2007年10月01日

イベントきものの喜でツーショット

 9月30日(日)、着物仲間桃太郎さん主催のイベント「きものの喜」にスタッフとして参加しました。mizuhoは「仕事と子供関連で一杯一杯で行けな〜い(悲)」と不参加表明していたのですが、kemiさんの出品するつまみかんざしを見て、お子さんの劇団の浴衣コンサート衣装に使えそう!とひらめき、モノをGETするために無理矢理時間をひねり出してやってきてくれました!(感激)

kimononoki with mizuho.JPG もともとたった一人の着物友達だったmizuho。共同ブログを始め、着物友達が増え、私は「活動」をしたい!と別ブログを立ち上げ、そしてついに「お客さん」としてお迎えする日が来ました。お互い別々の着物の世界が広がっていっても、ちゃんとこうして友達してる‥感慨深い一こまです。

 毎度お馴染み、私の出で立ちをご紹介すると、
 着物:800円(フリマ)
 帯 :0円(義母からお譲り)
 帯揚:1,000円(呉服屋)
 帯締:1,000円(イベント出店)
 簪 :500円(呉服屋)
 半襟:500円(イベント出店)
 足袋:980円(リサイクル屋新品)
 下駄:300円(フリマ)

 この木綿着物は、着心地抜群のお気に入りです。今回のテーマ「カジュアル感」を強調するにはもっともぴったりの1枚です。もちろん、土砂降り雨にも対応可(-_-)V
 下駄は、歯が折れてしまったのをボンドで修復。大丈夫かドキドキしましたが、大雨にも負けませんでした。完全復活です(祝)。

 mizuhoのは、親戚からいただいた反物を着物つながりのお友達に仕立ててもらった大島、亡くなった友人の形見分けの半幅帯、と、人の手を経、受け継いだものばかりです(しみじみ)。
 この写真では分かりませんが、アンティークでお嬢さんちっくな柄を生かすような、変わり結びに飾り紐をあしらった凝った帯結びです。「気楽なお遊びパーティー」に半幅大活躍!って感じですね♪

 大雨の中を文字通り駆けつけてくれて、また嵐のように去って行きました。忙しい中、本当にありがとうね(感謝)>mizuho

 秋雨を 駆け抜け 着物友来る 〜衿女



posted by eribow at 16:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ブログ2周年記念上野オフ、盛況

 女友達2人で始めた共同ブログ、開始から丸2年経ちました。節目のお祝いにオフ会を呼びかけたところ、15人もの参加者が!(驚) 今までで最多じゃないだろうか。小さいお子さん2人、お嬢さんお1人も含め、盛会になりました。感激〜
 ドタ参が実に4名。飛び入りしやすい企画を立てた甲斐がありました♪

 以前、うえの夏祭りに一緒に行って、「浴衣で精霊流し」やったことがあったんですね。その時の雰囲気、浴衣とのマッチがよかったのと、最近友を亡くしたので何か「御霊を送る」ような場所にしたかったのとで、決めました。
 不忍池のほとりにある蓮見茶屋は、通りかかったことはあるけど入ったことはなし。お飲み物付き1,000円のセットに惹かれる(笑)

 開店前にけっこう人並んでました。「時刻も早いし、50も席があるから大丈夫だろう」と高を括ってなくてよかった(汗)。ほぼ1番乗りで、池に張り出した「テラス席」を占拠しました。8人入る座卓席2列で、丁度貸切状態!めちゃめちゃ特等席です(驚)
hasumidyaya 1.JPG hasumidyaya 2.JPG
 不忍池は蓮がびっしり!畑の中のようです。間にちらほらと蓮の蕾も見かけます。まだ日も完全に落ちてはおらず、ちょうどよかった。
 「水上」の席は浴衣にぴったり。まるで京都の鴨川みたいです(行ったことないけど)。時折風が吹き抜けて心地よい‥と言いたいところですが、あまり風はなく、空気はドヨンとしていました(笑)。
 ちなみに2枚目の写真の奥の方に写っているピンクと黄の浴衣の女の子2人連れは、参加者ではなく他人です(笑)。私たち以外にも、浴衣姿はチラホラいました。浴衣着てこの場所を選んで来るなんて、ナイスな楽しみ方です!

二周年乾杯.jpg とりあえず幹事の音頭で乾杯!みなさん、ありがとう(感涙)
 奥の席のカップルが、しばしば「何だろう?」という視線でこっち見てました(笑)。

 お初の方、お初どうしの方が多かったにも関わらず、みなさんあっという間に打ち解けて、楽しいお喋りの花が咲きました。ビールのお代わりも‥(笑)
2shunen ueno 023.jpg
 特等席をいつまでも独占していても申し訳ないので、ひとしきり盛り上がったところで、「祭り」に繰り出しました。ずらりと並んだ骨董の露店を冷やかして歩きます。15人の浴衣集団は目立ちます(笑)。
 ようやっと日も暮れて、ライトアップされた道は風情があります。簪やとんぼ玉などに皆足を止める。残念ながら着物は見かけなかったなー。

2shunen ueno 027.jpg senko.JPG 2shunen ueno 032.jpg
 お寺にお参りもしました。参道にはチラホラと飲食の露店も出て、明かりがきれいです。
 友に、線香を手向けました。
 和太鼓の演奏が行われていました。

 そぞろ歩きも済んだところで、一次会はお開きとなり、半数は予定通り「月の雫」上野駅前店へ。チェーンですが、一度別店舗へ行ってすっかり気に入りました。町屋をイメージした、薄暗い純和風の内装で、浴衣にぴったりなんですよ。半個室の座敷を占拠し、盛り上がりました。飲みすぎの私は、イヤー、肝臓がぁ〜!お食事も美味しかった♪

二周年集合.jpg 「着物友達(ほぼ)ゼロ」から始まった私たち着物ライフ。一人じゃおでかけもつまらないし、でもお互いの予定をすり合わせるのは結構大変で‥お互い新しい人と知り合うのは大好きなので、2人の枠を超えてみようという思いからオフは始まりました。特に宣伝もせず、たまたま遊びにきてくれた方が書き込み、オフ会に参加し‥以前からの知り合いもこんな機会を利用して「着物遊び」してくれ‥こんなに広がったんだなあ。
 子連れで来たり、子供おいて来たり(笑)、「色気も遊びもへったくれもない」になりがちなママ世代が、一緒になって楽しんでくれるのが嬉しい。年齢や住んでる場所が全然違うのに、サクっと一緒に遊べてしまうのが楽しい。
 「気軽に、自由に、誰でもが着物を楽しめるといいな〜」と思っていろんなこと考えている私ですが、自分がめっちゃ楽しんでいることを表現していくこと、直接会った人と楽しみを共有していくことが基本なんだなあ、「生の接触」でじわじわとでも着物病菌感染(笑)させていくことが、結局は早道なのかもなあ、と改めて思いました。

 3年目もますます楽しんで行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

<mizuhoのコメント>
 写真一枚差し替え&集合追加しました。ほんとに盛会、ありがたいです。皆さんありがとう! 写真、たくさん撮ったので、そのうちネットアルバムにあげて出席者にはメールでご案内しますね。
 私たちが占拠した席、多分通常は「舞台」なんじゃないかと思います。たまたまイベントのない日でラッキー! 直前にネットで調べてえいやっと決めた割には、今までで一番いい会場選択だったかも。
 うえの夏まつりは、eribowと私が最初に浴衣でお出かけ企画した記念の場所でもあります。三周年もできるといいな。



ラベル:上野
posted by eribow at 06:21| Comment(15) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ブログ二周年記念オフ、上野でやります

 日程だけ告知して案内が直前になってしまい、すみません!
 7月22日(日)の二周年記念オフは、うえの夏まつり便乗企画にします。
 集合は17時蓮見茶屋の入り口で。不忍の池畔にある江戸情緒豊かな茶屋でビール&お弁当(1000円)。まずは乾杯&腹ごしらえしてから、ぶらぶらと夜の祭りに繰り出しましょう。流れによっては二次会も。

 蓮見茶屋は予約はできないので、とりあえず開店時間に集合としました。当日になっての参加、子連れOK。時間には遅れるけど参加したい、という方は到着時間をコメントしてくだされば、できる限り席をとってお待ちしています。
 浴衣の似合う場所ですが、洋服参加もOKとします。参加希望の方はコメントもしくはeribowにメールをお願いします。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

<eribowのコメント>
 補足します。蓮見茶屋のメニューはビールorお酒になっていましたが、問い合わせたら(勿論)ソフトドリンクもありました。そりゃそうよね^^; 枝豆、冷奴などの単品メニューもあるそうなので、ちょっと追加もしてプチ飲み会にいたしましょう。お子様連れももちろんOKです。
 雨天決行ですが、雨なら池のほとりの散策はなしですね(^^;

 アフターは、上野駅前の「月の雫」を考えています。上野駅構内アトレ店を先に検討したのですが、問い合わせてみたら混んでいました。上野公園前店の方が規模が大きいので、フリで入るにしても予約するにしてもよさそうです。
 もしかして、17時には間に合わないけどもっと遅い時間なら‥という方もいらっしゃるなら、19時半くらいに予定しておきます。そういう希望がなければ、いちおう頭の片隅に入れて(笑)その場の流れ次第かな?!
posted by mizuho at 21:08| Comment(16) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

もうすぐ二周年! オフ企画中

 早いもので、この共同ブログもスタートしてもうすぐ丸二年。昨年の一周年オフに引き続き、今年も「二周年オフ」企画中です。今のところ、7月22日(日)夕方からの企画のつもり。詳細は改めてアップします。
posted by mizuho at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

アンティーク着物で庭園美術館

 庭園美術館で催されている大正シック展、行ってきました♪レトロを意識して、紫の縞お召し&船柄のお太鼓で。
 着物着用だと2割引(1,000円→800円)なのがポイントです。目黒駅でも館内でもチラホラと着物姿の方をお見かけしました。予報では土砂降りの危険もあり、途中でちょっと雨もぱらつき、生憎のお天気のためか思ったほどの着物率ではありませんでしたが。
 ずっしりと湿気を含んだ生温かい大気、萌え出た緑‥「その中で着物を纏(まと)うと、一層「日本の風土」を感じますね。

taishochic 023.jpg 着物 :6枚1,000円=126円(ボロ市)
 帯  :0円(知人より拝借)
 帯揚げ:1,000円(呉服屋)
 帯締め:0円(フリマ)
 半襟 :不明‥0円?
 麻足袋:1,200円(フリマ)
 雨下駄:5,800円(問屋)

 帯は、ぶりさんから無償貸与いただいているものです(感謝)。私がありがたく使ってますが、いずれどなたかにお譲りして、着てもらおうと思っています。通りすがりのおばさま方何人もから「素敵ね」とお声かけをいただきました(嬉)。

 レトロな館内。芝生の緑濃い庭では、今は盛りと紫陽花が。そぞろ歩けば、気分は“令嬢”ですな‥お金かけずに(大笑)

posted by eribow at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

八丈島オフ報告・おまけ

 八丈島では植物の写真をたくさん撮った。一部紹介〜。

ハチジョウイボタ.jpg
 すでに紹介したハチジョウイボタ。モクセイ科で香りが強い。白い細かい花は、キンモクセイというよりライラックに近い感じがした。そういえばライラックもモクセイ科なんだね。




ガクアジサイ.jpg 
 あちこちでみたガクアジサイ。東京でも見るけど。普通のアジサイは見かけず、こればっかりみかけた。ガイドブックによると、私が「普通のアジサイ」だと思っているのは、このガクアジサイを品種改良したものらしい。「もとの雑草」があちこちにあるってことかな。八丈島では昔、この葉を陰干ししてトイレットペーパーとして使っていたとか。


謎の花.jpg
 これ、なんだろう? 八丈島の植物ガイドブックには載ってなかった。園芸種? でも雑草のようによくみかけた。わざわざ植えている感がなかったけど・・・




アロエ.jpg
 そして、これも雑草のようにあちこちに生えているアロエ。宿の夕食にアロエの酢みそあえ(?)みたいなのがのが出た。アロエのおさしみみたいなやつ。初めて食べたけど案外美味しかった。いかにも体によさそうだ。




アシタバ.jpg
 食べたといえばこれ、アシタバ。別名八丈草というくらい、代表的な植物。「今日葉を摘んでも明日には生えてくる」生命力からアシタバ。アシタバのてんぷら、おひたし、アシタバソバまで山ほど食べた。おひたしだとちょっとクセがあるけど私は結構好き。てんぷらは皆さんに好評だった。そのへんに生えているのだけど、最近はスーパーでも売っているらしい。


ハマボッス.jpg
 海岸にたくさん咲いていた「ハマボッス」。・・・だと思うんだけど微妙に自信なし。生えている感じは「ソナレムグラ」という草に近いんだけど、花びらの数が違うので多分ハマボッスの方だと思う。



ハイビスカス1.jpg
 植物公園の温室でみたハイビスカス。やたらでかい。名札には「ハイビスカスハイブリット」とあった。南国の花って感じだよねえ。




ハイビスカス2.jpg
 もひとつおまけにハイビスカス。サイズは同じくらい。ピンクや赤もあって華やかだった。





ブーゲンビリア.jpg
 これまた華やかなブーゲンビリア。白と赤もあり。






糸巻き.jpg
 一応着物ブログなのでこのへんでこんなのも。山下織物にあった黄八丈の糸巻き。機織り用にスタンバイしている。
絹糸って、さわってみると人の髪の毛に近いんだよね。




黄八丈ランプ.jpg
 おまけ。宿の食堂にあった黄八丈ランプ。これ、結構おしゃれじゃない?
 和室にあるといいかもー。って、我が家、和室ないんだけど。ちなみに商品としては売ってなかった。






黄八丈キティ.jpg
 さらにおまけ。め由工房限定、黄八丈キティ。
 もう、どんな田舎でご当地キティを見てもあまり驚かなくなったが(以前ぶりさんにもらった「黒玉子キティ」もインパクト強かった)、工房限定とは。サンリオ恐るべし。

posted by mizuho at 00:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

八丈島オフ報告・2日目

 八丈島ツアーオフ報告、2日目。この日はぶりさんご夫妻の車にeribowと2人でコバンザメさせていただくことに。

八丈島の朝.jpg 天気予報はくもりだったけど、昨日に引き続き快晴!
 宿の庭に出るといつもいい香りがする。一番香りが強いのが写真手前にうつっている「ハチジョウイボタ」(ガイドブックで調べた限りそうだと思う)。キンモクセイの仲間かな、と思っていたらやっぱりモクセイ科。夜に庭に出たときは、この花の香りに酔ってしまった。

百合.jpg そして至る所に大きな百合。花屋で買ったら高そう〜な立派な百合が雑草のようにあちこちに生えている。この花の香りにもうっとり。他にも花がたくさんあって、八丈島全体が、花の香りにつつまれている気がする。植物ネタ、また改めて書こうかな。


ダン之助夫妻.jpg そして今日も作務衣姿でバイクにまたがるダン之助さんとたまこさん。かっこいいっ! バイク運転できるのっていいなあ。



 朝食後、さっそくドライブ開始。見学施設はまだ開いていないので、八丈富士をぐるっとドライブ。こういうのはバスではできないんだよね・・・ぶりさんご夫妻に感謝!

ドライブ途中.jpg この日は私もeribowも木綿着物を長襦袢なしの「浴衣仕様」で着てまわる。亜熱帯だから暑いかな、と思っていたのだけど、山のドライブはむしろ寒いくらいだった。天気も曇ったりざっと降ったり、ころころ変わる。でも、建物に出入りするタイミングがよくてあまり降られずにまわれた。


牧場にて.jpg
 途中で牧場に寄る。昨日から魚づくしの食事に飽きてきた一行は「肉!肉!」と過剰反応。乳牛みたいだけどね(笑)。
 eribowと2人で牛乳試飲。加熱しすぎてないおいしい牛乳だった。


牧場展望台から.jpg 牧場にある展望台から。広々してて気分がいい。山も海も同時に楽しめるのが島のいいところだよね。






 このへんで施設開館時間になったので、八丈島歴史民俗資料館へ。外観がすごくしょぼく見えたけど、展示は充実していた。

黄八丈展示.jpg もちろんここにも黄八丈資料。
 写真は江戸時代の柄見本、永鑑帳。幕府に納める黄八丈は、細かく柄をオーダーされていて、正確に織れていないと検査でひっかかったという。それで織りの技術が向上したというけど、大変な思いをして織っていたんだなあ・・・


養蚕の展示.jpg
 養蚕の展示もあった。黄八丈が生まれる前、白生地を生産していた歴史も古いようだ。製糸の道具もたくさんあった。今は糸は他から運んでいるようで、島で養蚕はみかけなかった。

植物公園.jpg 次に八丈植物公園へ。ここも広々。島全体が植物公園みたいなものだけど・・・



花の下で.jpg
 でっかいハイビスカスをはじめ、南国の花が咲き乱れる温室もあった。花の下でeribowと写真を撮りあう。植物が面白いので、今年5月に出たばかりだという「八丈島の植物ガイドブック」購入。

黄八丈の展示.jpg そして、ここにも黄八丈の展示があった。古い生地見本。年月で色あせているとはいえ、やっぱり魅力的だ。





 ここで、食事していったん宿に戻る。
 eribowと寝っ転がって(カルタ結びは便利!)ごろごろしていたら、いつの間にか宿の玄関でお茶会が始まっていた!

玄関でお茶.jpg
 ぶりさんとダン之助さんがお茶道具持参(お湯をわかす道具まで!)していて、実は野点を目論んでいたらしい。外で適当な場所がなかったので、宿の玄関でお手前が始まったというわけだ。私とeribowもしっかりご馳走になる。美味しかった! 
 でも、これって結構怪しい団体・・・他のお客さんいなかったからいいけど(?)。

やました.jpg 宿の話を書いていなかったけど、ダン之助さんが押さえてくださった「やましたのお宿」に泊まった。向かいは土産物屋で、ここで機織り体験ができる。
 もちろん、ここの機織り体験はメインイベントのひとつだ。前日に覗いたときは誰もいなかったので油断していたのだけど、いざ体験! とお茶会後に出かけてみたら4台の機が満席状態。飛行機の時間を気にしながら織ることになった。

機織り体験1.jpg これが最後のイベントなので、もう荷造りも終え、帰る体制(半襟付き)に。袂が邪魔になるだろうと踏んで、ちゃんとたすき(腰ひも)も準備してきた。
 機織り体験は2500円で、コースターひとつつくる。所要時間はだいたい1時間。はたでみていると簡単そうなのだが、やってみると案外難しい。片手で糸を軽くひいてキープ、もう片手で手前に機をうつ、足で糸を組み替える、またうつ、糸を通す、の繰り返しなのだが、ついつい糸をキープする手が留守になってしまうのだ。

機織り体験2.jpg
 けど、とても面白い! 糸の色を変えてデザインしていくのも楽しくてはまりそう。4日間工房にこもって帯を織り上げて帰った観光客がいたそうだけど、それやってみたいなあ。

 着物で織るのは絵になるねえ、と店のご主人に褒められた。えへへ。
 だんだん手慣れてきて、まあまあそれなりの作品(?)ができた。すぐに機からはずせないので、後日送ってもらうシステム。楽しみだなあ。


染めた糸(黄).jpg 染めの工房は2つしかない、と聞いていたのだが、ここでも染めをやっているというので染めた糸を見せてもらった。
 黄八丈の黄色! 写真うまく撮れなかったけど、媒染前のも見せてもらった。コブナグサで染めただけではまだぼんやりした黄色だが、灰汁で媒染すると黄金色に発色する。ああ、その現場をみたい! 

樺色.jpg 樺色もあった。この色好きなんだよね。これで黒が揃うと黄八丈の三色。黒の染めは有名な沼ツケ(沼の泥につける)で媒染するのだけど、これがなかなか難しいよう。色は美しいが糸が弱くなるとも聞いた。


 なんだかとっても濃い旅だった。忘れないうちに、と旅の流れを超特急で書き飛ばしたので、あとで補足するかも。eribowが「もっと!着物遊び」で詳細レポ書いているので、興味のある方はそちらを参照してね。
posted by mizuho at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

八丈島オフ報告

 「ダン之助の週末和服生活」「振振毬杖の読書週末レポ」「もっと!着物遊び」共催の、一泊二日の八丈島ツアーオフに参加したので二回に分けてご報告。

ツアー集合写真.jpg 参加者は主催&パートナー(私はeribowのパートナーとして)の六名。もっと一般参加があるかなと思っていたんだけど、やっぱり一泊というのとそれなりの旅費というのがハードル高いのかな。
 でもいつかは行こうと思っていた八丈島。友人達と旅行、のノリでとても楽しめた。

 eribowとは木綿着物で行こう、という方針が出ていたものの、前日まで着ていくものには悩んだ。たまこさんに久しぶりに会えるので、仕立てていただいた大島紬着ていきたいな、とも思っていたのだ。涼しくて軽くてしわになりにくく、旅行向きなんだよね。
 しかーし、eribowは温泉はしごする気まんまんだし、レンタサイクルなんて話も出てたし、荷物はコンパクトにしたいし・・・温泉でぬれたタオルで大島にシミ、なんてトラブルは避けたい。結局、木綿の着物を着て、現地の着替えとしては浴衣を持つことにした。
 羽田空港にかっこいい大島紬姿で現れたダン之助さんを見て、ちょこっと後悔したけど、まあ、木綿着物の旅は気楽でよかったかな。

現地で浴衣.jpg 飛行機であっというまに八丈島到着。まず宿について、浴衣に着替え、みんなでお昼を食べに行き(その食事については皆さんが書いているので省略。美味しかった!)、初日はそれぞれ別行動。ぶりさん夫妻は車、ダン之助さんとたまこさんはバイク、私(無免許)とeribow(ペーパードライバー)はバス。

 しかし、このバスが2時間に1本くらいしかない。食事で盛り上がってうっかり逃してしまい、タクシーで追いかけるはめに。やれやれ。こういうパターン、なんか初めてじゃないような・・・

 なんとかバスをつかまえ、最初にeribow希望の「みはらしの湯」へ。写真は「もっと!」の方にあるので省略。山道をえんえんバスに乗っていく価値のある、気持ちいい温泉だった。
 ・・・が、私たちの乗ったバスの1本次はもう終バス。つまり、ここでのんびりすると、あとは帰るしかなくなってしまうのだ。バスはぐるぐるまわっているので、私たちの乗ったバスが同じ場所に20分後に戻る。eribowがこれに乗る! と宣言。私はちょっと弱気だったんだけど、覚悟を決めて3分で浴衣脱ぎ、10分で温泉(eribowは写真までしっかり撮る)堪能、5分で着付けして戻ってきたバスに無事乗り込む。運転手さんびっくりしてたよ。まさか温泉入って戻ってきたとは思わなかっただろうなあ。

 時間がない旅でかわいそうに、と思われたかのかどうか、バスの運転手さんはとっても親切だった。同じ場所に10分後に戻るからちょっと見てくれば、とかいっていただき、寄るのをあきらめていた温泉もちょこっと体験できた(これも「もっと!」に記事あり)。

め由工房.jpg で、そこまでして行きたかった場所は「め由工房」。もちろん黄八丈の工房だ。染めも織りもやっている唯一の工房で、いろんなところで紹介記事や紀行文を読んでいたので、私の中ではこの旅のメイン。
 いまだに島原産の植物染料だけで染め、織りも機械化せずに人の手で織っている黄八丈。せっかく来たのだからその現場をどうしても見たかったのだ。

地機.jpg 工房に近づくとトントンという機の音が聞こえてどきどき。資料館のようになっている工房を覗いたら、山下誉さんが出てきて機を織るところを見せてくださった。写真は明治時代からあるという地機(じばた)。まだ現役で織れる。布の一方を腰に固定して織る、人と布が一体化するような感じの織り方だ。もちろんこれで作品をつくっているわけではなく、デモンストレーション用なのだと思う。<写真後日追加予定>
石がつるされていて、これが下糸をいいぐあいにひっぱる。きれいに揃って打ち込まれていく糸の美しさにうっとり。

カッペタ織り.jpgこちらはさらに古くからある「カッペタ織り」の織機。複雑に模様を組んでいく様子は、はたでみていてどうなっているのか全くわからない。1日頑張って数センチの世界らしい。
カッペタ織り模様.jpg模様はこんな感じ。






工房.jpg ひととおり見学してお話を聞いてから、実際に商品をつくっている工房を覗かせてもらった。20代かな? というような感じの人もいらして、高機で一心に織っている。まさに、現在の商品・黄八丈を支えている人たちなのだろう(もちろん、黄八丈を織っているのはここだけではないけど)。
 あとで宿の方に聞いたら、東京から黄八丈を織りたいとやってくる人が結構いるのだそうだ。逆に、島の若者は東京へ出て行きたがる傾向があるそう。

黄八丈染め.jpg ほんとは染めを見たかったのだけど、ここの工房では材料が揃う夏以降しか染めはやらないという。ああ、また来なくては・・・
 これもあとで聞いた話だけど、「織り」をやる人は結構いるけど、染めは慢性的に人手不足らしい。草や木から染料を煮出して、染めては日に当てるのを繰り返す重労働だから無理もないのだろう。でも、黄八丈を支えるのは染めなのだから(すでに養蚕はしていないよう)、染めが絶えれば黄八丈も絶えるわけで・・・うーん。

海でeribow.jpg 工房にいたのは1時間くらい。終バスに遅れるとしゃれにならないので、後ろ髪引かれつつ工房を後にして宿の近くまで戻った。終バスっていっても着いたのはまだ5時くらい。ぶらぶら海辺をさんぽ、eribowはビールでご機嫌。

島の日暮れ.jpg夕食の豪華さは皆さん紹介している通り。トビウオ、初めて食べた。
おしゃべりに花が咲き、皆さんが部屋に引き上げた後もビール片手のeribowとえんえんおしゃべり。うるさくて申し訳なかったかも・・・



posted by mizuho at 22:51| Comment(13) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

楽しいなんちゃって野点

 着物、庭園、春‥ときたら野点(のだて)ですね!と言っていいんだか分かりませんが(笑)、新宿御苑でのオフ会の一環として楽しんだ「野点ごっこ」、改めて写真載せます。
 優雅に芝生でやろう!と敷物も用意してきたのですが、道具を運ぶのも面倒だし、いまいち寒い(~~; ので、昼食をとった東屋のテーブル席にて開催することになりました。この辺からすでに「なんちゃって」だ(笑)。

 そもそも、carmenさんが持ち運べる道具をお持ちなのでやってみましょう♪と思いついて下さったことから始まりました。この時点で参加予定者は4人(^^; しかしあっという間に9人に増え(ありがとうございます!)、ぶりさんがあれこれ道具やら茶やら追加で持って来て下さって、大茶会(爆)は催されたのです。

やかんで湯を沸かす ポットにお湯  ポットに入れたお湯、茶せん、茶碗、すすいだ湯を捨てる空き容器、などを用意。茶碗は足りなそうなので、mizuhoが大きめのご飯茶碗を持ち込んでくれる。が、大方はまわし飲みになる(笑)。
 ぶりさんが、携帯カセットコンロ、コーヒー用湯沸しやかんをご用意下さいました。ミネラルウォーターを沸かして、お湯の追加。なんて知恵なんだ♪お湯は意外なほどあっという間に沸きました。

ocha tate.jpg 茶せんでシャカシャカ、carmenさん。

ボンラスパイユのお菓子 erinekoさんのバナナケーキ お菓子は、ぶりさんが自然食品の店ボンラスパイユで調達して下さった、かりんとう、ジンジャークッキー、そしていちじくのフィリングが挟まったソフトなクッキー状のお菓子。どれも自然な甘さで、ほっとする味。
 legoママさんが、お手製のバナナケーキを差し入れて下さいました♪皆さん食事時に召し上がってしまいましたが、私は一人ノロノロしていたので、お茶の時にまだあったの♪ちょうどよかった (笑) しっとりしてコクがあって、お茶請けにもぴったりでした。
 ご馳走様でした!>ぶりさん>legoママさん

 興味はあるけど知識はゼロの私があれこれ質問すると、「作法に拘(こだわ)りすぎて本質を見失ってはイケナイ!」とぶりさんから叱責が(^^; もてなしの心を持つこと、場をともに楽しむ心を持つことが茶なのだ!と自分に都合のいい(笑)文化論をぶちかましながら、のびのびとテキトーにお茶させていただきました。
 そもそも私が主宰してぶりさんが先導するオフ会が堅苦しいわけがなく(爆)、優雅とはちょっと違う(^^; 賑やかで楽しい「野点」になりました。

ひろみさん茶碗洗い すぐ傍に手洗い場所があったので、そこでお片づけ。これが「水屋」ね、と覚えたての専門用語を楽しむ(違)。

 中国人らしき観光客の一行が、後ろをぞろぞろと通過する一こまもありました。着物集団9人はかなりインパクトあったと思います(^^; なんだか変なティータイムに映ったに違いありません(笑)。
 着物仲間が集まると、こんな楽しみもあるんだな〜、と発見でした。なんちゃって野点、いいなあ♪

ラベル:野点 茶道 着物 お茶
posted by eribow at 21:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

映画『さくらん』&新宿御苑オフ

 映画→なんちゃって野点→新宿御苑の桜という盛りだくさんの企画になりました。

さくらん映画館さくらん映画館ひろみ
 6人で映画を見て、終わったところで3人合流、ひえー9人!(@O@; 前日に告知したとは思えない盛り上がりに感激♪

新宿駅 丸の内線で一駅移動。駅に突然現れた着物集団(笑)。新宿御苑へ。

デパ地下弁当1 伊勢丹の地下でめいめいお弁当を調達し、池を見渡す東屋でランチ。

野点ごっこ ぶりさん、carmenさんがお道具を持ち込んで下さり、その場で「野点ごっこ」。ちょっと寒かったけど、楽しい〜!

sakura 009.jpg 若葉が出始めていましたが、まだまだ桜は満開モード。着物集団は絵になります♪細雪ごっこですね(笑)。

 まだまだ沢山写真があって、映画の話も野点の話も書きたいのですが、とりあえず載せないと(^^; 皆様さっそくコメントありがとうございました、つづく。
posted by eribow at 23:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

明日『さくらん』&新宿御苑ランチ

 明日、新宿へ映画『さくらん』観に行きますが、サクっとオフ会にしたいと思います。和服割引1,000円。ご都合の合う方はご一緒しましょう♪

集合場所:新宿ジョイシネマ1F チケット売り場前

集合時間:11:00

上映時間:11:20〜13:25

 その後、途中でデパ地下弁当買って新宿御苑でランチにしようと思います。映画後の合流もOKです。お天気も良さそうですし、まだ花見できますね。

 もともとmizuhoとeribow2人での企画でしたが、2人ともいつも誰が来てもいいと思ってるので(笑)なし崩しにオフ会モードです。先日花見をご一緒しそびれたお初のcarmenさん、会社をサボって休んでのぶりぶりぎっちょうさんのお2人がすでにご一緒予定。

 私は10:30頃伊勢丹の地下をうろうろしてお弁当の下見をしようと思っています。食いしん坊な方早めに来られる方は、こちらからご一緒にどうぞ。
posted by eribow at 15:09| Comment(26) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

浅草、下駄買いオフ♪

 暖かで気持ちのよい好天に恵まれ、着物で浅草行って参りました♪急な声かけにも関わらず、4人も集まって下さり、ほどよくこじんまりした楽しいオフ会になりました。

 待ち合わせ場所の駅改札に私が駆けつけた時、先に着いていた2人は、すでに外国人観光客に「写真一緒に写ってクダサーイ」攻撃に遭っていました(爆)

 通りすがりに、そろばん専門店なるマニアックなお店に遭遇。
そろばんアクセそろばんアクセ2 根付けやキーホルダーなど、和装アクセサリーにぴったりなグッズが一杯!粋だよね〜φ(・・;
 お店のおばさん曰く、「外国人の方のお土産にもよく出ますよ。スーツケースの目印に使う方もいます。」なるほど、これなら絶対同じものはなさそうだ(笑)

 私のうろ覚えな記憶で履物問屋・長谷川商店を探索。
 通りすがりのお店の人に聞くと、花川戸という地名の履物問屋街を教えてくれる。
履物問屋街の碑 なるほど、「履物問屋街発祥碑」なるものが建っています(感心)。ネットで調べたら、毎年12月中旬にはきだおれ市が催されるという。φ(・・;チェーック

合同履物 程なく「合同履物株式会社」というデカい看板登場。入ってみることに。
 いやはや品数の多いこと多いこと(@_@; 行く目的だった長谷川商店とまごうかたなく同業者ですナ。さすが問屋、市価の半額以下です。小売もしているか心配しながら入店しましたが、おばさんがやけに積極的でした(^^; 皆にワイワイ選んでもらって、あおいさんがお目当ての草履をGET!

長谷川商店でお買い物 やっとたどり着いた長谷川商店。膨大な品数ですが、どことなく品格漂って、やっぱり名店だな〜と感じます。銘々お目当ての履物選びに余念がありません。百合さん、環さん、私がそれぞれ購入、3人の職人さんが鼻緒すげフル回転(笑)。

雷門前集合写真


 雷門前で、お約束の記念撮影です♪パチリ
 人力車がいっぱいたむろしていました。あああ、今度は乗りたいなー!


 あまり時間ないながら、よさげな店が多くて、あちこちキョロキョロ。

亀十 和菓子屋さん「亀十」。どら焼きが名物だそうです。どら焼き好きなので涎〜(~Q~; 1個263円は高いような気も?美味しくて大きいからしゃーないか?クー、今度買いに来よう!

文扇堂 扇子専門店「文扇堂」。これまたマニアックかつ浅草らしいですね〜。噺家さんとかが買うからいっぱい要るってことなんだろうなあ。

浅草たんす屋 新仲見世にちゃんと「たんす屋」もある。浅草に3軒もあるようです。

染めの安坊 なまづさんご紹介の「染めの安坊」。クーもう見る時間がありません(><; 場所だけチェック。気になるー!!!

 そしてお昼はその隣の「元祖味噌とんかつ・カツ吉」へ。2階のお座敷へ通されました。1階には偶然、着物姿の女性2人連れが♪はんなり優雅な着姿でステキでした。うう〜ん、着物の似合う街、浅草哉!
カツ吉味噌カツ メニューがやたらと多い(@_@; そして変わっている。餃子とんかつってアリか?チョコとんかつ(要予約)って何だ?あんずとんかつは美味しいのか?
 看板メニュー、味噌とんかつ1700円は若干高い気もするけど(-_-;トロリとした甘目の白味噌がサンドされた薄切り肉。「中から飛び出さないよう作るのって難しいよねー」としばし主婦の会話(笑)。柚子の香の味噌汁が変わっててGOOD。しそとんかつにも味噌が入っていた。
 髪をきりりとお団子に丸め、いなせな感じのお姉さん、分かりましたよ(^_-☆>なまづさん 情報ありがとうございました!

 わずか3時間ばかり、歩いて、見て、買って、慌しいスケジュールでした(^^; その後残った3人は楽しんでったかしら?美味しいもの食べたかなー?(羨) やっぱり浅草って楽しい!(^^) 近いうちにまた絶対行きたい(鼻息)と心に誓ったのでした。
 ご一緒の皆様、おつきあい本当にありがとうございました♪
posted by eribow at 15:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

27日、浅草プチオフ企画

 来週火曜27日午後、浅草へ行く用事ができたので、ちょっと早めに行って着物でぶらぶらしようかと思っています。定番浅草、行ってみたい方も多いでしょうし、ご都合が合う方がいらっしゃったらご一緒しませんか?

 第一のお目当ては、履物問屋「長谷川商店」。ずーっと以前、mizuhoと一緒に行ったことがありますが、ほしいものを絞ってなかったこと、手持ちのお金が足りなかったこと(涙)から何も買わず。懸案になっているのです。
 今回はちゃんとお財布に現金入れて(問屋さんなのでクレジットカード払いはないのです)、目的を絞って、頑張るぞ!(鼻息)

 もう一つのお目当ては、お昼ご飯♪浅草ってよさげな和の老舗がてんこ盛りにありますよね〜(涎)。事前リサーチして、行ってみよう。今のところ、天ぷらがいいかな?と漠然と思ってますが、もっといい候補があればそれも良(鼻息)。
 おすすめのお店、ご紹介下さーい>ALL

 10時頃浅草に着いて、お買い物&お散歩&お昼して、14時前に用事でお暇する予定です。雨天決行。ご興味ある方は、書き込み、または eribow@u01.gate01.com までDM下さい♪

ーーーーー
<26日追記>

 待ち合わせ場所は、銀座線浅草駅、渋谷方面から来て進行方向最前の階段を上った改札、東武線と乗り換えする方の改札口付近で。クリックすると駅のHPに飛びますので、
駅構内案内図
駅構内の様子がご覧になれます。
ホームから出入口までを立体図で案内しています。
をクリックしてご確認下さい。
 楽しみにしています♪
posted by eribow at 18:46| Comment(13) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

中華街春節オフ

 冷たい雨のそぼ降る、東京マラソンが行われた日曜日に、着物で中華街行ってきました♪中村屋ダン之助さん主催の春節&観梅オフだったのですが、午前中の予定が長引いて大遅刻(T-T) もう梅見には間に合わなそうだと諦めて、梅見帰りの皆様とチョイと元町で合流したというわけです。
 寝坊疑惑もあったそうですが、寝坊じゃないわよ!(^^#

春節肉まん屋台 春節中華街 春節雑踏 竜の看板 春節雑踏2 春節お寺
 中途半端に時間が空いてしまったので、30分くらい独りで中華街をぶらぶら(寂)。

幸せのドラ江戸清肉まん  有名な江戸清豚まん500円食べる。うーん、生活クラブの肉まんの方が美味しいような気がする(-_-; 半分残して家族にお土産(セコイ)。
 店頭に「幸せを呼ぶドラ」なるものがあったので、願いをこめてding。

春節オフ集合写真 やっと皆さんと会えました。ありがとう〜(涙)。真澄さん、ゆかさん、zuma☆さんとは初対面。
 なんと偶然洋服姿の璃絵さんに遭遇!洋服姿もキュートでしたよ♪

どら焼きセット これで帰るのは寂しすぎる(T-T)ので、ダン之助さん、zuma☆さんと香炉庵でちょいとお茶しました。八丈島話で盛り上がる!?
 どら焼きセット700円。焼きたての黒糖味どら焼きが美味〜♪こってりした黒胡麻アイスも美味〜♪(食べすぎ?)

 梅は見れなかったけど(悲)、頑張って着て出かけた甲斐があったわ♪お目にかかれた皆様、ありがとうございます!
posted by eribow at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

お泊りOK着物オフはいかがでしょう?

 最近、自宅に着物友達をお招きする機会がぐぐっと増えた私。もともとお客好きと合わさって、人が来る口実ができて嬉しい〜♪
 さて、来週の2月7日(水)・8日(木)、だんなが珍しく出張予定なので、自宅で夜オフが可能です。もし希望の方がいらっしゃったら、夕飯オフ、いかがでしょうか?
 そして、昨年末、非常に久しぶりに 友達をお泊めして、あまりに楽しかったので、お泊りオフもいいなぁ〜と思っています。
 平日の夜、ということで、お勤めの方、主婦の方、どちらにも厳しい選択肢だと思いますが(^^; もしご希望あればウエルカム!子連れ夫連れ歓迎です。着物でなくてもいいです。飲み放題です(笑)。

 コメント、またはDM、お待ちしています♪希望者いるかな〜?(笑)

ーーーーーー
 すいません、せっかくUPしたばかりだというのに、だんな出張延期になりました(T-T) ので中止です。オマヌケですみません‥(泣)。よかったら昼、遊びに来てください(涙ふきふき)。
posted by eribow at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

なつさんと会いました黒ハート

 着物ブログを始めてから1年7ヶ月が経ちましたが、そのかなり初期からブログつながりだった「なつの天然生活」のなつさんと、初対面を果たすことができました(祝)。

 なつさんといえば、飾らないけれどどこか品のいい普段着物、めちゃめちゃ美味しそうな写真の食べ物・料理ネタ、そして滲み出る優しい人柄‥でファンも多いであろう方です。どこかお茶目なところ、ご近所や友達との温かな触れ合い、時折のお出かけネタ‥なども人気かもしれませんね。個人的には酒飲みなところもツボでした(笑)。
 ブログ読み始めた頃は京都在住で、でも元は神奈川にお住まいだったということで、勝手に「横浜つながり♪」と喜んで、いつか会えたらな〜と憧れるのみでした。それが、またこちらへ来ることになったではないですか!『愛の流刑地』で、冬香の夫の東京転勤を知った菊治のように喜んだ私ですよ(違)。

 しかし、私の度々のオファーにも関わらず、なかなか会えず。やっぱり体調第一ですしねえ。私も子供がいるから、夜に突然、とかいうほどのフレキシブルさもないし。たまに話が出ては消えていく、を繰り返して、のんびりまったり時は流れました。
 一昨年冬、和裁ネタが出た時は、それまで以上に激しく興味を惹かれ、家が遠くないこともあり、同じ教室に通おうかと真剣に考えた時期もありました。

なつさんと そのなつさんが、おうちフリマに来て下さいました!「いつでもドタ参して下さい」と陰ながらお声をかけていましたが、あんまり期待してもプレッシャー(^^;で悪いでしょうし、と、あまり深く考えないでいました。そしたら本当にドタ参が叶いました(喜)。
 やっぱり毎日に近く着ているせいか、「ゆったり」した心根で生活しようとしているからなのか、楽そうなのにきれいな着付けで、感心しました。生なつさんは‥ブログ以上に素敵でした!
 まるでミーハーなファンのごとくツーショット写真を撮らせていただきましたが、またピンボケねA(^^;;;
 シャイな人見知り、という感じは全然なく、どんどん打ち解けて、笑い、楽しんで下さったようでした。私の高すぎるテンションはご病気に悪いんじゃないか、と終始ハラハラしておりましたが、大丈夫でしたか?>なつさん

 思えば、そのおうちフリマのきっかけは、集まりすぎてしまった「譲って下さい」欄でやってきた着物たちであり、それは、なつさんのブログのお譲り体験を読んで影響されてのこと。沢山の無料着物たちに囲まれ、大勢の方々をうちにお招きすることができた幸せの、源はなつさんだったのです(感慨)。
 楽しんで読んでいるブログ、参考にさせていただいたブログ、影響を受けた記事はたくさんありましたけど、今現在、一番影響を受けたのはなつさんのブログだったように思います。
 ホント、憧れだった、人気者の(笑)なつさんにお会いできて、感激です。オフ会のことは別ブログで書きますけども、このことは私のとっても個人的な着物ネタなの(笑)。

 来て下さって、ありがとうございました。くれぐれも、無理なさらない範囲で、これからもどうぞよろしくお願いいたします!>なつさん
posted by eribow at 23:54| Comment(5) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

江戸東京博物館〜肉筆浮世絵展・江戸の誘惑オフ

 両国の江戸東京博物館で催されているボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 「江戸の誘惑」、行きたいと思っているうちに会期終了が迫ってきた(〜12月10日)ので、エイヤと行ってみることにしました。
 日時は12月1日(金)。今週です(^^;が、オフ会にしたいと思います。 
 お昼頃両国に集合して、ランチかな。以前行った庶民的な定食屋さん(店名失念。ネットであれこれ探すも不明。)がとても美味しかったのでまた行ってみたいと思っていますが、いいお店情報が他にあればそれも良。

 実は、5月にお能オフ、7月に若冲と江戸絵画展オフなどご一緒してすっかり着物フレンドとなったじゅんさんと、新HP企画中です。mizuhoと始めたこちらのブログは、着物に関して気ままにお喋りし、オフ企画も自分達が行きたい企画に人も来たらいいね、くらいでやっていましたが、そこからもう一歩進めて、定期的なイベント(オフ会など)開催や着物情報交換のできる場を作ってみたくなり、ちょうど似たようなことを考えていたじゅんさんと意気投合して、スタートさせてみることにしました。
 ほぼ完成しているのですが、いちおうこちらのブログと並行させるのに何か問題ないかmizuhoに見てもらってから公開しようと思っています。(忙しいのにゴメンネ>mizuho チェックよろしく!)
 ただ、第一弾で考えた企画がもう、すぐなので(爆)、とり急ぎ私の個人的企画として告知させていただきます。

 ドタ参ドタキャンOK、途中参加途中退席OK、ランチ参加不参加どちらもOK、別に洋服でもOK(笑)のゆる〜い集まりにしようと思っています。ただ気分も盛り上がりますので(笑)、参加希望の方はできればこちらにコメント下さい。eribow@u01.gate01.comにDM下さった方には、当日連絡用の携帯連絡先をお伝えします。
posted by eribow at 20:01| Comment(9) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

きもの日和で着こなしアイデアに感動

 私は初参加だったきもの日和。eriの報告の補足で、こぼれ話を。何が面白かったって、参加者の着こなしアイデアの数々! 春夏秋冬で構成された「きもの大好きファッションショー」も面白かった。

母子コーデ 会場で目を引いたのはかわいい子どもの着物姿。七五三のきっちりした着物姿あり、ウールあり、銘仙風あり。写真の母娘はショーにも出ていたけど、ぴかイチのかわいさ。手づくり着物で、さりげなく母娘おそろいコーデ! こんなに小さいのに、着物着るのが好きな感じがまたすごい。おしゃれさんなのね〜。帯もレース使いでかわいかった。



ミッキー帯 桃太郎さんのミッキー帯! 当然手づくり・・・だよねえ。前も後ろもかわいかったので写真撮らせていただいた。うーん、大胆で面白い!


ショーの着物 ショーの着物で一番感動したのがこれ。多分手製のビーズ刺繍に、帯は梱包材の「ぷちぷち」! ひょえー、そんな手があったか! ショーでは他にも、電飾つきのクリスマス帯(乾電池入り?! 電飾ついたのは一瞬で写真撮りそびれる)とか、びっくりするアイデアがたくさんあった。うーん、普通の着物ショーじゃ見られないよね、こんなの・・・男性着物もいろいろあったけど、奇抜さではいまいちだったな〜(何を期待しているのか・・・)。

バーコード着物 会場に展示されている着物たちもなかなか見がいがあった。その中でもツボにはまったのがこれ。一面バーコード柄!

バーコード読みとり 携帯のバーコード読みとり機能を使うと、「年寄りの冷や水」とか「貧乏暇なし」とか、ことわざが出てくる。それも場所によって全部違う言葉・・・アイデアもすごいけど、本当につくってしまったのが素敵! お金持ちだったら買って着て歩きたい〜。着ているだけでネタ、というのがいいよね。

梅吉ライブ
 そんなわけで、いろんな「着物遊び」を見られて楽しかった〜。ライブのうめ吉さんの舞妓さん風衣装もかわいかったし。
posted by mizuho at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

2006年きもの日和、行ってきました

 昨年初参加だった、きもの日和イベント、今年も行ってきました!

2006きもの日和集合写真 待ち合わせてお会いしたのは、総勢7人+お子さん2人。ほぼ全員が初心者ズでありました。そのうちお2人は着物で外出するのがほぼ初めて、お1人はお太鼓初めて、mizuhoと私も着物歴1年?2年?MARUさんお嬢さんも多分初心者だと思う(笑) いかがでしょう、皆立派な着物姿ではないでしょうか?(-_-)v
 紬、ウール、銘仙、お召し‥思い思いの普段着のお洒落。母親からのお譲り品、ネットオークション、リサイクルショップ、と思い思いの「お金かけない」着物選びです。
「由庵」で和食ランチ
 時間を決めない待ち合わせだったので、携帯電話を駆使しまくって、なんとか恵比寿駅で集合。後で合流したMARUさんを除く6人で、駅ビルでランチ。お洒落なムードの和食やさんです。楽しそうでしょう?

 会場では、今までのオフ会でお会いした方々に大勢出会いました。
くすだまさんとお友達

 モダンでシックな装いが決まってるくすだまさんは、お友達連れで。さすがお友達同士、着物のセンスが似てる!?バッグについてるお花のコサージュはお揃いで買ったそう。

Yayoさんご夫妻

 Yayoさんはご夫婦で。あれれ、だんな様は洋服だよ〜?新年には着物姿でこのブログにも登場して下さったのに。せっかくカッコいいんだから、着物着て下さいね♪>Yayoだんな様 まるで新婚のようにラブラブなお二人でした(*^^*)

たいすけさん
 やっとお会いできました、ブログつながり、男着物のルーキー、たいすけさん。実物は一段とほっそいですね〜(^^; 着慣れた感じが漂いまくり、ポーズも決まってます。

夕那さん
 夕那さんは‥なんか昨日も会ったんですけど(笑)。極妻を目指したファッションだそうです?!

じゅんさん
 一人だけ後姿写真になっちゃってごめんね〜(^^;>じゅんさん 写真の色がいまいちですが、実物はもっと明るく上品な優しい色合いです。

桃太郎さん
 お会いするのは2度目の、桃太郎さん。帯につけた、オリジナルの携帯電話用ケースにご注目を!リンクしますので、よろしくね〜♪

 ファッション・ショー出演者以上に見事なコーディネートに感動した璃絵さんをはじめ、写真を撮りそびれた方、お会いできそうなのに出会えなかった方、結構いました。残念‥。

 昨年はビッチリとステージを堪能し、着物姿チェックしまくりで、燃えてましたが、今年はお会いした方とお喋りしたり、お買い物に走ったり、まったりと過ごしました。心配したほど混んでなくてほっとした。
 朝が早く、着付けが大変だったので(その話題はまた後日)、最後まで粘らず退散しました。mizはじめ今年初めて参加の方々も楽しんでくれたみたいで、ヨカッタヨカッタ(^^) 人にもお奨めできるイベント、ということで、来年もチェックだわ〜。
posted by eribow at 23:51| Comment(13) | TrackBack(2) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

bonbonさんと旧古河庭園バラオフ

 香港在住のブログお仲間bonbonさんが一時帰国されるという情報をキャッチして、旧古河庭園でシークレット・プチオフ(笑)を企画しました。せっかくの在日機会、着物でお出かけできるスポットがいい、庭園散歩なんていいな〜と候補を挙げ、ちょうどバラ・フェスティバルが催されているのを発見して、狙ってみました。
 穏やかな秋晴れに恵まれ、絶好のバラ日和になりました♪

 正門前で待ち合わせです。初対面ですが、着物姿は分かりやすい〜(笑)。
黒いバラ  赤いバラ  紫のバラ
あけぼの色のバラ  白いバラ  黄色いバラ

 バラは見頃でした。園内は、本格的なカメラを構えたおじさま方や、携帯写真向けるおばさま方で、結構な人出です。bonbonさんも私も花好きなので、ハッピー!

旧古河庭園洋館とバラ前でbonbonさんと 普段は何千キロも離れているbonbonさんと、感動の(笑)記念撮影。帯揚げが飛び出てたり、私の着付けいまいち(すぎ)ですが、ツーショット写真これしかない(TーT)

アンティーク着物2人組前アンティーク着物2人組後姿 アンティーク着物が素敵な、2人組を発見!さっそく近づいて、写真撮らせていただきました。顔アップOKとのことなので、可愛いルックスごと公開〜。帯結びもステキ。こういう若くてきれいな女の子達が普通のお洒落として着物を楽しんでるのに出会うと、ほんと嬉しくなります。
 ほか、50代くらい?の奥様3人組の着物姿も見かけました。ピンクの小紋だったり、はんなり系で優雅。
 こじんまりした公園なので、けっこうな着物率です。やっぱり、着物着て行きたい場所として思いつくのは、同じようなものなのかなあ。庭園、洋館、っていいですよ!(鼻息)

旧古河庭園池之端bonbonさん 和風庭園も広がっています。紅葉(もみじ)が一部紅葉し始めていました。
 bonbonさんは、菊柄の帯を角出しに。池の畔(ほとり)に佇む着物姿、絵になる〜♪

 洋館の一階の一部が、喫茶室になっていました。レトロで豪奢な空間。メニューはショボかったけど(爆)。エキサイティングなインターナショナル生活の話てんこ盛り、陽が傾きかけるまで話が弾みました。

 これだけだとナンだから近場に足を伸ばしてみよう、ということにして、bonbonさん行ったことないとのことなので巣鴨へ繰り出してみることに。

菊花展 刺抜き地蔵では、ちょうど菊花展が開かれていて、何だかお花三昧の一日(笑)。

清水畳店 じいちゃんばあちゃん系の店の連発、bonbonさん面白がってくれました。古めかしい店構えの和の店で、面白い柄の手ぬぐいや和のバッグが揃っていて、思わず熱心に物色しています。日本土産に、いかがですか?(笑)
 有名な赤パンツの店に笑ったり、揚げまんじゅうをパクついたり、お買い物ストリートそぞろ歩いて、夕方まで過ごしました。

 お誘いメールを出したのもドキドキ、無事に会えるかドキドキ、(ブログ上と同じように)いい間柄になれるかも会ってみるまではドキドキでしたが、結果は大満足!
 ずーずーしいアプローチに応えて下さって、面白くて貴重なお話をたくさん聞かせて下さって、本当にありがとうございました>bonbonさん これからもよろしくね♪

ハロウィン足袋<おまけ>1日遅れだけど、念願の(笑)友人Soya製足袋をデビューさせてみました。実物はもっと「紫」。バッグもSoya製の紫、なかなかいいコーディネートです。ありがとね>Soya

posted by eribow at 00:04| Comment(4) | TrackBack(1) | 着物でオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。