2007年09月27日

横須賀美術館のおもしろ手拭い

 連休に出かけた三浦半島で、この春ニューオープンの横須賀美術館へ立ち寄りました。お土産ショップで面白い手拭いを発見!

1.海をデザインした水色と、軍艦のシルエットのオレンジ色のペア。横須賀ならではですね〜。美術館オリジナルだそうです。美しいです。

2.真ん中にNIPPONの文字と、箸、鳥居、桜など「日本の意匠」がモノトーンで散りばめられています。外国人向けのお土産用?(笑) 発想はお笑いですが、デザインはなかなかです。

3.レトロ?キッチュ?な挿絵の、手拭いに描いてある「手拭い運動法」。開くと体操の図解があるのでしょう。これまた発想は冗談、絵柄はアートです。気の利いたお土産に(笑)。

 別に、浮世絵集めてるとか「和」の美術館では全然ないのですよね。それなのにこの「アート手拭い」の充実度はどうよ?!手拭いの本まで売ってました。

 実はこの美術館を訪れた目的は、併設のイタリアン・レストラン「アクアマーレ」。どうも美味しいらしいという噂をだんながききつけ、夜はそこそこ値段が張るけど、1,500円のサービスランチプレートがあるので、行ってみようということに。
 芝生越しに海が一望できる素晴らしい眺めに、白い瀟洒な新しい美術館、テラス席もあるガラス張りのレストラン‥なるほど、この雰囲気でこのお値段なら人気が出るわけね♪と期待を胸に歩み寄っていくと、入り口に「満席」の表示が。なんと、3時まで予約で一杯だとか(~ロ~;ガーン 美術館のレストランで予約?!こんな都会から遠い何にもない所で?わざわざお腹減ってもおやつも我慢して(笑)ここまで来たのに!!!甘かった〜 アクアマーレ、恐るべし。
 お客さんの食べているプレートを見ると、確かに美味しそうです。でも量が少なそうね。腹ペコなので、余計そう見えたかもしれません(T-T)

 軍艦の 手拭い秋風 吹き渡る 〜衿女

posted by eribow at 14:19| Comment(8) | TrackBack(0) | お気に入りの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
eribowさん
おはようございます(^^
私も以前に行きました!
横須賀美術館ですよね。
外から見た感じよりも、
中に入ったらかなり広くてビックリしましたよ!
【アクアマーレ】って、入り口にあるレストランの事ですか?
確かにいつも並んでいましたね。

その横にある小さなお土産屋さんは
横須賀ならではの物が多くて
可愛かったですよね(^^
手ぬぐいGETしたんですね♪
ステキです!!
Posted by あずこ at 2007年09月30日 04:54
ちょっと気になりましたのでコメントさせていただきます。

手ぬぐいのお写真ですが、すべてお買い求めになられたものなのでしょうか?
通常、お買い求めにならないものは無断で写真にとって掲載するのはルールに反すると思うのですが・・・・。

私も雑貨のお店をやっておりますが、商品の無断撮影、無断掲載は固くお断りしております。
Posted by きさらぎ at 2007年09月30日 20:37
このレストランは、
確か日高さん(アクアパッツア)の
プロデュースのお店ですよね。
先日、業界紙で見ました。

きさらぎさんへ
私の勉強不足でしたら申し訳ないのですが、
この美術館は公共の施設です。公共の施設でも、
そのような問題があるのでしょうか?
(ちなみにこの美術館のHPの下にある
「著作権について」にリンクが張られていないので、
横須賀市?の見解は不明ですが・・・)
民間企業であれば、きさらぎさんのおっしゃるとおり、
その旨の明確な告知によって、
理解いただける内容かと思います。


Posted by S君 at 2007年10月01日 01:29
きさらぎさん、こんにちは。


手ぬぐいの写真をアップすることは、
「ルール(規則)違反」とは言えないと思います。
この手ぬぐい、写真を見る限りでは(c)マークがついていないので、
著作物ではなく工業製品だと言えるでしょう。
だとすれば、著作権法ではなく、
工業所有権(意匠権)の問題になると思います。
で、工業製品の写真を非営利目的の個人サイトで公開することは、
工業所有権の持ち主の側に不利益をもたらさない限り、
法的にはセーフということになっているはずです
(このサイトにはアマゾンなどのアフィリエイトが貼られているので、
きわめて厳密に言えば、グレーゾーン気味だったりしますが)。


ただし、「マナー(作法)違反」を犯している可能性はあります。

きさらぎさんも指摘されていたように、
販売店や公共施設などが、プライベートルールとして
施設内の撮影を禁じている場合があります。
その場合は、たしかにマナー違反だと言えるでしょうね。
ただ、写真をWebで公開することは、
商品の宣伝につながるという考えから、
むしろ歓迎するという企業・公共施設もあると思います。

僕はこの場所を訪れたことがないため、あくまで想像でしかありませんが、
eribowさんの書き方からすると、
写真撮影をしていても、お土産店側からは何も言われなかったと
感じたのですが、いかがですか?
また、周囲の人にも特段の迷惑をかけていないのであれば、
マナーの面でも特に問題はないと思うのですが。
Posted by 白谷 at 2007年10月01日 14:57
白谷さん

ご説明いただき有難うございます。

まさに、
>きさらぎさんも指摘されていたように、
>販売店や公共施設などが、プライベートルールとして
>施設内の撮影を禁じている場合があります。
>その場合は、たしかにマナー違反だと言えるでしょうね。

ここがポイントなのかもしれません。
でも美術館のHPなのに、著作権についてのリンクがないのは、
少し問題かもしれませんね。
Posted by S君 at 2007年10月02日 01:10
ここ、澁澤龍彦展を10月にやる美術館だっ!
なんとか行こうと思ってたのですが、レストランも予約していかなくちゃ

子連れは、う〜ん…と思っていたのですが調べててみたら周囲には楽しそうな公園などがいっぱいあるので、夫に任せてしばし芸術鑑賞なんてね♪
手ぬぐいもゲットするつもり。ですが、一部は「かまわぬ」でも並んでたように思います。
Posted by MARU at 2007年10月02日 08:57
お返事遅くなり、失礼いたしました!

>あずこさん
時間がなくて、美術館そのものへは行きませんでした(^^; 本体ナノニ
入り口から覗き込んだら、確かに広そうでしたね
いつも並んでいるのか<アクアマーレ しまった‥

>きさらぎさん
はじめまして、コメントありがとうございます♪

大抵はお声をかけて事前承諾いただいているのですが、
今回は家族に急かされていて、ついうっかり独断してしまいました
事後了解いただけないか問い合わせ中ですが、回答来るまでは外しておきます

今までは「個人ブログだし、応援・紹介の意図があるからいいだろう」
と甘えが結構あったかもしれません
が、お陰さまで順調にアクセス数も伸び、
多くの方の目に触れる(人気の?!)サイトになりつつあります、
そろそろ「チッポケなブログ」意識から脱皮しなくてはいけませんね
大事な点を気づかせて下さり、ありがとうございました!

ところで、きさらぎさんのお店は和雑貨店でしょうか?
もしよろしかったら、着物好きさんの多くの目に触れるこちらで紹介させて下さい
なぜかというと、写真撮影・掲載に厳しいお店は、商品に自信がありこだわりがある
傾向が見受けられるからです(原宿の一蔵さんとか)
私自身は審美眼も購買力もいまいち(^^;ですが、
幸いこちらを見に来て下さる読者、お友達には、
確かなよいものを見抜き愛好される方がたくさんいらっしゃいます
ぜひご紹介お願いいたします♪

>S君 >白谷さん
いつもご愛読ありがとうございます♪
大勢の人を統率する組織人、責任ある社会人の男性であるお2人の
客観的で冷静な書き込み、いつも歓迎しています
「OLの給湯室」的タコツボ・ワールド(爆)にならないためにも、
お2人の「男らしさ」で時々風穴を開けて下さい♪
ところで、お2人とも法律関係では頼りになりそうですね(-_☆

>MARUさん
お久しぶりです!
今回チェックしませんでしたが、近くに遊べる所もあるんですね?
横須賀の新名所、という感じですね♪

Posted by eribow at 2007年10月02日 13:56
ショップからお返事が来まして、やっぱりNGでした(がっかり)
一応店内見回して、「店内撮影禁止」と書いてあったらやめるのですが、
今回なかったからなあ‥
今までは「原則OK、禁止と明記されていた場合のみNG」
という考え方で来ましたが、今後は
「原則NG、了解を得られた場合のみOK」と心得ることにします
(先日の宮古島のお土産ショップはOKでした)

考えてみれば「非営利の個人利用ならばOK」という「常識」があったのは
これほど携帯カメラが普及し、ブログが一般化する前のことではないでしょうか
ここまで猫も杓子も写メールだ、ブログだ、というご時世です、
やはり世につれ常識は変化していきますよね、私もちゃんと対応しなくっちゃ!

購入した品を撮影することには問題なかったそうですから、
今回買いそびれたのが失敗ですね(悔)
もしこちらに遊びに行く人がいたら、代理で買ってきてもらおうと思います♪
Posted by eribow at 2007年10月06日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57684062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。