2007年08月08日

猛暑に夏着物

 着物で映画「怪談」オフ、顔出してきました。予想最高気温36度(体温かよ!!)の酷暑の中、なんと6人も着物姿が集まったのには驚き。着物好きさんといえども真夏はパスという方も多い中、これだけ心を同じくする仲間が集ってくれた、ということに感動です(じーん)。

augst ginza 007.jpg 銀座4丁目交差点付近で、通りすがりの人に写真を撮ってもらいました。8月上旬。午後1時すぎ。眩暈(めまい)しそうな青空。一年で一番暑い瞬間と言っても差し支えない日時。都会のアスファルトの照り返しは強烈です。そんな時そんな場所でも「普通に」着物が着られるようになった、という記念です。
 浴衣から着物ライフをスタートした私ですが、「高原の避暑地で日傘をさすマダム」幻想に憧れていたので(笑)、「夏着物」は必須事項でした。
 「○○だから着物着ない」に対しては、ことごとく反感を感じる私(^^; 「暑いから」はよく聞くフレーズの一つであり、悔しく思っていました。「盛夏に夏着物」なんて、多くの人にとっては(たとえ着物好きの中でも)「酔狂な」「ご苦労さん」「私はごめん」‥etc.でありましょう。でも、私にとっては「どんな時も着られる自由を謳歌できる」大事な一つだったんです。照りつける太陽の下、どうしても記録に残しておきたくなったのでした。
 まあ、暑さ寒さに対する耐性には個人差が大きいです。mizuhoは暑いの苦手だったんだよね?私は暑さ寒さには比較的強く、好きなことのためだったら苦労は感じない性質(たち)なので、「着物をカッコよく着たい」欲は、「暑いのはイヤ」なんていう気持ちなど吹っ飛ばしてしまうのであります。

 最初、紫地のポリ絽小紋にしようとしていたのですが、気が変わって白木綿に変更してみました。着替えてみたら、ポリと比べてずっと涼しい。うーん、やはりポリは暑いのか?体感的にも、正解でした。
 実は、この白浴衣、初めて着用した日に、街中で3回も「涼しげでいいですね」と声をかけられたので「へえー、そんなに涼しそうに見えるのかな?」と心に留めておいた。紫のは、初夏や初秋の着こなし、あるいは夜などにも合いそうなので、「真夏の真昼間」はこちらにしてみようと思ったわけ。
 帯は、寒色の名古屋帯を合わせたかったのですが、出がけに見当たらず、時間もなく間に合わせで間道(かんどう)の半幅をカルタ結びに。いちおう銀座のクラシカルさを意識してみました。帯締め帯揚げをかけて、麻の襦袢を着けて、着物風に。

 不思議なことに、何だか以前より暑くない気がしました。以前は、浴衣を着ても暑い、着替えの途中も暑い、5分歩くだけで暑い‥と本当に大変だったのですが、今回そんなに苦でもない??もしかしたら、これが慣れというものなのかしら?よく「女優は汗をかかない」と言われますが、私も少し、女優度が上がってきたのかもしれません(自爆)。
posted by eribow at 23:32| Comment(5) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真夏の体温並の炎天下での着物

実は、こういう体温を越えた気温の場合、木綿の着物を着ているのが、普通の夏のワンピースなどを着ているよりもずっと涼しいようです。

こちらは気温40度などという体温をはるかに越えた気温を記録し続ける土地なんですが、ある夏、小学校の行事の関係で、炎天下に戸外に立つという苦難に遭いました。
一緒にいるお母さん達は、ブラに下着なしで半袖TシャツにぴったりしたGパンか膝丈Gパン、足は素足にサマーサンダル。
これに対して、私は綿縮みの浴衣に紗献上をお太鼓に締めてキャラコの足袋。
汗ダクダクのお母様方を尻目に「暑いことは暑いけどね」程度でした。

というのは、顔以外は着物の中。しかも、ぴったりでなく、着物って体からは微妙に離れています。ここに空気の層ができ、外気との緩衝地帯となります。重ね着状態の肌襦袢だとか、半襦袢の胴部の木綿部分が発汗を吸い取ります。
汗って、吸い取るものがあると、効率の良い冷却機能だそうな。

というわけで、暑い日こそ、着物の方が涼しく過ごせるのですョ

ハタから見ると「暑いのに」って思われるけど、実は逆なのよね。
Posted by 優妃讃良 at 2007年08月13日 13:01
>優妃讃良さん
そっか、体温モードでは布をまとった方が涼しいんですね
アラブの民族衣装もそうですよね〜
今回は、けっこう当てはまってたかも!!

でも、せっかく「eribow=女優」説を唱えたのに〜(爆)
Posted by eribow at 2007年08月14日 19:58
あっはっは

でも実際、女優さんも、そういうことを知ってやっているんだと思います。
洋服でも「わぁ、夏でも長袖」って思うけど、私達が手軽に用立てる夏用長袖と、彼女らの着てる夏の長袖はカッティングも素材も段違い。
実は「袖なし着てるより涼しい」んです。

着物は、形は一緒だから、すぐに女優の真似ができます。
胴にガーゼのバスタオル、下半身は綿麻の楊柳地のステテコ。これがあれば、なんとこれを着用していないより「暑くない」んです。
これも「女優のテク」です。

んで、バスタオルでやってみたんだけど、暑さが増すだけ。ガーゼのがいいみたい。

ガンバレ、eribow! ぢょゆうへの道はあと少し
Posted by 優妃讃良 at 2007年08月17日 11:55
365キモノを5月からはじめてみて、なにせ思うのはキモノのほうが夏が快適なこと!ベアトップワンピを着た時、お!こっちが涼しくて快適?っておもったのはつかの間と見かけだけ。日差しを浴びる、汗をかく、などしてくると汗吸う、日差しよけるキモノに軍配が上がり☆
娘の桃姫は半そで嫌いの長袖好き。洋服よりも、半そでの甚平よりも浴衣が好き。彼女は何が快適かってオトナよりも知ってるのかも!
Posted by carmen at 2007年08月18日 07:53
>優妃讃良さん
素人考えでは、どーしても袖無しの方が全身を布で包むキモノより涼しいように思えますねえ
重厚な礼装を補正ぐるぐるで着たら、そりゃあ暑いでしょうけど、
サラっと系の下着を下に忍ばせて(笑)綿や麻を身につければ

>汗って、吸い取るものがあると、効率の良い冷却機能だそうな。
なのでしょうねー

ぢょゆう化応援、お願いいたします(笑)

>carmenさん
やぱり「体験」って説得力ありますねー
それに子供の感覚?!正直ですものね
うーん、夏場は家でも浴衣が正解なのかなあ?
Posted by eribow at 2007年08月20日 05:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51239266

この記事へのトラックバック

d97 〜真夏銀座
Excerpt: d97.銀座へいくのだけど、35度予報!茅ヶ崎は30度なのに!!砂が灼熱になる前に麻呂犬の散歩に行きたいのに、休みの旦那の起床は遅く、哀れなんで先に桃姫おぶって散歩。   *******..
Weblog: ☆it's carmen's way☆
Tracked: 2007-08-18 07:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。