2007年09月14日

久しぶりの単衣

 夏はずっと浴衣でした。薄物が相応(ふさわ)しい場面でも、木綿着物風浴衣に長襦袢を合わせて済ませてしまった(^^; 昨年も一度も薄物を着なかったので、今年こそ着るぞ!‥と思っていたのになあ(反省)。
 着物「遊び」なので、厳密にルールには拘らず、暑ければ夏物でいいと思っていた私ですが、昨日はちょっと涼しかった。やっと単衣が着られる!と飛びつきました♪

 目白のカフェ「花想容」にて。
kasoyo hanashiika 002.jpg 着物 :0円(いただき物)
 帯  :5,250円(リサイクル屋)
 帯揚げ:3,000円(絞り染め体験)
 帯締め:1,000円(呉服屋)
 足袋 :980円(イベント)
 草履 :3,150円(呉服屋)

 お着物は、かづこさんよりお譲りいただいた紬。軽くてすべすべしてとても着心地がいいです♪せっかく涼しくなったから、温かみのある色合いで。
 帯は、初めて自分で買った帯。写真で見ると光ってますね、紬にはいまいちでしょうか(汗) うーん秋なのに白&紫?と迷ったんだけど、実は先に決まったのは帯揚げ。3月にココで絞り染め体験したので、身につけて行きたかったのです。それにちょうどこの帯の紫が合ったの♪帯揚げも合わせました。
 写真には撮ってませんが、髪飾りはちびびさんから買い取った紫のストーンのコームで夜会巻です。

 久々に「しっかり」着たなあ、という感じ。お太鼓結びが新鮮です。浴衣は、襦袢省略は、楽だけど、ヤッパリ着物はええなあ(はあと)。そして‥ふつふつと胸にこみ上げる幸福感、高揚感。ああ、これだ、これがよくって私は着物を着てるんだ、と感じました。
 浴衣しか着られなかった頃、恨めしかった長い「着物シーズン」が、これから楽しみです♪

 赤き血を 単衣包みて 秋の庭 〜衿女

posted by eribow at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次の季節を待ち遠しいと思う気持ち、同感です。
私も単衣を通り越して、袷が着たくて着たくて…春の袷の頃は、早く単衣が着たくてたまらなかったというのにね。(笑)

ピンクの紬、とっても良くお似合いです。私もピンクの紬に袖を通してみたくなっちゃった。

Posted by つむパン at 2007年09月15日 13:13
>つむパンさん
「季節を追い求める感覚」、タマラナイですよね〜♪
うるさい決まりごと言いっこなし、と思おうとする反面、
季節に「合わせる」という制約の楽しみにドップリでもあります

この紬さし色に好きな色合いの紫が入っていて、着ててとてもうきうきする一枚なんです
つむパンさんもピンクの着物でぜひうきうき気分を♪
Posted by eribow at 2007年09月16日 15:01
先日、草木染め行ってきましたよ♪

それにしてもピンク
お似合いですね〜
Posted by あひる母 at 2007年09月17日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。