2005年09月18日

はじめての紬たち

 今年の春(ってたった数ヶ月前)、本格的に「着物遊び」始動した私、手持ちの着物が乏しかったので、バリバリと買い始めた。柔らかものは一通り持っていたので、「紬」を買ってみよう!(鼻息)と、リサイクル屋めぐりを始めた。

紬0003.JPG 入手経路:リサイクル屋
 値段:15,000円くらい

 記念すべき最初の紬です(じゃーん)。リンクにも載せている、近所のお役立ちリサイクル屋、「かないや」さんで購入。
 紬って言えば大島、ってソレしか知らない(笑)から、お店の人に「大島っぽいもの選んで下さい」とお願いして値段を言って出してもらった中から選択。いかにも泥染めのもっとシブいのではなくて、少し若いイメージのものを探した。本物ではないけど(本物はさすがにもっと高い)、すべすべして冷たく、軽い生地は大いに気に入った。予算は1万円だったが、あまりに気に入ったので、ちょっとフンパツした。
 お稽古用に最初に買った白い帯を合わせた。念願の若奥様風〜♪

紬0001.JPG 入手経路:リサイクル屋
 値段:8000円くらい

 単衣をまだ1枚も持っていなかったので、紬ももっとほしかったので、最初の単衣は紬!と決めて探した。これまた「かないや」さんでゲット。
 次の狙いは、白。初夏の色でもあるし、明るい色のがほしかったから。白系は少なかったので、割に簡単に選べた。とっても軽い。お値段も合格。実はちょっとシミがある。気にしない私にとっては、いいものお安く♪でありがたい。
 「これ、何紬っていうんですか?」ときいたら、「よく解らないけど、結城風かしら」と言われ、私の頭の中では、これはすっかり結城紬(笑)。大島の次が結城よ(笑)。これまた奥様路線まっしぐらね(ホーッホッホッホ)!

紬0002.JPG 入手経路:知人から
 値段:0円

 袷1枚、単衣1枚入手したので、今シーズンはお買い物終了、と思っていたら、知り合いから単衣の紬いただいちゃいました(@_@; 初夏には白でいいけど、秋口にはこんな茶系があるととっても嬉しい。帯び合わせ次第では、勿論初夏でも可能。型染めで、ちょっと個性的。1枚あれば十分と言っても、2枚あればこんなに心強いことはありません。しつけもついたままの新品です(感涙)。使いやすい色で、ほどよくシックほどよく可愛く、センスいい〜。私だったら選べてないかも!ありがとうございます>チアキさん
 これが、mizが先日写真載せたのに近い奴です。

 着物遊び開始わずか数ヶ月で、「お金かけずに」、毛色の違った、3枚の紬持ちになれました(感涙)。紬、大好き黒ハート私の紬人生、素晴らすぃいスタートです♪
posted by eribow at 15:44| Comment(6) | TrackBack(0) | eribowの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前の記事で、普段着がないって嘆いていたけど、あるじゃん3枚も。 これらが、本物の大島や結城でも、やっぱ、私の感覚では、普段着。 ちょっとしたお出かけもOKの普段着という意味だけど。

ひょっとすると、「普段着」って、フネさんが割烹着の下に着ている着物で、家事して汚れても、すぐ洗えるという意味で使われているのかしら。

冠婚葬祭とかのいわゆる行事、イベントは、ハレ着、それ以外は、普段着って使い分けだったのよ、私。
あぁ、でもでも、語彙の使い分けを見直さないと、若者の言語感覚がわからんラピュタ・バーサンになってるかも。
 
Posted by ぶりぶりぎっちょう at 2005年09月18日 19:02
ラピュータ →天空城 →宙に浮いている

浮いてるバアサン →ラピバア ってのどう?
Posted by ぶりぶりぎっちょう at 2005年09月18日 20:38
おお、すごーい!
わたしもシンプルな紬がほしいと思っていますが、リサイクルでもなかなかいいのが出てこなくて……。
骨董市だとけっこう大島紬があるみたいですが、怖くて値段が聞けません。
Posted by 天和斎 at 2005年09月19日 06:37
いいなあ、紬!
アタシは1枚だけ持ってるんですが、梅柄なので年が明けないと着られないのです・・・。
うぅ、3枚も・・・。羨ましい!!
Posted by 狗子 at 2005年09月19日 16:07
お着物好きの皆さん、コメントありがとうございます!

>ぶりさん
 「普段着物」については、近日中に語ろうかと思っています。ハレの着物と普段着物、という分け方は知っていましたが、無意識に「働く着物、汚れてもいい着物」のことを、普段着と考えていたようです。
 私、紬って絹じゃないと思っていたんですよ(^^; 普段着=洗える木綿 と思い込んでました。大島っていうのは例外的な、特別な紬だから絹なのかと思ってたら、違うのね(汗) つくづく、着物界の「普通」って普通じゃないんだな〜と考えさせられます。

>天和斎さん
 かないやさんには、けっこう沢山「大島風」ありましたよ。本物は、呉服屋のお買い得お仕立て品ぐらいのお値段平気でしてましたけどね(^^;
 シンプルな紬、いいですよね〜♪私も、もっと目が肥えてきたら、少しずつ増やして行こうと思ってます。

>狗子さん
 梅柄!私の派手派手紅葉といい勝負ですね(笑)。
 でも、私もたった2,3ヶ月で急に3枚の紬持ちになれました。こういうのも(リサイクル屋めぐりの)根気と、ご縁だと思いました。掘り出し物はきっとあると思います。素敵な紬仲間、いたしましょう!(^_-☆
Posted by eribow at 2005年09月19日 22:35
紬って絹なんですか?←ここにも知らない人間が一人

で、紬は普段着なんですか?なんか、高いってイメージがあるのでハレの日用ではないけど、普段着よりは上だと思っていました。

かないやさんのHPをこちらから飛んで見ましたが、とても沢山着物やその他もろもろ取り扱っているのですね。近いし、行ってみたいです。でも、18時までなので、休みの日しか行かれない・・ 会社で働くってすご〜く時間に縛られるんですね・・・自宅で遊んでいた頃が懐かしいです。はぁ。
Posted by Fujipi at 2005年09月19日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。