2005年07月28日

浴衣まわりの小物たち

光るかんざし  入手経路:呉服屋
  値段:800円くらい

 今年、店頭で浴衣セールの小物を物色していて見つけました。店員さんの「これ、暗い所で光るんですよ」の一言でキマリ(爆)。この頃、よくお祭りで光るグッズ売っていますよね、子供向けやギャル向けの(笑)、アレです。浴衣と遊び心がぴったり合ってる気がしました。


赤い縞の鼻緒の下駄 入手経路:生協
 値段:3000円くらい

 生協カタログの中で手頃な値段の下駄を発見。中学校3年以来(古〜)のしかなかったので、そろそろ買ってもいいかなと申し込んでみました。カタログ販売では多々失敗もしてきた私ですが、これは久々のヒット!(祝) 履いていることを忘れそうな履き心地です。縞もいいでしょう?


青い網網バッグ 入手経路:洋服屋
 値段:3000円くらい

 洋服用にもともと持っていたもの。海っぽい色と、涼しげな網目、玉を繋いだデザインの取っ手が、とってもマリーンで、夏の服にはほとんど何でも合わせられて、重宝していました。濃い青がジーンズに合う。これがまた浴衣にも合う〜(笑)。大活躍のお気に入りです。
 バッグに関しては、断然和洋兼用派の私です。この考え、きくちいまさんの影響なんですけどね。和洋分けるのは、収納場所もお金も二倍かかかるしねぇ。
 夏ならアジアンにいい物が沢山あります。フェアで見たハワイアンもよかったなー。着物って、もともとインターナショナルで懐が深い、海外文化との融合が楽しめるアイテムなんだ、って気づかされる小物です。
posted by eribow at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | eribowの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。