさんとは、もう何度もオフ会で一緒に遊んでいますけど、実はチョット先輩。それでも、気さくで明るくちょっと天然(笑)なキャラのお陰で、ちっとも年の差を感じることなく‥というか私のほうがずーずーしく、対等にお付き合いさせていただいています。
taishochic 025.jpg
 お会いした日は、かづこさんは渋い奥様モード、私はお召しのお嬢様風で、ナンチャッテ母娘(笑)。この日美術館は、ちらほらと本物の母娘も見かけましたので。ほんとは母娘というには年近すぎるんですが、私のほうが若作り着物っていうことで(笑)。

 お茶しながら、一杯お喋りしました。「この年になってやっとよく分かるようになることもあるのよー」とのこと、胸にしみじみするお話がたくさんありました。
 昔の大家族制だったら、従姉や叔母など、「母娘にしては年が近すぎる、母より若く、姉より年上」という世代の女性が珍しくなく身近にいたはずです。親の世代とは価値観が違って反発する、姉程度だと自分と同レベルで頼りにならない、そんな時に、こういう「先輩」世代が導きになっていたはずです。ほどよく他人、ほどよく親身なそんな距離を持つ層が、必要だったはずです。
 親が地方から出てきて都会で暮らした我が家は、典型的な核家族世帯。ご近所や身近な親戚に「お姉さん以上先輩」が欠けたまま育ちました。私の中に、そういう存在に潜在的な憧れがあったような気がします。

 今のところ、着物お友達させていただいているのは、20代後半〜50代後半と幅広い。そして、皆年齢を気にせずおつきあいさせていただいている。時間を忘れてお茶やお酒で語り合える。そのことが、何とも言えず気に入っています。
 イベントなどでは、60代70代の方や、20代前半の方ともお知り合いになって、ブログのアドレスをお教えして「よかったらご一緒に遊びましょう♪」とお誘いしているのですけど、私の人徳の限界なのか、その後ご連絡いただいたことはまだありません(;_;) やっぱりある程度年が離れてしまうと、躊躇する気持ちが働いちゃうのかなあ?(悩) でもまあ、その場では楽しく「お友達」できたわけだし、子育て友や職場の同僚など年代の固まった仲間よりずっと幅広い世代との交流は、ひとときであっても楽しく実り多いものです。

 ニセ母娘、ニセ姉妹を楽しむのもまた良し(笑)。異年齢の友ができるのも、着物遊びの楽しいところかな〜と思ってます。
 いつもお付き合い下さっている皆様、どうもありがとう!
posted by eribow at 09:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物遊びの楽しみを語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと歳の離れたお友達って良いですよね。
私の世代だと、まだ親が大兄弟なので、「母の弟(つまりが叔父)」といっても、母と私の間位の年齢でした。
逆に、「父の姉の息子(つまりが従兄)」なのに、12歳も離れているのもいたりして。しかも、彼は結婚も早かったので、その子供達と私もまた10歳位しか離れていない。
いっそ、同い年とか1年差なんかの方が悲惨で、「だれそれはドコの私立に行った」のと比較されて大変な目に遭いました。(6歳以上離れると比較されないのは、わが一族の謎だけど)

最近は、兄弟が減っているので、従兄妹の数も限られてくるから、程よい歳頃がいるとは限らないかもね。
Posted by 優妃讃良 at 2007年06月28日 11:22
なんだか思うんですけど、年齢って25(別に数字に確固たるものはないですが)すぎたらあとは一緒、話の合う合わない、友達として遊べるかどうか、すべてそれまでの生き方次第じゃないかと。
一番意外で一番嬉しい友好関係が、1年間だけ住んだ、今の前の家の正面のピアノの先生との関係。母の5つ下なのだけど、万事にわたり話があうのです。あわしてくださってるところも多分にはあるとおもうのですが、二人で話すと美術・ファッション(おキモノはお召しにならないが)・映画・果ては近所で一番おいしくかつバリューな食材は種類別どこにあるのか、調理方法は、とエンドレスに話が発展していき、面白くて仕方がない。

あとはいわずもがな、ブログで知り合ったキモノ友達!!なぜ、初対面でこんなに話が弾み、盛り上がるんでしょうね☆(ブログで話してるからなんですが!)皆さんと知り合えたことが楽しくって仕方ありません♪


Posted by carmen at 2007年06月28日 11:58
(o^v^o) 待ってました!エリボー節〜。出ました!着物本音トーク〜、楽しく納得しながら読みました。

着物ブログ業界では私「エリボー系かづこです」と自己紹介しています。
エリボーさん、このままいけば、いづれ執筆や講演依頼が来ますよ。
Posted by かづこ at 2007年06月28日 21:23
本当にどうして、着物だけの共通の話題でこんなにも盛り上がれるのか?不思議よね〜?昔からの知り合いのようにお出かけしてご飯食べて。ひょっとして前世で江戸時代あたり皆で遊んでたりして(笑)袖触れ合うも何かの縁と申しますが、袖が触れ合うって、着物なんですよね。日光江戸村ってまだあるんでしょうか(笑)皆で着物で行ったらリアル江戸村!!(爆)変なコメントでゴメン(笑)
Posted by erineko at 2007年06月29日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46096560

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。