2007年09月20日

着物で「交通安全」

hatamochi 002.jpg 昼間着物でお出かけしてたのですが、小学校の下校時の交通安全PTA活動のお当番に直行しました。学校から配布された黄色い旗を持って、角に立つのです。

 本日のこしらえは、黒地の浴衣にざっくりした生成りの七宝柄単名古屋帯。あれれ、写真見たら袖が変?(汗) 

blackyukata.jpg 着物:0円(いただき物)
 帯 :0円(いただき物)
 帯揚:1,000円(イベントの出店)
 帯締:1,000円(イベントの出店)
 麻足袋:980円(イベントの出店)
 下駄:300円(フリマ)

 遅れそうになったので、二枚歯下駄で走って汗だくです。校門前に駆けつけると、いつもお世話になっている副校長先生が満面の笑顔で「うわー、ありがとうございます」(<意味不明)運動会の出し物で盆踊りをやるので、その練習に来たと思われたのでしょうか?(^^;

 たくさんの子供たちと顔見知りです。不思議そうな顔をしつつもニコニコしています。予想に反してさほど騒がれもしませんでしたし、喜ばれもしませんでした(^^; が、表だって反応なくても、(特に女の子には)この着物姿が原体験として刷り込まれてくれればな、とちょっと期待しました。
 息子の保育園時代の同級生の闊達な女の子には、「Kちゃんのお母さん、どうして浴衣着てるの?(大声)」と聞かれました。よく“着物”を着てるとその台詞を聞くのですが、今日は本当に“浴衣”よね(笑)。

 下校する息子たちといつもの仲良し君たちと合流して、旗持ちながら一緒に帰りました。
 意図しての学校行きではなかったのですが、まあ、「意味もなく着物」の一環としてちょうどよかったかな?(^^;

 下駄鳴らし 息子お迎え うろこ雲 〜衿女

posted by eribow at 20:08| Comment(25) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、あずこと申します。

私も小学校の子供がおります。
そして、着物が大好きです(^^

着物生活をもっと工夫して
楽しめるように頑張ります♪
ご迷惑でなければ、
参考にさせてください(^^
また、遊びにきたいです。
宜しくお願いします♪
Posted by あずこ at 2007年09月20日 22:09
今年もやるんですね、盆踊り。見に行こうかな。
Posted by こだま at 2007年09月21日 08:42
>あずこさん
はじめまして♪コメントありがとうございます

「小さい子供がいても着物は楽しめるんだ」
「特別な機会ではない、日常にも着物姿は入り込めるんだ」ということを、
図らずも強調できる出来事になりましたのでUPしました(笑)
肩の凝らない、いろいろ煩くない、日常着物に共感いただければ嬉しいです
今後ともどうぞよろしく♪

>こだまさん
ぜひ、浴衣でおいでになって、一緒に踊ってください!>先輩ッ

Posted by eribow at 2007年09月21日 20:22
いつも楽しく拝見しています。

着物啓蒙活動ご苦労様です。
私も若い方がどんどん着物を着てくれるようになるといいと願っている一人です。

あなたのおっしゃること、とてもよくわかるのですが、一つだけ言わせてください。

着物は自分のサイズにあってこそ美しいと思います。あなたの着姿を拝見いたしますといつも裄が短いような気がします。
リサイクル品を主にお召しなのでしょうがそのまま着てしまうのはあまりにも無頓着過ぎると思います。

啓蒙活動を続けていかれるのなら、見る人が美しい、と思える着姿を心がけるべきと思います。何もお誂えの高級品を着る必要はありませんが、女性のたしなみとして、だらしない着方を着物初心者に見せるのはどうかと思いますね。
Posted by あずさ at 2007年09月21日 20:38
>あずささん
はじめまして、コメントありがとうございます

>着物は自分のサイズにあってこそ美しいと思います。
この辺は、考え方それぞれですね
私は、サイズが合っていれば「すごく」美しいと思います
でも、サイズが合っていなくても美しいと思いますよ!
(平行線だと思いますので、重ねてのコメントはご遠慮くださいね)
着物は美しいです!和服は美しいです!
かかしが着てたって美しいです(錯乱)

3年目に突入して、やっと「裄」に対する視線を発見しました
それまでは、裄丈を意識したことなんてなかったですよ(^^;

サイズ直しは、うーんと高い着物を買える人が、それに相応しい値段で外注するか、
そうできない庶民が自分で直すか、どちらかです
ところが、かつては家庭の常識であった自力でのサイズ調整の技術が失われている
かといって、身の丈に合わない(購入した価格より高い!)お直し代を
払う選択肢を選べる私ではありません(だんなに怒られる!)

「裄の合った着物を着る」ためには、財力か技術が要る

そして、現代の庶民の殆どが、両方ともないのです

このままでは、着物は一部の人のもののままでしょう
そして、それは「衰退」を意味します
「滅亡」を意味します
(その危機感はありますか?)

今は「一部の人のもの」から「誰でも」へ切り替えるための過渡期だと思うのです
私は「裄を直すお金も技術もないから、着物は着ない」という状況を
打開するために「お直し和裁」という新しい試みをしています
もし、それが達成できた暁には、あずささんがご満足いただけるような
「美しい裄丈」が達成されると思います

それまでは、「だらしない着方」をお許しいただけないでしょうか?
はなっから仕立てる財力、丈直しできる財力がある方、
和裁も苦にしないような女らしい裁縫能力が高い方、
「恥ずかしい着方をするくらいなら着ない」と諦められるくらいの
着物への愛着の薄い方には、「それでも着たい」という
私のような貧しい着物病患者の気持ちは分からないと思います

もし、開き直って「いいじゃん!」と言っているのなら決裂ですよ
でも、私は「お直し和裁」研究に努力しているのです
それは、たぶんあともう少しで達成されます‥1年?2年?
それまでは、どんなに罵詈雑言を浴びせられても、裄の足りない着物着ますよ
だって、裄を直す文化を滅ぼしたのは私の責任じゃないから
そして、裄を直す文化を再興させるために努力している途中だから
「裄が短い着物しかないなら和服を諦める」という人々が
日本文化を破壊したことを悲しんでいるから
そして、お直し和裁が確立するまで着物を着ない、なんて我慢できないから(^^;

そしてもう一つ付け加えるとすると、「裄の短い着方」もアリだと思うのです
裄が短くて美しくないのは、上流階級の着方です
着物スタイルは世につれ、人に連れです
洋装にだって、七分袖もあるじゃないですか
私の普段着物は、「七分袖」デス(^^;;;
家事や農作業にはこの方がいいんですよ!

Posted by eribow at 2007年09月22日 00:24
つけたし。
あずささんの美意識で言うと、
もちろん、着物着てるときは全速力で走っちゃダメですよね?(^^;

それにしても、何を美しいと思うか、何を醜いと思うかは、人それぞれですよねえ
私は、割と「見えないものの美」へのこだわりが強いかも(遠い目)
Posted by eribow at 2007年09月22日 00:36
こんにちわ。
私も普段から着物を愛している一人です。
礼装以外の着物をこよなく愛し普段から着ています。当然大金持ちではありません。洋服を着るように低予算で着物を着る人間が増えれば良いなと思っています。
あすささんへの反論ですが、自分の意見に添わない事は全て全力で否定なさるのはどうかと思います。
ひとそれぞれと仰るなら人の意見に賛同する姿勢も大事ですよ。
その考えのままの普及活動では単なる押し付けで、都合の良い押し付けになってしまいますよ。
裄の短い着物を着るのはリサイクル着物を着る以上仕方のない部分も確かにあります。
しかし、安いからと云うだけであからさまに体に合わない物をやみくもに買うのは結果的に高くつきます。じっくり探すと云う方法を選ぶ事も必要。着るのなら裄のあった羽織りを併せるとか、見苦しくない工夫はお直し以外にもありますし、ポーズでも隠せます。
そして、家事や農作業では短い裄が良い。これも分かりますが、では貴女は野良着で銀座に行かれるのですね?
そんな事を望んで着物を着たい方は一体何人いるのでしょうか?
そんな事を仰る方が普段着の着物を啓蒙しているなんて、同じ着物を愛する人間としてどうかと。
洋服の感覚でも野良着では銀座に行かないですしね。
Posted by ゆうこ at 2007年09月22日 09:27
こんにちわ、
この写真のeribowさんの場合だと、「裄が足りない」のも多少はあるようですが、もう一つはポーズの問題もあると思います。
着物って、ぴったりサイズに仕立てても、このポーズを取ると腕出ます。
「ぴったりの裄」の考え方も、最近の呉服屋さんの行う「腕を45度に下げて、巻尺で計る」のと、昔から行われてきた「腕を水平に上げて、ニ尺ものさしで計る」のとでは、人によっては10cm以上の差を生じます。45度式はこういった腕を下げたポーズでも腕がにょっきりなんてことはありません。着慣れていない人で振袖など礼装オンリーの増えた最近ではこちらが適しています。私も黒紋付は45度式で仕立てました。
一方、従来式はどうしてるかといえば、もう「居住まいを意識する」につきます。
腕を若干曲げて、胸元辺りで手を交差する。これが基本です。風呂敷を両手で抱えるとこのポーズになります。
この状態で手首と袖口をそろえます。

消えてしまったものには、こういった「居住まい」というのもあります。

ざっかけない横丁のおばちゃんが、腕まくりと等しいような腕出して、ザカザカと家事してたのが、来客で玄関に応対に出るときには、襟と裾を整えて、サっと袖をひいて出るなんて、着物が一般的だった頃には常識の所作でした。
「七五三の次の着物を着たのは成人式の振袖」なんてお嬢さんが、今ひとつ、「着物に着られている」と感じるのも、この所作の所以かと。(振袖だと、袖が長いので、居住まいの考慮点は普段着物より、もーっと増えるんです。)

eribowさんは、色々と準備段階ですから、こういったことも、併せて考慮されるともっとステキになりますョ。
私も、いまだにウッカリすることも多く、しかも、そのウッカリ状態で写真に写っちゃうこともあります。
一緒に慣れていきましょう。
Posted by 優妃讃良 at 2007年09月22日 09:30
こんにちわ。
私は、eribowさんのサイトに出会って着物に対する忘れていた思いを呼び起こされました一人です。eribowさんのような方がいなければ、着物は遠い存在の、記念日、行事で着るだけのもので終わっていたと思います。
リサイクルの着物は確かに自分のサイズにあったのを探すとなると大変で、そのため
若干サイズがあってなくても、着ることになります、でも、着れた喜びに目覚め、そこから、色々勉強して美しい着物姿に近づいていくのだと思います。
裄等のお直し講座、着物のイベント等を企画して、出向き、場を提供し、実際に行動しているeribowさんに対する厳しいコメントには胸が正直痛みました。
Posted by かずみ at 2007年09月22日 10:31
はじめまして。いつも楽しく見させていただいています。

>eribowさんのような方がいなければ、着物は遠い存在の、記念日、行事で着るだけのもので終わっていたと思います。

まったくその通りだと思います。
そして私も、厳しいコメントには胸が痛みました。というか着物を着るのが怖くなりました……。

>洋服の感覚でも野良着では銀座に行かないですしね

野良着同様の格好で銀座に行っている人もいますよ。何で「行かない」と決め付けるのか不思議です。
「銀座を野良着で歩く人がいるなんて許さない!キーッ!」て言う人は確かにいると思うけど、銀座だって街の一つですし、何を着ていくかなんて自由じゃないですかねぇ。
Posted by T at 2007年09月22日 10:58
ここにみなさんが書いていることは、それぞれ一理あると思います。

裄が合っている着物はやっぱり断然美しいです。美しいとわかっているから堂々と着られて、その分、着姿がより一層、美しくなることでしょう。

でも、リサイクルで裄がぴったりの着物を選ぶのは困難なため、多少のサイズ違いには目をつぶらざるを得ない人が多いのも現実。

ただ、裄の長さの違いといったって、せいぜい4、5センチの話。世の中の大勢にはまったく影響しません。「人は人、自分は自分」でいいんじゃないでしょうか? 

Posted by こまば at 2007年09月22日 15:51
こんばんはっ(^^
あずこですぅ

着物って難しいですね。
皆様いろんな事を知っていて
素晴らしいですね!
私ももっと勉強します!

私の勝手な体験談なのですが、
着物が好きだけど、
手入れの仕方や着方を何も知らなくて、
勿論、手元には何も持っていませんでした。
ただ、3年ほど前に、親戚の集まりの席で、着物が好きだと言ったら、
親戚から着なくなった着物が、
どんどん送られてくるようになったのです。(^^;
ちょうど、着付けの先生や、
日本舞踊、三味線などをやっている
親戚が多かったのです。

でも、どうしていいのか分からず、
着物=桐箪笥
って、単純な発想で、
最初に購入したのが、
自分の着物ではなくて、桐箪笥でした。。

その桐箪笥に、
もらい物の着物を詰め込んで、
次に本屋へ行き、着付けの本を購入し、
送られてきた着物と帯、その他小物を
苦労しながら、名前を覚えて、
何度も着付けをして、
どうにか一人で着れるまでになれました。
でも、着物について教えてくれるような人は近くにはいないので、
(親戚は遠方ばかり)
ひたすら、いろんな着物の本を読みあさり、少しずつ知識が増えた感じです。

それまでは、長い?短い?を意識する余裕も知識もありませんでした。

私は身長があり、手足が長いので、
リサイクル、もらい物はすべて短いです。
でも、普段着は短くていいと
自分のブログでアドバイスを頂いたことがあったので、普段着の時は,自分の許容範囲なら、気にしないようにしました。

訪問着や、自分のこだわりたい着物の時は
自分サイズに仕立てております。
頂き物で自分のサイズに合っていない
着物を正式な席に来て行くのは、
相手に失礼かな?って私が勝手に思っております。

そんなこんなで、
私は、普段着と礼装で分けながら、
着物生活を楽しんでおります(^^♪
近所の着物屋さんとかでも、
着方が悪いと怒られたり、
「こうするといいよ」など、
アドバイスを貰いながら、
日々、着物知識を増やして楽しんでます♪

今は、仕事で何も習い事ができませんが、来年には、時間を作って琴や和裁を習いたいと思っています。
第一希望は琴なんですよ(^^
そしたら、きっと今以上に
着物生活が充実するのかなぁ・・?
考えるとワクワクします♪

何かあればアドバイスをいただければ嬉しく思います。
これからも宜しくお願いしまっす♪
Posted by あずこ at 2007年09月22日 18:57
以前eribowさんは、和服を知らない若い子の浴衣姿についてあれこれおっしゃってましたが、
今回は、着物初心者のeribowさんにあずささんが「アドバイス」してさしあげたというだけのことですよね?
ゆうこさんのおっしゃるような「全否定」だとは感じないんですが・・・
eribowさんも「アドバイス」だと受け取ったからこそ、「お掃除」せずにきちんとコメント返されたのではないでしょうか。
自分にとって耳触りの悪い言葉を否定していては人は成長しないと思いますけど。
裄に対するeribowさんのコメントも基本的には理解できました。

>「恥ずかしい着方をするくらいなら着ない」と諦められるくらいの
着物への愛着の薄い方

これは厭味かしら?と思いましたが(^^;
ちなみに私は「恥ずかしい着方をするくらいなら着ない」派です。
手持ちの着物の8割がリサイクル&アンティークですが、
サイズが合わなかったり状態の悪い物を妥協して買うことはありませんし、
どうしても気に入って買ったものは手入れやお直しをしてから着ます。

eribowさん、お直し和裁の習得がんばってくださいね。
私は今はプロに頼んでいますが、いずれは自分でできるようになればと修行中です。
Posted by AYA at 2007年09月22日 19:08
こんにちは

最近着物に目覚めた者です。
わからないことが多くていろいろなブログを覗いてますが・・・

着物を着ずらくさせてるのは、今現在着物を着ている人たちのような気がします。

洋服は破けてたって、短くたってなんだってありなのに、着物になると 短い、着方が下手とか 本当にうるさいです。

TPOを考えるのは洋装も和装も同じでしょうが、少なくとも普段 街を歩くのに
着物ってだけでごちゃごちゃ言われると、ますます着物は遠い、お金持ちだけ、もしくは年配者だけのもの という気がします。

大体、銀座って、そんなにきちんとした格好で歩かなければならない場所でしょうか?ブランドで固めて高級な服装でなければならないとしたら、まず、リサイクル服 と言う時点で、合わないでしょう。

着なれている方達なら、こうすればもっときれいに着付けられるよ、とか、着物できれいに見えるポーズはこうだよ、とか、今の時期ならこういう柄が合うよ、とか、親切なアドバイスってできないんでしょうか?

初心者は、着物を、これで良いのかな、おかしくないかな?・・・と ドキドキしながら着てるんです。
最初から、『着物を着られて楽しい』、という思いを凹ませないでほしです。





Posted by 初心者 at 2007年09月23日 02:13
おかしいのかな?
と思う初心者にはこれはおかしいんだという事を知る事が自信に繋がるのでは?
洋服感覚とは云え、着物は伝統衣装です。
そしてある程度の決まり事を守る事も楽しみのうちです。
おかしいことはおかしい。これは間違いない事実なのですから。

そんなのどうでもいいと思うのならおかしいのかな?などと思わず勝手に着れば良いのではないですか?

普段着は裄は短めでよいのです。
しかし、短すぎはおかしい。
スーツで袖やズボンがツンツルテンの人を見ても別に誰も責めませんが、おかしいとは皆心の中で思うでしょう?
そう言う事です。別にやってはいけないことではないのです。


銀座は別にブランド品を着ていかなくてもいいけれど少し御洒落をして行きたくはないですか?そのために着物を着たいのではないのですか?
御洒落の価値観は人それぞれですが、野良着では自分が淋しくないですか?
別に平気よと言うなら別に止めませんが。
せっかく着物を着て出かけるなら少しでも綺麗に着たいとは思いませんか?
Posted by 初心者の方々へ at 2007年09月23日 08:35
ウワー、たくさんのコメントがついてるう(汗)
いえ、こういう「反論」的な展開は「議論」を誘発しがちだと分かっていたのですが‥
あれだけ書いても結局自分の発言気に入らず
削除しようと思っていたんですが、もうこうなったら削除できないですねA(^^;

それでも、一方的な言い捨てがなく、「貴女はそう思うかもしれないけど
私はこういう立場で考思います」という発言に貫かれていて、
かずみさんのようにただ「胸が痛みます」という“心に寄り添う”だけの言葉を寄せる
実に「目に見えないところが美しい」(<最近気になるキーワード!)お言葉もあって、
少しばかり感動しました(うるうる)
人を認めて発言のできる人が読者のほとんどなんだ!と気づいて、
心から感謝の気持ちがわきました ありがとうございます!!

優妃讃良さん
>ざっかけない横丁のおばちゃんが、腕まくりと等しいような腕出して、ザカザカと家事してたのが、来客で玄関に応対に出るときには、襟と裾を整えて、サっと袖をひいて出るなんて、着物が一般的だった頃には常識の所作でした。

このような、具体的な例で「実際あった過去」を教えていただけるのが
いつも本当にためになります ありがとうございます!

>AYAさん
>ちなみに私は「恥ずかしい着方をするくらいなら着ない」派です。
手持ちの着物の8割がリサイクル&アンティークですが、
サイズが合わなかったり状態の悪い物を妥協して買うことはありませんし、
どうしても気に入って買ったものは手入れやお直しをしてから着ます。

このように、人にも納得できる「私はこうしています」
という違う立場の方の書き込みは大歓迎です ありがとうございます

>かずみさん >Tさん
>私は、eribowさんのサイトに出会って着物に対する忘れていた思いを呼び起こされました一人です。eribowさんのような方がいなければ、着物は遠い存在の、記念日、行事で着るだけのもので終わっていたと思います。

こういう方が一人でもいらっしゃっただけで、本望です!!!(感涙)

さらにあずこさんのように、お琴を始めたい、とか、
「これからの着物ライフ」を暖かく穏やかに嬉しそうに(笑)語って下さる「建設的な」発言も、素晴らしかったと思います。

初心者さま、誤投稿削除しました
でも、一般人とか初心者というHNは、通りすがりなどと同じく、
捨てHN(=匿名性が高い、名乗る意志を見せない)にありがちなので
ちょっとドキっとしました(^^;
うっかり「お掃除」してしまうかもしれないので、
できれば「また書き込む時に使うかもしれないHN」でお願いしますね
普段HN生活していない方だと、照れちゃうかもしれませんが♪

あずみさんへのお返事の際は少しヒートアップがあったかもしれません
後で思い直したら こまばさんの
>ただ、裄の長さの違いといったって、せいぜい4、5センチの話。世の中の大勢にはまったく影響しません

その通りだと思います(大笑い)

家でTVみてて、日本の古い映画にチャンネルが合ってて、
本筋と関係ないシーンで、着物姿の女性が小さく写ってはっとしました
キチンとした襟元、美しく結い上げられた黒髪、完璧な化粧‥
筋を追っていないので分かりませんが、「銀座のホステスみたいだなあ」
と思いました
その寸分も隙のない美しさは、確かに「着物姿ってこうあってほしいよなあ」とか
「こういう女性になりたいという憧れをかきたてるよなあ」と思わされました
もしかして「美しい着姿」を望む人って、こういうのがイメージなのかも??
もし私が銀ホスの更衣室かなんかに紛れ込んだら、
「何この薄汚いオバハン」と苛められるでしょうねー(^^;

敗戦後、「女性がジーンズをはくなんて(美しくないから)けしからん」
という昔の大人は少なくなかったそうですよね
林檎の静物画で有名なセザンヌの絵は当時
「不道徳、汚らしい」と散々の評だったそうな
それ以前の「常識」の世界を思い描いてみるとその意見もなるほど、
と思える部分がなくもないのですが、現代の視線からすると
「そんなに強く否定するほどのこともないよなあ」
「振り返ってみればその前の時代の方が堅苦しくて魅力ないなあ」
と見えたりもします

「着物を着る人は増えるか?」「着ることは楽しくなるか?」
私の判断基準はすべてここから来ます 
「裄の合った着物でなければみっともないから着て歩くべきでない、
みっともない着姿は結局着物ファンを減少させ、
また美しい日本文化を破壊する」
という意見と、私の
「細かい美には強くこだわらずまずはお金も手間もかけず着ること重視、
人から見た美しさよりも、着る本人の楽しさが重要で、
雑駁な着方の底辺が拡大することで結局は日本文化は底上げされる」
という私の意見は、交わらない気がします
私は自分の意見に自信を持っていますが、
その結果が現れるのは10年、20年先のことでしょう
それまでの間は、あまり議論をしても益はないですね
結果で語るのみです!

あんまり開き直ると、いつも陰で着姿を叱られる着物友に怒られちゃいます(汗)
このくらいにしておきますねA(^^;
Posted by eribow at 2007年09月23日 09:17
>初心者の方々へ さま
入れ違い失礼いたしました

「お洒落したいから着る」は私の場合その通りですので、全く納得です

ただし、お金も、(優妃讃良さんご指摘の)所作の面も、
私はまったく足りない人間です
パーフェクトには遠いし、レベルを上げることは限界があるんです(しょんぼり)
私はいい例ではありませんし、自分に満足もしていません
街中で「おかしいよ」と笑われていても、仕方ないと思ってます

日本人の欠点は完璧主義です
よく、英会話ができないという話題で言われます
私は身振り手振りのカタコトで構わない、まずは使うこと派です
それで「テストでいい点」は取れないかもしれませんが、
「本当に使える」ものにその中でなっていきます
私は、何においても「インチキ主義」かもしれませんね(^^;
Posted by eribow at 2007年09月23日 09:24
こんにちは。着物好きの一人です。裄云々より、「交通安全の旗振りに浴衣で」が気になったので、初めてコメントします。普段の生活に着物を取り入れることは個人の自由だし、私もそれに近い生活をしたいと思っていますが、どんなに譲歩しても洋服より着物のほうが「あがきが悪い」のは事実です。交通安全の旗振りをするなら、何かの時にさっと動ける格好の方がいいのではないでしょうか?もちろんあなたが、目の前で子供が転んで車が突っ込んできたら、着物を着ていようがいまいが、飛び込んで助けようとする人だろうということは、ブログを読めばわかりますけどね。(笑)「じゃあ、小さい子供をつれて着物での外出なんてできないじゃない。いつ何があるかわからないんだから。」という声が聞こえてきそうですが、それは違います。自分の子を連れて着物を着て外出し、事故があったときに着物に足をとられて子供を助けるのが一歩遅れたとしても、それは自分の責任です。でも学校の交通安全の旗振りは、半分公の仕事、自分の子供だけでなく、その他大勢の子供達の安全を見守る仕事です。どうか、その時、自分の置かれた立場、果たす役割に合ったかっこうをしてください。そして、プライベートでは、思う存分、多少の裄足らずなど気にせず、着物生活を楽しんでください。着物生活の楽しさって、そういうメリハリにあるような気もしますし、その方が、普段着物に対する周りの理解も深まると思います。
Posted by nao at 2007年09月23日 11:12
naoさんの意見ごもっともです。昨年交通安全の役をやって感じた事を意見します。子供達の安全を見守るもっとも大切な命の掛った仕事です。そもそも黄色の旗を持って立つのは着物普及とは関係ない、子供達の命を預かる大切な仕事。これにすら立たない親もいますが、それは置いといて、裄丈とか、寸法とかより、
TPOは考えようよ。子供だって今日は秋祭り?とか勘違いしちゃうよ。あとこの写真は誰が写したの?道行く人?旗当番真剣にやったのかな?後でネタにする為にやったとしたら、それは旗当番を軽んじていた事になると思ったので、あえて書き込みました。とっさの時に下駄よりスニーカーのほうが絶対走れると思うから。人の子供も自分の子ぐらいの気持ちで私はやっていたから。これに又誰か書き込みして来るだろうけど
あんまり落ち込まないように。TPO考えよう。あと銀座にユニクロもあるし、汚い格好も一杯いたよ。今日行ってきた。着物で。前も言ったけど、ステイタスで着る人と楽しく着てる人の違いだから、有りがたいお言葉として受けとめておきなさい。セザンヌとか例えに出すから『デカイ事言う割に』とか言われちゃうでしょ?(笑)右から左に受け流すのも公にサイト開いてる以上仕方ない事だよ。
 








 
Posted by erineko at 2007年09月24日 03:16
初めて書き込みます。一児の子を持つ父親として少し感じることがあったもので…。私は着物については何も分からないし、誰が正しくて誰が間違っているとかについては何も言えません。ただし、第三者の客観的な意見として、ここのサイトを見、書き込む皆さんの心の隅に少しでも意識しておいて欲しいと思うことがあります。私はここの書き込みを見ていて恐ろしいな、と危機感を覚えています。皆それぞれの立場、意見があって書き込んでいることは理解できるのですが、少し皆さん一歩さがって冷静にそれぞれの立場をお考えいただきたいのです。Webは非常に無法地帯です。今、子供達の世界でも学校の裏ホームページというものが存在し、その中での陰湿な誹謗中傷、いじめが広がっています。ここに書き込んでいる中にもお子さんがいらっしゃる方もいらっしゃる訳でしょう?ここは誰もが見ることの出来るサイト。子供達だって「きもの」と検索して読むことが出来るわけです。私達大人にはそういう意味で責任があるのではないですか?私は着物を正統に着るとか着ない云々以前に、ここを皆さんに問いたいのです。匿名で書き込むという行為を利用して好き勝手を書き込む方が出来る事。これは凶器にもなるし倫理観に欠けることもある。私達大人がこのような状況で、これからの未来ある子供達へどれだけの影響、波紋が広がるのかということ。意識すべきだと私は思います。子供達を追い込む環境を、もしかしたら私達自ら作り出している「可能性」があることを、大げさかもしれないけど意識すべきではないでしょうか?…匿名というのは自分だとバレない分、非常に卑怯者にもなれる…。自分の書き込んだ内容で相手がどれだけ傷ついても分からないし、関係ない…。このように感覚が麻痺してしまうこと、怖いことだと思いませんか?私も匿名だけれど、ここは忘れないようにしたいと思います。ここを忘れたら、どんな綺麗な着物を着ていても何か寂しさが残る気がして仕方ありません…。
Posted by TS at 2007年09月24日 04:10
私のせいで賑やかに(^^;なってしまっていて、ふと考えると
「共同」の看板掲げてるmizuhoに一番申し訳なかったです ゴメンネ

>erinekoさん
>右から左に受け流すのも公にサイト開いてる以上仕方ない事だよ。

そうだったんだよねー(遠い目)
最初に長々書いちゃったのが大失敗(^^;
「ネットは議論に向かないツール」と常々思っていながらウッカリしました

ちょっとだけnaoさんerinekoさんからの問いに補足すると、
「交通安全」の旗を持ってはいますが、メインは
おはようおかえりの「あいさつ運動」と
昨今メディアを賑わしている「不審者対策」‥大人が見てるよ、
というデモンストレーションのためにやっています
子供たちと自分の親以外のお父さんお母さんのコミュニケーション、
道の歩き方や、ふざけていじめてる子がいないか、など、
子供へ「目をかける」ための運動でもあります
もちろん、交通安全対策でないわけではないですが、
飛び出して子供を救うような交通の場ではなく、
主な仕事は、旗を持ちながら集団下校する子供たちとぶらぶら帰ることです♪

写真は、昼間の「用事」の際に撮影しました
浴衣で旗を持った姿はさすがに撮影してもらうわけにいかないので(^^;
旗と浴衣を別々に掲載して、あとは脳内で合成していただくという案配です

>TS君
男性で、着物ファンでもない立場からの書き込み、ありがとうね♪

子供は大人の鏡
最近の痛ましい事件の数々を見るたびに、今の大人って
本当に荒んでいるんだなあ‥ということが感じられますね
荒むから麻痺する 麻痺するからますます荒む
中毒性の悪循環、エスカレートが、
子供社会にも大人社会にも蔓延していると思わざるをえません
Posted by eribow at 2007年09月24日 23:03
うちの学校も挨拶推進は一緒です。不審者対策も一緒。神奈川の駅前と田んぼの多いこちらとは若干危険度に違いはあるとは、思いますが。防犯パトロールもやってる地域なら、親は必ず携帯を持って不審者がいたら通報できるようにとか、自転車で廻るとか、決りがあります。腕章を付ける学校、パトロールのタスキを斜めがけにするなど。犯罪抑止になるように目立つ事は必要です。浴衣がいけないんじゃなくて、サイトに『着物でこんな事やっちゃいました』的に書き込んで学校の誰が見ているとも分からない訳で顔出ししている以上、自分の息子さんの関係者も見れるはず。だから怖いって事を是非気がついて欲しかった。マンガ喫茶一泊事件とか、親として、情けない話しなんだよ。何がきっかけでイジメに遭うとも限らない世の中。いちいち言い訳をする前に反省しなくてはならない事すら、判って頂けないように思いました。あなたという人と会って話しもしたし行動もしましたから、全て悪気が無い事もわかっています。ただ、度々、度が過ぎる事があります。普段着物普及は10〜20年やり通すという事なので頑張って下さい。着物の人が電車に溢れたらどんな世界になるんだか、楽しみですね。でも私はジーンズが世の中から無くなったら哀しいです。だって大好きだから。戦争にでもなったら、こんな事言ってられないんですよ。着るもんがあるだけマシなんです。そして一番大事なのは、ママが家の中で笑っている事。つまりは、幸せな家庭があって趣味に走れたり出来ている事に日々感謝しなければ、旦那様の稼ぎで着物買っているなら尚の事旦那様に感謝して、自分の健康にも感謝して
生きたくても生きられなかったお友達の分も楽しんで着物を着て欲しいと思いました。お説教くさくてごめんね。

























Posted by erineko at 2007年09月25日 00:57
あのね、eri様、このところの返コメ、照れとかがあって、表現不足に見える。
「太陽と北風」で言えば、私は北風タイプだけど、erineko様は「太陽」タイプ。 そのerinoko様が直球を投げている時は、ちゃんと投げ返さないと、と思うよ。

これまで、オフ会でお目にかかった人たちの中で、着物に関して抜きん出て造詣が深いのはerineko様であり、しかも、もう少しなんとかすれば、あこがれの着物が似合うマダムにeri様がなれるはずという思いを抱いているのは、erineko様も、私も同じ。
そして、30日のデビューが間近に迫っているからこそ、その思いを届けたいと思っているはず。

これ以上言うと小言&説教になるから止めておくけど。(^^;

Posted by ぶり at 2007年09月25日 07:18
私は自分で情報の取捨選択をしながらこのblogを楽しんでいます。もちろん「とっぴだなあ」「裄短いな」「あれ? 着付けもちょっと?」と思ったことはありますが、それも含めてここはとても勉強になります。何よりeribowさんの勇気とエネルギーは臆病な私にとってのビタミン剤なのです。

また、私もPTAで交通安全の旗振りをしたことがありましたが、学校や立つ場所・年次によって事情がまるで違うことを知っています。自分の時がこうだったらか相手もこうだということは言えない、ということも十分理解しています。(着物着て旗振りが本当にいけないことなら学校関係者が注意するでしょう)
また、リサイクルを着こなすことがとても難しいことも理解しています。古い着物には独特の「味」があって、今の反物で裄ピッタリで誂えても決して味わえない楽しみがあることも十分理解しています。そしてリサイクルのお直しがとても高くて安価で楽しむ派としてはつい後回しになってしまうことも体験でわかっています。

私にとっては、一方的な小言や説教やおせっかいは、荒らし行為のように感じられます。そもそも、長い反論はそれぞれのblogに書いてトラックバックするかコメント欄で記事のリンクを紹介すればよいのではないでしょうか。

さまざまなことを理解して自分で情報を選択しながらここを楽しんでいる者として、eribowさんには一連の反論に対してこれ以上は反応しないで欲しいと思っています。eribowさんの主張したいことはわかる人には言わないでもわかります(注:わかる≠賛同)し、反論への反論はフレイムを呼びますので。
長々すみません。
Posted by T at 2007年09月25日 08:14
>erinekoさん >ぶりさん
お2人の叱咤激励には、右往左往しつつ本当に感謝しています
こういう「ちょっとお姉さん」的な身近な人が、
10代の頃からお手本になったり厳しく叱ったりして育ててくれればこそ、
自然体に「美しい着姿」も育ったのでしょうね
受け継ぎ「断絶」の現代、40にもなる大人の女が洟垂れ小娘レベルの努力を
せざるをえないから大変なのよね(^^;
お2人のエールにちゃんと応えられなくてごめんなさいね
がんばります♪

>erinekoさん
私、実はジーンズも大好きなのよ
だから着物とジーンズ半々くらいに着る生活が理想です(^_-)

>Tさん
欠点も含め受け入れ、楽しんで下さって、すごく嬉しいです(号泣)
「書ききれていないけど、個々の背景は違っている」とか
リサイクル着物に関しての発言、まさに私が言いたかったことを
私が言う以上に上手く(笑)書いて下さってありがとうございます!

>一方的な小言や説教やおせっかいは、荒らし行為のように感じられます。

>eribowさんには一連の反論に対してこれ以上は反応しないで欲しいと思っています。

ホントにそうですね(~▽~;
投げ込みの暴言は即削除で簡単ですけど、今回のようにいちおう「趣旨」のある
発言にはうっかりしてしまいました

今後は「私(たち)のページを楽しみに読みに来て下さる読者」に
意識を絞ってレスポンスするようにしますね
本当にありがとうございました!!!
Posted by eribow at 2007年09月25日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56301801

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。