2007年10月07日

香る秋の庭

kouen 001.jpg 朝早く目が覚めました。
 ベランダへ出ると、大気に芳(かぐわ)しい香りが満ちています(驚)。花の香りです。我が家はマンションの4階。ここまで届くなんて何の花だろう‥ふと気になって、そっと着替えて外に出てみました。
kouen 007.jpg

 朝は大好きです。公園には清々しい朝日が溢れていました。

kouen 004.jpg kouen 005.jpg kouen 009.jpg
 いろんな秋の草花が咲いたり実ったりしています。名前も何も知らない自分が歯がゆいです(^^; 夏の名残のオシロイバナもまだ咲いています。
 「和服は単なる衣服ではない」というのが私の意見ですが、和服に親しむことによって「季節に鋭敏になる」「自然(特に植物!)に対し愛着がわく」という絶大な効果があったことは、これまでも何度も書いてきたとおりです。

kouen 008.jpg これかな?と思われる白い花にたどり着きました。が、鼻を近づけてみるとさほど香らない??見かけ沈丁花(じんちょうげ)のようでした。でも、季語で検索すると春なのね。(調べないって言ったくせに(^^;)
 藪全体が、香っているようです。百合にも似た、力強く気品ある芳香です。

kouen 013.jpg 結局、謎は解けずにミニ散歩は終わりました。

 目には見えないのに、遠く離れた場所まで届く‥香りの不思議に打たれました。見えなくても、人の心を打つ。ほのかに人を包み、癒し、幸せにする。帯に忍ばせた匂い袋も、こういうことなのよね。
 香りは「目に見えない美」の典型ですね。

 夢の朝 匂(にほ)ひ袋か 秋の庭 〜衿女

posted by eribow at 23:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

中秋の名月・家族でお月見

 昨夜の月はきれいだった! まさに中秋の名月。
 歳時記カレンダーを日々眺めているので、娘たちもかなり前からお月見! と盛り上がっていた。このカレンダー、私より娘たちに威力を発揮している。妙なこと知ってるなと思ったらこれが元ネタだったりするんだよね。

月見2007.jpg 月の撮影って難しい・・・肉眼だとクレーターまではっきり見えるのに。
 うちのベランダから撮影。月見って家の中でできるから便利。ほんとは縁側があればもっといいんだけど。一戸建て願望はほとんどないけど、縁側だけは欲しいなあ。

すすき2007.jpg すすきは仕事帰りに近所の花屋で買った。ついでに好きな秋桜も。
 ほんとはさー、こんな植物、買うもんじゃないて摘んでくるもんだよね。
 祭日も仕事だったし、仕事から帰ってくるともう真っ暗だし、いたしかたなし、という感じだけど、来年は娘たちと摘みに行きたいものだ。すすき野原(あるのか?)でお月見、なんていうのもいいなあ。

月見団子2007.jpg  昨年は失敗した月見団子だけど、今年はちゃんと団子用の粉を使ったのでばっちり。私が夕食の支度をしている間に長女が全部つくってくれた。形がちょっとでこぼこなのはご愛嬌。
 どう考えても夕食後には食べきれないので、小さなお重に入れて飾る。残ったらそのままふたをしてしまえるし〜。

 団子はきなこをつけて食べた。お月見イベント参加も考えてたんだけど、家族でやる季節行事もよいものだ。明日は満月。しばらく美しい月が楽しめそう。
posted by mizuho at 07:56| Comment(9) | TrackBack(1) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

久しぶりの単衣

 夏はずっと浴衣でした。薄物が相応(ふさわ)しい場面でも、木綿着物風浴衣に長襦袢を合わせて済ませてしまった(^^; 昨年も一度も薄物を着なかったので、今年こそ着るぞ!‥と思っていたのになあ(反省)。
 着物「遊び」なので、厳密にルールには拘らず、暑ければ夏物でいいと思っていた私ですが、昨日はちょっと涼しかった。やっと単衣が着られる!と飛びつきました♪

 目白のカフェ「花想容」にて。
kasoyo hanashiika 002.jpg 着物 :0円(いただき物)
 帯  :5,250円(リサイクル屋)
 帯揚げ:3,000円(絞り染め体験)
 帯締め:1,000円(呉服屋)
 足袋 :980円(イベント)
 草履 :3,150円(呉服屋)

 お着物は、かづこさんよりお譲りいただいた紬。軽くてすべすべしてとても着心地がいいです♪せっかく涼しくなったから、温かみのある色合いで。
 帯は、初めて自分で買った帯。写真で見ると光ってますね、紬にはいまいちでしょうか(汗) うーん秋なのに白&紫?と迷ったんだけど、実は先に決まったのは帯揚げ。3月にココで絞り染め体験したので、身につけて行きたかったのです。それにちょうどこの帯の紫が合ったの♪帯揚げも合わせました。
 写真には撮ってませんが、髪飾りはちびびさんから買い取った紫のストーンのコームで夜会巻です。

 久々に「しっかり」着たなあ、という感じ。お太鼓結びが新鮮です。浴衣は、襦袢省略は、楽だけど、ヤッパリ着物はええなあ(はあと)。そして‥ふつふつと胸にこみ上げる幸福感、高揚感。ああ、これだ、これがよくって私は着物を着てるんだ、と感じました。
 浴衣しか着られなかった頃、恨めしかった長い「着物シーズン」が、これから楽しみです♪

 赤き血を 単衣包みて 秋の庭 〜衿女

posted by eribow at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

季節変わりは着物変わり

 秋が来ました。もう夏終わらないんじゃ?と心配になったほどの瞬間最大風速的猛暑でしたが、ちゃんと秋は来るんですね(しみじみ)。冷房を切った部屋の窓を開け放つと、冷房より温度低い空気と虫の音が流れ込んできます。

 季節の変わり目は「何を着たらいいの?」とそわそわしますね。特に初秋、あまりに暑苦しくても馬鹿らしいし、でも早く秋らしい装いはしたいですし。
 暑かったら、木綿単衣風に着られる濃い色の浴衣に地味な帯を合わせて。涼しかったらこっくりした色の単衣紬に茶系の帯はどうかなあ?なんて、明日の装いを算段するのも楽しい。
 洋服でもね、白、海を思わせる水色、アクリルカラーの花柄、など夏満開の色彩感覚から、すっと落ち着いた色彩に切り替えてみたくなったり。
 単衣の季節は短い。着物の「旬」を意識することで、うつろう季節をせわしく追うのもまた楽し。mizuho、また歌を詠んでおくれ〜!

 単衣呼ぶ 秋風に乗り 鈴のおと 〜衿女
posted by eribow at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

単衣の季節?

 いかにも初夏な日が続き、家ではとっくに木綿単衣になっているのだけど、町ゆく着物姿はまだ袷が多いよう。

 だけど、木綿の袷着物(ここのところ、ちょっとしたお出かけによく着ていた)はもう着る気がしなくて、洗濯してしまうことにした。で、ふと歳時記カレンダーを見ると、5月17日が「旧更衣」とある。あれ? 更衣って、もともと旧暦の区切りだったんだよね。そうすると、本来は旧暦4月1日(今年は5月17日)が衣替えでちょうどいいんじゃないのかなあ? その方が体感的にもしっくりくるような気がするんだけど。

 というわけで、私の中では勝手に単衣の季節到来。別に日付にこだわる必要もないと思うけどね。単衣の着物は軽くてうきうき。家での着物はそろそろ浴衣にしちゃおうかなあ。
posted by mizuho at 23:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

八十八夜・ミツバチの巣別れを見る

 歳時記カレンダーによると今日は八十八夜。ああ、もう夏が来るねえ。デザインも変えなきゃなあ。

 木綿の着物が気持ちいい季節。おうち着物もしばらく前にウールから木綿に移行した。長襦袢なしで浴衣風に着るのがお気に入り。

 ちょっと着物ネタからはずれるけど、PTA仕事で取材に行った梨農家で、ミツバチの巣分かれをライブでみてしまった。面白かったのでちょっと写真公開。

ミツバチ巣分かれ1.jpg これが梨園の片隅にあったハチの巣箱。梨の受粉のために飼っているそうで、蜂蜜はとらないんだそうだ。
 農家のおじさんに梨づくりの話を聞いていたら、なんだか巣箱がぶんぶんうるさくなってきた。



ミツバチ巣分かれ2.jpg で、巣箱からどんどんハチが出てきて、丸いボール上に。おじさんが「分離するよ」と予言。巣箱のまわりをぶんぶん飛んでいるハチもいる。偵察隊の働き蜂が、新しい巣の場所を物色するのだそう。あとで調べたら、新しい女王蜂が産まれるときに、古い女王蜂が巣を出て引越しするシステムらしい。知らなかった!

ミツバチ巣分かれ3.jpg ミツバチの一群が巣箱から離れたと思ったら、しばらく空中を飛んだあと、近くの木にまとまった。といってもここに巣をつくるわけではなく、こんなふうにちょっとづつ移動していくものらしい。
 こういうのをビニール袋でつかまえて、新しい巣箱にうつしてやるとそこに巣をつくるんだよ、とおじさん。もうすでにここの巣箱は満席だそうで、近所の農家仲間を呼びに行った。ミツバチのおすそ分け・・・・なんか新鮮。

 ・・・やっぱり着物と関係ないか。でもまあ、季節ネタってことで(笑)。
posted by mizuho at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

桜開花記録〜緑

414hazakura タイトル、「開花記録」なのに、花が咲いてない写真を載せるのはいかがなものでしょうか?(苦笑)葉桜も過ぎ、すっかり緑色になりました。

 4月生まれの私、誕生日がらみで友人へのメールに「桜の花のように私も盛りを過ぎ、散ってゆくばかりです」と書いたら、「そんなこと言わないで」とすっかり励まされてしまいました。そんな泣き言(?)はもちろん冗談です(^^;
新宿御苑にて
 昔から、容姿や若いゆえの可愛らしさで勝負してこなかった私にとって、年齢を重ねることに何のデメリットがありましょう。キモノという「若ければ若いほどいい」ではないアイテムを手に入れたのですから、尚更です。

 私の花盛りは、これからです(謎笑)。
タグ:葉桜
posted by eribow at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

桜開花記録〜葉桜

412hazakura 家の前の公園の桜も、すっかり葉桜になりました。
 女(=花)の盛りも過ぎて、子供(=若葉)の存在の方が目に立ってきた‥女性に例えるとちょうど今の私くらいなんですかねえ(遠い目)。

 色的には、これも好きなんですけどね。花びらの明るいピンクと、新芽の柔らかな緑、トーンの近い補色の関係はコーデの中でも浮き浮き楽しい組み合わせです。

 ブログめぐりしてたら「これからのコーデは鯉のぼり!」という話題を目にして、そうかそうか、鯉のぼりか、とちょっと気持ち新たになりました。
 そういえば、和小物雑貨屋さんで、鯉のぼりデザインの布(きれ)がディスプレイされてるのに目を留めたっけ。波の着物も合う、って、そういえば私「波着物」あったんだった(鼻息)。
 そう、気分は桜餅から柏餅ですね!(違)

タグ: 開花 葉桜
posted by eribow at 17:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

桜開花記録〜サクラチル

404散り始め うちの前の公園の桜も盛大に散っています。

 4月4日の写真です。散り始めです。1週間経ってしまったんですね(感慨)。

小学校の桜上
小学校の桜下
 こちらは昨日の写真。小学校の校庭の桜です。地面に見事な桜の絨毯が敷かれていました。なんとか入学式まで花はもち、こぼれんばかりの満開の桜で新入生を迎えることができました。桜もお役目を果たしたとばかり、力尽きているかのようです。
 写真にはうまく写せませんが、はらはらはらはらと「しづ心なく」花びらが舞い散っていました。泣けるような美しさでした。

 お正月あたりから、もう桜のこと花見のことで心一杯。メーター振り切れました(^^; 例年楽しみにしていますが、今年はちょっとやりすぎたなー(遠い目)。これから何を心の支えに生きていけばいいんでしょう?(泣) 花びらとともに、私の情熱も散っていくかのようです。
 そんな私の気持ちにお構い無しに(笑)、散る花の下から勢いよく緑の新芽が萌え出しました。そろそろ夏着物に心を馳せねばなりませんね。
 新たな心の支えは、屋形船で花火かな(爆)。
タグ: 開花
posted by eribow at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

桜開花記録〜ほぼ満開

 家の前の公園の桜、ほぼ満開になりました。24日に写真を撮り始めてから1週間、あっという間だ!
331ほぼ満開 昨夜の雨に洗われて、そして冷やされたお陰で花もちがよくて、抜群の見頃。晴れてるし、暖かくなりそうだし、今日お花見の人はいいな〜(羨)。

 何度見ても桜はいいな〜。「早く咲かないかな待ち遠しいな」「散ってしまっては悲しいな」という気持ちに挟まれて、たった1日だけの満足。この限定感がまたたまらない(>∇<;
 桜は、永遠に続かないから美しい。ここに「命」の本質を見るから、皆桜が好きなんだよね。儚いからこそ「いま、ここ」を味わい尽くそうとする。まあ、後はどうなってもいいや、とちょっとお気楽になれる←いいのか?(汗)
 ソメイヨシノは、全身で咲く。本来植物は葉っぱにより光合成して生きている。人間で言えばご飯食べるようなものだ。でも、花が咲き終わるまで葉っぱは出ない。ご飯も食べずに、ただひたすら夢中で。そういう凝り性(?)な所も、個人的には好きだなあ(笑)。

 着物は昨日からすでに桜モードとはお別れしました。まだこんなペースで着物を着ていなかった昨年までは、「ああ、桜コーデがもうできない」と寂しかったものです。今年は2月頃からガンガン桜モードしまくったので、心残りはないかな。
 これからは新緑コーデ。うーんあまり手持ちがないんだよなあ(悩)。こうしてお買い物欲は刺激されていく‥(苦笑)。
タグ: 開花
posted by eribow at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

桜開花記録〜5分咲き

 アップをさぼっていたらどんどん咲いてしまいました(^^;
3285ぶ咲き
 おまけに、私桜でない木を写してました(爆)。時系列で開花を記録しようという試みは失敗(~∇~;

 9割方咲きました。まだ咲かずに残っている蕾もわずか。風が吹いてもしがみついて散らずにいます。
 番茶も出ばな、18歳の桜です。

タグ: 開花
posted by eribow at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

桜開花記録〜三分咲き

 我が家の前の公園桜、着々と開花!
328三分咲き庭 328三分咲き庭から
三分咲き 写真だとさほどには見えませんが、「咲いてる、咲いてる」と解るほどになりました。週末に一度崩れ、週明けにお花見予定ですから、順調な(自分に都合のいい?)ペースです。

 さて女の子に例えると、中学生が高校生になりました。女子高生って奴ね♪
タグ: 開花 花見
posted by eribow at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

桜開花記録〜一部咲き

 曇天で気温ぐんぐんは上がらず、ゆっくりと桜は咲き始めています。
326一分咲き 326公園から
 ベランダから見下ろしても、公園から見上げても、一昨日の写真とあまり差は感じられません。

326一分咲き でも、近くで見ると、もう咲いています。一分咲き、というところでしょうか。つぼみももっともっと大きくなり、ピンクも濃くなり、あふれ出しそうです。中学3年生、15歳って感じかな〜♪
タグ:花見
posted by eribow at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

住宅街の真ん中、着物で一瞬花見

 目白に着物でお出かけした際、通りすがりに早咲きの桜を見かけました。

no-title
 社宅風?のやや古びた風合いのマンションの庭にて。予定の時刻が迫っているというのに、ついプチお花見モードに(笑)なってしまいました。寒くて荒れた週末が明けて、気温もぐんぐん上がり、一気に春モード。そんな中、こんな桜に出会ってしまったら、足を止めないわけにいかないじゃないですか♪
 立ち止まっている姿が不自然だとか着付けが××だとかいう突っ込みはナシね(爆)
タグ:着物 花見
posted by eribow at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

桜開花記録〜つぼみ

 すっかりお花見気分が盛り上がっている私、我が家の目の前にある公園の桜、開花記録を載せてみることにしました。
324niwa 324niwakara
 (左)うちのベランダから見たところ、(右)公園から見上げたところ、です。

324hana まだ蕾です。が、すっかりプックリ膨らんで、中身はピンク色♪見頃ももうすぐですね。人間に例えると、中学1年生くらいかな〜?(照)
タグ: 花見 開花
posted by eribow at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

和菓子で雛祭り

 今日は雛祭り。仕事で渋谷駅前にいたら、花屋の店頭に桃の枝がどっさりあって、思わず買ってしまった。桃の花って地味だけど、ぽっと光が灯るような暖かさがある。

桃の花.jpg その花は結局、一緒に仕事した女の子にプレゼントしてしまったのだけど、近所の花屋で自分の家にも買って帰った。
 休みのない日々で、ひな人形を実家から運ぶタイミングを失い、今年は何も準備していない。でも娘2人いるし、何か祝いたいなあと思って、とりあえず桃の花を飾って和菓子を食べた。

桜餅.jpg 雛人形ないから、人形の飾りでもついた「雛祭りケーキ」みたいなのを買おうかなと思って店にいったのだけど、娘たちは結局和菓子を選択。
 で、実は私も和菓子派なので嬉しかったりする。ささやかだけど、お祝いできてよかった。

新企画(?)で着物遊び俳句。

 その紅(あか)を 帯に差したし 桃の花

おそまつ。
posted by mizuho at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

歳時記カレンダーを買う

 年も改まり、カレンダーも新調。いつももらいもので済ませていたんだけど、今年は買ってみた。

歳時記カレンダー.jpg 二十四節気、七十二候が入っていて、季節行事やなんかがびっしり書き込まれている歳時記カレンダー。生協のカタログでみつけて、いいかも、と思って購入。

 なるべく季節行事は大事にしたいなあと思いつつ、仕事が忙しくなると、いろんなことがすっとんでしまうんだよね。なので、トイレにかけて、日々眺めようかと思った次第。

 月の満ち欠けなんかも入っていて、情報満載。ちょっと情報入れすぎでごちゃごちゃしている気もするけど・・・レイアウトがいまいちでちょっと読みづらい。

 でも、これのおかげで、七草粥もつくった。いつだかフリーズドライの七草を買ったらいまいちだったので、今年は生葉(?)のパックを購入。
 土鍋でおかゆをつくって、あく抜きした七草を刻んでいれ、ちょっと塩と醤油。意外なほど美味しかった。まあ、土鍋のおかゆ、という時点でもう美味しいんだけどさ。写真撮り忘れちゃった。残念!

 本日は鏡開き。残念ながら「開く」餅がなくてやれないけど。
nanakusagayu
<eribowのコメント>

 我が家の七草粥写真、貼っておきます(笑)。

posted by mizuho at 21:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

お月見

 1日遅れのお月見をした。台風一過で、信じられないくらいくっきり美しい月。デジカメではうまく撮れないのが残念。

月.jpg 夕方まで子どもと出かけていたので月をみながら帰宅、これは月見だ! と盛り上がり、団子をつくる。・・・予定だったのだが、春によもぎ餅をつくろうと思って買い、そのままになっていた餅粉があったので、これで代用しようと思ったのが間違いだった。うまく団子にならず、結局単なる安倍川餅に。当然か・・・美味しかったけど単なる和菓子。一応月に供えたけどね。

すすきと月.jpg 生協で秋の花セットを買っていたので、すすきをメインに飾ってみる。一応遠くに月を入れて写真をとってみたけどわかるかな? ベランダの前に子どもたちが席をつくり、花を飾って餅(団子の代わり)を食べた。涼しい風も心地よく、いい夜だった。

<eribowのコメント>
 もしかして、普段通り、おうち浴衣で?そうだとしたら、ほんと古式床しいね〜♪

 私も、夕方慌てて買ってきた秋の収穫物を窓辺に飾りました。南瓜・しめじ・椎茸・さつま芋・梨・柿ね。お団子は、近所の美味しい和菓子屋『清月』で買おうと思ったら、売ってなかった。昨日までだったのかなぁ。ススキも省略!
 ‥なんか供えたものがだいぶ違うような‥(汗)

posted by mizuho at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

国産線香花火を買う

 浅草橋を歩いていて、花火の卸の店を偶然見つけた。定価の3割引で小売もしているという。店内は色とりどりの花火。バラ売りありセット売りあり。子どもの夏休みの最後の日は恒例のご近所花火なので、ちょうどいいや、と物色。

国産線香花火.jpg で、みつけて嬉しかったのが、国産の線香花火。中国産の線香花火が12本100円とかで並ぶ中、これは25本入り1000円というかなりいいお値段(といっても1本40円だし、そこから3割引なんだけど)。
 以前、国産の線香花火を復刻、という記事をどこかで読んだことがあって、ずっと気になっていた。偶然出会えてなんだか嬉しい。あけてみたらなんだかお菓子のよう。三河の牡丹桜、という線香花火を復刻したものらしいけど、花火そのもののデザインは今風にしているらしい。
 わーい。8月31日に火をつけるのが楽しみ〜。
posted by mizuho at 01:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

二十四節気〜大暑

 二十四節気で言うと、今は大暑(たいしょ)。だらだらと続いた梅雨もやっと収束し、夏本番到来です。
 秋、冬、春とベランダ越しに撮ってきた我が家の庭(=賃貸マンション前の公共の公園ですが‥)の夏も、カメラに収めてみました。生命力が迸(ほとばし)るような、緑が燃え出すような、眩しいほどの木立!

夏の公園1

夏の公園3

夏の公園2


 着物ライフを開始して、季節の微妙な遷り変わりに、とても注意深くなりました。二十四節気は、程よく分かりやすい長さの期間(ターン)だと感じていますね。

 小学生の子供がいると、夏の楽しさも倍増です。お祭り、プール、花火、キャンプ、海‥夏休みに入ってから、水を得た魚のように夏を堪能している、夏生まれの夏に強い息子たちです(笑)。
 そして私も、「もうすぐ秋になっちゃう」と惜しむような気持ちで、暑さを受け止め、味わっています!

<追記>節「季」と勘違いしてました。正しくは節「気」。訂正します。
posted by eribow at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を感じる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。