2007年09月05日

使わなくなった着付けグッズ

 最初に通った(もう10年前)着付け教室が「着付け便利グッズ満載」なとこだったので、長らくウエストベルトを愛用していた。腰紐代わりにおはしょりつくるのに使うゴムベルトのことね。

 伸縮するのでお腹いっぱい食べても苦しくならない、紐がはみ出してきたりしない、あらかじめサイズをあわせておくと着付けも早い、と「腰紐より便利」な感覚で使っていた。・・・なんだけど、ここ半年「やっぱり腰紐」になってきている。

 理由はいくつかあるのだけど、一番は裾が上がってくるということ。ベルトを腰の位置で締めても、歩いていると上にずりあがってきてウエスト位置にきてしまう。
 すべりのいい布だと特にそうで、気がつくと裾が妙に短い、ということが何度かあった。最初はベルトのせいだとは気づかず、自分の着付けミスだと思ってたんだけど。

 お下がりの、丈が短めの着物はどうしても腰で紐を固定しないとおはしょりがとれない。で、腰で決めて着付けるのだけど、ベルトだとどんどん上がってきてしまう。きちんとウエストと腰を補正すれば大丈夫なのかも知れないんだけど、ここのところ補正はしない方向になってきてるんだよね。

 妹の結婚式でプロに着付け頼んだとき、楽なのはベルトだけど崩れないのは腰紐よ、といわれた。それをきっかけに、しばらく腰紐にしてみたら、確かにしっかり腰に固定されて気持ちいい。それに、夏場はベルトより涼しい。そんなわけで、原点に帰る、じゃないけど腰紐派に。

 クリップつきの伊達締めやコーリンベルトも使わなくなったなあ。襟元が崩れないのはいいけど、どんどん詰まってくる傾向があることに気づいてしまった。なんだか半襟がすぐ隠れちゃう、と思っていたんだけど、クリップで長着の襟をひっぱり気味だったようだ。
 やめてから、襟元がすっきりきれいになった。便利グッズ、意外な落とし穴。単に、使いこなせていなかっただけかもしれないけど・・

 逆に、この夏見直したのは着物クリップ。長着を着るとき、長着の襟と長襦袢の襟を後ろであわせて留めておくのに使うほう。
 使っても使わなくてもたいして変わらん、となめて省略したりしてたんだけど、「クリップつき伊達締め」やめてみたら、着付けの時にこれを使うかどうかで襟元の決まり方が全然違うことを再発見。遅いって・・・
 これが長襦袢でなく、肌襦袢+半襟のときにもまた絶大なパワー。別にクリップでなくても、せんたくばさみでもいいんだけどね。

 まだまだ試行錯誤中の着付け。便利を求めて原点に戻っているような。長らく受け継がれてきた知恵にはかなわないってことかなあ?
posted by mizuho at 21:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 着付・髪型・化粧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
某リサイクル着物ショップの着付け教室に申し込みましたよ〜。
今からとても楽しみです(^-^)

やっぱり着物クリップは便利ですか。
でも、あれって結構値段が高いですよね?
洗濯ばさみを加工(着物を傷つけないように)して使えば大丈夫ですよね?
Posted by chiharu at 2007年09月06日 00:05
「なんだか半襟がすぐ隠れちゃう」
やっぱりこれってコーリンベルトのせいですか?
たしかに引っ張る位置で違和感があったんですけど・・

と、私も腰紐派に復活です
Posted by あひる母 at 2007年09月06日 08:29
私と逆ですね。 以前は、腰紐&伊達締めでしたけど、この2年程、ゴムベルト&コーリンベルト。 使い方だけど、ゴムベルトはウェスト位置で、コーリンベルトは相当ユルユルで使ってます。
欠点は、このままだと、襟がつまり気味になることだけど、畳んだ手拭を腰のベルトにはさんでおけば、崩れにくくなるのと、ついでに腰の凹みの補正もできるので、一石二鳥。
日舞やお茶のお稽古で、ほぼ一日着物を着て動き回っても着崩れし難いし、とにかく帯周りが苦しくなくて、暑くなり難いのが利点。
最適な着付けはほんと人それぞれだな〜と改めて思います♪
Posted by ぶり at 2007年09月06日 08:48
以前1回だけ行った無料の着付け教室で、「洗濯ばさみでは着物や帯の生地が傷むから、着物クリップを買ってください」と言われてました。
仙臺屋さんの共同購入だと結構安いですよ。
コーリンベルトは自分で着るようになってからは使ってないです。理由は脱いだ時美しくないから(爆)
Posted by こだま at 2007年09月06日 09:13
私もぶりさんと同じく、腰紐からコーリン&ウエストベルトに移行しました。
着付けの時間が短縮出来る(巻いてから皺などの修正が出来る)からという単純な理由からですけど。

ウエストと腰紐の位置の差があまり無いので、ズレ上がらない体型だからでしょうね、崩れません。(嬉しいやら哀しいやら…)
Posted by つむパン at 2007年09月06日 18:17
皆様こんばんは! コメントありがとうございます!

>chiharuさん
着物クリップ、やっぱり便利です。この前うっかりつけたまま家を出てしまいましたが(汗)。
私の行きつけ(?)の激安呉服屋、三笠屋では結構クリップ安いです。ひとつあればいいものだし、何人かでセットを買って分けてもいいかもしれませんね。

>あひる母さん
半襟がかくれてしまうのは、長着の襟をひっぱりすぎてるせいだと思うんですよね。クリップって案外強力なので。でも使い方次第という気もします。

>ぶりさん
おおっ! ベルト派でしたか。そうなんです、ウエスト位置で使う分には問題ないんですよね〜伸びるの楽だし。マイサイズでない着物ばかりだというのが問題で・・・
伊達締めなしでコーリンベルトですか? なしだと確かにそちらの方が涼しいかも。手拭をはさむの、今度やってみます。

>こだまさん
確かに洗濯ばさみは、いい着物には使えないですね。でも着付け教室では使ってました(記憶おぼろげだけど・・・)。そのときはウールとかしか着なかったから問題なかったのかな。
脱いだとき・・・うーん。ベルト以前にいろいろ美しくないかも・・・長襦袢着ないでごまかしてること多いし(汗)

>つむパンさん
そうですか〜案外ベテランさんにベルト使ってる方多いんですね。そうすると、この先またベルトに戻ることもあるのかも。ちゃんととっておかなくては。うーん、着付けは奥が深いです!
Posted by mizuho at 2007年09月06日 23:07
私はゴムを全部やめた派です。使い方が悪いのか、コーリンベルトは襟がつまるのがいやで仕方なかったので。

腰紐もゴム派の方々と同じでマイポジション作れば快適ですね!腰紐どころか、ものすごく細い綿紐を胸紐(伊達締め代わり)にすると夏は涼しいです。

キモノクリップは雨の日のキモノの裾を帯上と揃えて留めて上からレインコートを着るときにも活躍です。抑えるところが真たいらなのが長所かな。
Posted by carmen at 2007年09月08日 08:24
ゴムの腰紐もコーリン・ベルトもダメな口です。
着付け教室出身じゃないのが災いしてか、うまくサイズ調整できないんです。
ゴムって「伸びるからいいかげんでもOK」って思うけど、締めつけられて苦しいし、緩ければ意味なし。果ては「古くなって伸びてくる」ので、調整不要ってわけにもいかない。着る着物の厚みでも差異が出るし。
ずーっとほっぽっておいたら、ぐでぐでに伸びきってしまって全く使い物にならなくなりました。普通の腰紐で「使えなくなった」ものなぞ一つ化繊にすらもないのに、ゴム製はダメですわ。

というわけで、私にとっては、普通の腰紐の方が微調整が可能なだけに便利です。
Posted by 優妃讃良 at 2007年09月10日 21:17
carmenさん、優妃讃良さんこんばんは! コメントありがとうございます。ちょっと体調崩してまして、お返事遅くなってごめんなさい。

>carmenさん
あ、同じように着てたんですね〜。なんだか嬉しいな。きものクリップ、いろいろ使えますね。最近出先で着替え、ってのがちょこちょこあったので、クリップをかばんに常備するようになりました。

>優妃讃良さん
確かに、ゴムは劣化するというのはありますね〜。寿命どのくらいなのかなあ。古いコーリンベルトを貰ったらすでに駄目になっていた、ってのもありました。
腰紐も慣れですね。着物着ていると、紐一本の便利さに感動したりしますね。
Posted by mizuho at 2007年09月13日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。