2007年08月26日

四十九日に浴衣を着る

 今日はsoyaの四十九日。共通の友人たちと集まって思い出を語り合う会をやった。気持ちの整理がつかないのはみんな同じ。eribowは残念ながら予定合わず。

 形見分けにいただいた着物を着ようかな、とも思ったのだが、袷はいかにも暑い。ちょっと考えて、soyaと一緒に遊んだとき着ていた浴衣を着て、いただいた帯を締めてみた。

49日浴衣.jpg リバーシブルで黄色と鮮やかなオレンジなんだけど、前から見ると単なる黄色の帯だなあ・・・
 例によってsoyaにつくってもらった金魚柄の半襟。会場が私の自宅だったので足袋は履かなかった。
 初七日も同じような会をしていたのだが、soyaのうつっているビデオみて、学生時代の写真みて、思い出話いろいろ。この会をきっかけに久しぶりに会った友人もいた。

soyaが好きだった鹿児島限定の焼酎をわざわざ入手してきたメンバーもいた。私の着物もそうだけど、皆それぞれの形で追悼。




posted by mizuho at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
soyaさんの親しかった方達が集まって、色々思い出を話し合って、大切な追悼の時間を過ごせたことと思います・・・

mizuhoさんの浴衣、帯と合ってすてきですね。ちらりと見える半襟もかわいいです。
着物はずっと着ていけるから、着る度に当時のことを思い出せますね・・・
Posted by ひつじ at 2007年08月28日 09:26
ひつじさんありがとう。ほとんど独り言のような記事が続いてしまったんだけど、コメントいただけて、そばで頷きながら話を聞いてもらったみたいに癒されています。

soyaのことを何か書きたくて、でもどう書いていいかわからなくて、1ヶ月以上たってしまったのですが、今回一連でつぶやかせてもらって、ちょっと気持ちの整理ができたようです。
Posted by mizuho at 2007年08月28日 20:43
mizuhoさんの気に障ることを書いていないか心配でしたが、少しでもお力になれたようでよかったです。
故人への思いは、言葉に出すことでより深くなって、気持ちが落ち着いていくのかもしれません・・・
コメントを書くことしかできませんが、少しでもmizuhoさんの気持ちが癒されますように・・・
Posted by ひつじ at 2007年08月29日 09:11
ひつじさんこんばんは。
本当にありがたかったです。コメントしづらい内容だなあと自覚しながら書いていたので。でも書きたかったんですよね。言葉に出すことってやっぱり大事みたいですね。
Posted by mizuho at 2007年08月31日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。