2007年08月23日

形見分けの着物

 soyaのお連れ合いから、着物を貰ってもらえないか、という申し出があり、いただいてきた。四十九日前ではあるが、形見分けということでいいのかな。お下がりで成り立っている私の「着物遊び」であるが、こういう形で着物を譲られるのは初めてだ。

soyaの着物1.jpg 礼服関係は実家で引き取った後らしく、普段着が2枚残されていたので、eribowとワンセットづつ、と半幅帯と着物を2組いただいてきた。これは多分ウール。soyaがウールを買ったという話は聞いたことがないので、実家から受け継いで着ていたものかもしれない。




soyaの着物2.jpg これは見覚えのある着物。おそらく、soyaが自分の給料で買った最初の着物だと思われる。着付けを習い始めた頃に、練習用に先生に見立ててもらった、みたいな話をしていた記憶があるので、ポリだと思うがよくわからない。
 soyaはこういうはっきりした柄がよく似合うのだ。

soyaとの写真.jpg
 soyaと着物姿で撮った、今となっては貴重なツーショット。写真の日付は10年以上前だ。
 soyaが就職で鹿児島に戻って3年目くらい。うちに泊まりがけで遊びに来るとき、着付けを習い始めたので練習台にさせて、みたいなことを言われた。で、実家から振袖を借りてきて着せてもらったのだ。このときsoyaが自分で持ってきたのがこの着物だった。

 当時soyaが着付けの講師の資格をとろうとしている、というのは意外だった。このブログでは手作り足袋の話ばかり書いているので、手仕事が好きな和風女性のイメージがあるかも知れないが、soyaはもともと、理系でさばさばしていて女友達より男友達が多いキャラなのだ。裏表がなくて率直でいいヤツ。たいがいすっぴんで機能優先ファッション、スカート姿も制服以外あまり記憶にない。

 そんなsoyaが着物ねえ、と思ったものだが、この着せ替えごっこはなかなか楽しかった。数年後、私が育児休暇で暇になったときに着付け教室に行ったのは、多分このときの記憶があるからだ。とすると、私の着物遊びの原点にはsoyaの影響があったということなんだなあ。

<eribowのコメント>
 本当は、この隣に私も写った3ショット写真が近々できるはずだったのにね。色気のない高校友達トリオが、中年着物トリオとして再結成されるはずだったのにね。(心の中ではすでに結成されていたけど!)
 私もSoyaが着付け、というのに最初はびっくりした。でも一見「男らしい」女性の中に潜む女性性、というものに気がついた一件でもあった。普段化粧をしない彼女が、結婚式のドレス姿で大化けしたのと並んで、印象的だった。
 明日は四十九日。今頃になって、Soya、どうして逝っちゃったの?と疑問でいっぱいです。


posted by mizuho at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

夏の着物を買う

 実はもう1ヶ月近く前の話になるが、初めて「夏着物」を買った。

小千谷縮.jpg 麻の着物が欲しいなあ、というのは前々からの願望だったのだけど、久しぶりに「かないや」さんのHPを検索していたら出会ってしまった。サイズぴったりの小千谷縮! 
 リサイクルで25000円。即決できる値段ではなかったんだけど、とりあえず予約入れてお店へ。
 その前にもちょこちょこリサイクル店を物色してて、麻の出物は少ないし高いということもわかっていたんだよね。で、取り出された着物が羽のように軽くて、もうくらくら。結婚式着物以来買い物してなかったし、まいっか、と買ってしまった。

羅の帯.jpg で・・・帯は買うつもりなかったんだけど、夏帯を持っていないことに思い当たり(半幅はあるけど)、なんとなくあわせているうちに羅の帯まで購入。新古品で18000円。これは30分くらい迷ったのだけど、締めて涼しそうなのと、羅の帯でこれ以上好みのには出会ったことがなかったので、迷った末にお持ち帰り。あー、またあと半年は買い物できないなあ。

<eribowのコメント>
 うわー、予算使い尽くしましたね(爆)。表題に「月1万円以下」と謳ってるのに‥うくく!(^m^) 「普段着物が好きだから、もらいものでいいや、木綿と半幅でいいや」と思っていても、気づいたらイイもの買ってる、名古屋帯締めざるを得なくなってくる‥着物病の泥沼と申せましょう(うんうん)。
 夏物は、お仕立て込み帯とセットで5万という正絹絽&絽帯の正統派(安いけど)からスタートした私が、着物風に着られる浴衣をゲットし、木綿の縞の半幅を入手し‥と幅を広げていったのと逆方向ですね。そうです、いつかは「あれもこれも」ほしくなるのだ〜(^^;


<mizuhoのコメント>
「月1万円以下」は、結婚式の訪問着買わなきゃならなくなったあたりから「年で平均して」になってるのだ。だから5ヶ月買い物しなければ私的にはおっけー。ブログはじめてから意識的にカウントしているので、平均1万円以上は使ってないはず。
欲しいものはかなり絞られているので「あれもこれも」という感じではないよ。夏着物で絹は多分手を出さないと思う。浴衣以外に着る気になる夏着物なかったので、麻欲しいな〜とずっと思っていたんだよね。羅の帯は、つもりとしては来年だったんだけどさ。

 
posted by mizuho at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

和グッズのプレゼント

 またまたeribowにお任せ状態が続き、すっかり影が薄くなっているmizuhoです。皆様こんばんは。

和小物プレゼント.jpg
 もうすぐ誕生日で、妹夫婦からプレゼントもらった。
 蛍の飛んでいる扇子、こい紫の帯締め、髪飾りにも帯留めにもなるコサージュ。真ん中のちっちゃい金具は「ブローチを帯留めにする」便利グッズ。こんなのあったんだ! これがあればブローチの金具をペンチで削り取ったりしなくてすんだなあ。
 それから、サヤエンドウ柄の手ぬぐい。これは義弟(うわー新鮮な響きだ!)が選んでくれたそう。かわいい〜。
 
 こういう小物もらうのって嬉しいなあ。浴衣で蛍狩り行きたいな〜。

ーーーーー
 しばらく書かなかったのは、仕事の企画書きで頭がいっぱいだったせいではあるのだけど、ここのところeribowの書く内容に違和感があり、それをどう表現していいか悩んでいたというのもあったりする。
 eribowの書く記事は一読者として面白く読んでいるし、別に書いている内容が納得できないとかそういうことじゃないんだよね。だけど、私のスタンスとは大きく違う。共同ブログなんで、たとえばmixiの私のページから飛んできたりする人って、ここに書かれていることは私の意見だと錯覚するんだろうなあ、と思うと、なんとなく心がざわざわしたりするわけだ。

 まあ、そんなことは共同ブログを提案した段階からわかっていたわけで(そもそも共同ブログやろうよ、と言い出したのは私だし)、本来なら、eribowの書く内容に反応して私の思うところを書いていけば共同ブログならではの面白みが出るはずなんだけど。ちょうどeribowのヒートアップと企画書きが重なってできなかったんだよねー。それに、「違和感」の正体が自分でもよくわからないこともあって。

 一番大きな違いは、eribowは世の中を変えたいと思っているけど、私はあまりそういうことに興味がないってところなのかも。私にとって着物はあくまで趣味であって主義ではないんだよね。「着物遊び」して面白いことをいろんな人と共有できたら楽しいなあ、仲間が増えると楽しいなあ、というところでブログやっているわけで。「もっと! 着物遊び」に私が参加してないのもそのスタンスの違いなんだと思う。あ、オフ会は楽しく参加してるけど(笑)。

 結論としては、仕事も一段落したので、eribowともっと語り合おうってところかな。このブログももうすぐ丸2年。テンション落ちずに(というか、上がり続け?)続いているのはeribowのおかげだね。

<eribowのコメント>
 おおっ、mizuhoだ!(@O@; 久しぶり〜待ってたよ〜(涙)

 共同ブログなのに私のキャラががんがん立っちゃってて申し訳なく思ってたよ〜。スタンスの違いはあって当然、だから別ブログを立ち上げたの。ここは共通するところを楽しむところ、私にとっては「主義」を形にする場所ではなくて、ブツブツお喋りをする場所と、自分の中でも使い分けてました。私だって単純に楽しいだけ、という部分はずっとあるしね。
 それでも私のテンションが高いので(^^; 確かにmizuhoつながりの人だと「???」になっちゃうかもね(^^;;; 私としては、もっとmizuhoが出てきて私のことを「薄めて」ほしかったんだけど、書けない状況も知っていたし、催促しても‥ねえ。好き勝手に書いててゴメンネ(-_-;
 私としては、mizuhoとの好みの違いやスタンスの違いは楽しんでいるので、私と違うところはドンドン強調してほしいかも♪

posted by mizuho at 23:43| Comment(13) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

手作り足袋、届く

 eribowとの共通の友人、soyaから手作り足袋が届いた。
 soyaにはハロウィン足袋バッグなど、今までにも何度も手作りものをもらっている。遠くに住んでいるので、もう何年も会えていないのだけど、着物ネタでいろいろやりとりするようになってから、なんだかとても近くにいるような気分。

soyaの足袋.jpg 今回はeribowリクエストの金魚柄、私のリクエストの桜柄に、バッグとおそろいの招き猫柄、おまけに娘たち用にレースをつけた白足袋を送ってくれた。同じ柄の半襟もセット。なんだか贅沢〜。soya、いつもありがとう。

 金魚柄、かわいくて夏の浴衣に合いそうでいいなあ。これ、欲しい人いるんじゃない? soyaは格安(1500円くらい?)で受注生産に応じる気あるみたいなので、欲しい方はコメントどうぞ。そのうちeribowのおうちフリマの商品にしてもいいかもね。

 友の手の ぬくもり添えて 春の足袋

<eribowのコメント>
 待ってました♪>自作足袋 格安柄足袋オーダーって、贅沢ね〜 真っ白じゃないけど淡い色なのが使いやすそう。<金魚足袋 うちに来るの、楽しみにしています。mizuhoの桜足袋も、何気に素敵よ!

 ところで、mizuhoの「ここで一句」、どうしてもちびまるこちゃんのお祖父ちゃん・ともぞうの心の俳句を思い出してしまって‥スミマセン(^^;
 私も真似して一句と行きたいけど、絶対受け狙いに走っちゃいそうだからな〜(悩) それじゃ俳句じゃなくて川柳だ!


posted by mizuho at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

春色ウール着物

 風が冷たかったけど、今日は立春。ページデザインも春にしてみた。ほんとは梅がよかったんだけど選択肢になくて残念・・・って昨年も同じような事書いてるね。


春色ウール.jpg これも最近母からもらったウール着物。ちょっと薄手で軽く着やすい。外出着としてはかわいらしすぎかな、ととりあえず家で着ることに。そのうち娘用になるかも。

 でも、明るい色を着るとなんとなく春気分。着ているものが気分に及ぼす影響って大きい気がする。家で着る着物こそ、明るくてかわいいものがいいかも。
posted by mizuho at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

結婚式用袋帯を買う

 2月の妹の結婚式のために訪問着を買った話は前に書いたけど、その後日談。

 帯は実家にきんきらした袋帯がたくさんあるので買わなくていいや、と思っていたのだが、合わせてみると全然合わなかった! なんというか、材質感が全く合わないのだ。
 買った訪問着はわりと繊細な刺繍で、生地はさらっと軽くてそんなに厚手でもない。絨毯みたいなごっつい(そして重い)袋帯を合わせるとあからさまに帯が浮くのだ。黒留なら合うんだけど・・・

 名古屋帯ならそれなりに合うものもあった。でも、結婚式の訪問着には袋帯で二重太鼓、とどの本をみても書いてある。別にいいかな、と一度は名古屋帯コーデをしてみたのだが、どうも「二重太鼓」そのものに縁起かつぎのような意味もあるらしく、そうすると式参列にはやっぱり気が引ける。

結婚式の帯.jpg で、仕事で鶴見に行ったついでにかないやさんに相談に行き、結局袋帯を買ってしまった。どうも「絨毯みたいな袋帯」は昔の手織りもので、私の買った訪問着はわりと最近の生地なので合わないようだ。最近の袋帯は技術革新で薄手で軽く、上質になっているとか。うーん、帯の生地にもいろいろあるのね・・・

 で、あれこれ出してもらい、結局これにした。21,000円。ついでに帯揚げと帯締め(ともに新古品で2,000円)も買った。帯締め、母から金銀のごついやつをもらっていたのだが、最近はそういうのは使わない、ときっぱり言われてしまい・・・そういうもの?? まあ、抹茶色と金の帯締め、気に入ったのでよかったんだけど。

 さて、当日も近づいてきて、気分も盛り上がってきたぞ〜。
posted by mizuho at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

茶羽織ゲット!

 おうちでウール着物、も定着してきた今日この頃。気がつくと夏からずっと、ほぼ毎日家で着物を着ていることになる。浴衣ー綿ーウールへの移行は思ったよりスムーズだった。ウール着物にウール帯は暖かいので、夏より冬は着物向きな感じがする。

茶羽織.jpg 結婚式の着物相談で実家に帰ったとき、毛糸の茶羽織をもらった。
 「茶羽織」というものもよく知らなかったのだけど、タグにそう書いてあったので、検索してみたら旅館なんかで出てくる上着も茶羽織というらしい。うーん、まだまだ知らないことが多いなあ。

 暖かさでは半纏に負けるけど、上から割烹着を着るとかなり暖かいし、なかなか見た目もかわいい。でもまあ、外には着ていけないよね。まさにおうち防寒着という感じ。こたつにみかん、と似合いそうでしょ?
posted by mizuho at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

懐中時計を買う

 ちょっと前のネタなのだけど、ネットの歳末バーゲンで「懐中時計」を買った。前から欲しいと思っていたんだけど、いまいち出会いがなく・・・腕時計は着物には似合わないし、帯の間から懐中時計、いうのにあこがれていたんだよね。

懐中時計.jpg 何度か記事にも書いている「キモノ 仙臺屋(和織染)2号店」の歳末バーゲンにて。共同購入で1,650円。とんぼ玉がかわいい。大きさ(直径二センチくらいかな)も手ごろ。なんだか自分へのお年玉という感じで嬉しい。

懐中時計文字盤.jpg
 時計選びで重要なのが文字盤。数字がみやすく、ちゃんと1分づつの区切りがあって、ぱっとみて時間がわかるシンプルなのが好み。まさにこういうの! 数字がないのはおしゃれだけど好きじゃないんだよね。

 買ったものの、仕事が繁忙期突入で、なかなか出番がないのが悲しいけど・・・妹の結婚式が初出番かな?
 
posted by mizuho at 23:01| Comment(8) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

訪問着を買う

 雨の中、かないやへ行ってきた。年末、皆さんにつきあわせて決断できなかった「妹の結婚式用着物」を買うためである。

 ぶりさんに年末にまた商品が入っていた、という情報をいただき、HPをチェックしたら好みの付け下げが入っていたので、キープを入れて店に行った。
 ついでに、HP全部チェックして気になるものは全部出しておいていただいた。この前もこうすればよかったのね。ネット上には膨大な商品が出ているんだけど、店に全部在庫しているわけではなく、倉庫から出さねばならないものもあるそうだ。

刺繍訪問着.jpg 結論からいうと、買ったのはこれ。刺繍訪問着。

 地色は明るめのグレーのグラデーションで、丁寧な刺繍が入っている。実は、年末に迷いに迷って買わなかったのは、これにとても似ている着物だった。地色が薄い桃色で、やっぱりこんな感じの刺繍。でも、こちらの方が刺繍がきれいに浮き出ている感じがして気に入った。

 そして、決め手はサイズ。まるで誂えたようにどこもかしこもぴったりだったのだ。リサイクルでサイズぴったりってなかなかない出会いだよね。
 値段は4万5千円。かないやの値段のつけ方はどうも、新品のときの定価の1割前後という感じなので、多分誂えた時は40万くらいはしたんだろうなあ。まるで一度も着てないみたいにきれい。

 ネット上でチェックしていた着物たち(10枚くらいあった)は、かないやのおかみさんにことごとく却下されてしまった。式にそぐわない、すぐ着られなくなる、サイズがいまひとつ合ってない、などなど。
 うーん、いちいち納得だし、はっきり言っていただける安心感もいいんだけど、「これは若すぎ」とか言われるとちょっと寂しいなあ。まあ、式の服だし脇役なんだからあんまりはみ出るのも良くないかな。帯で華やかにすればいいか。あと、重ね襟のお知恵をいただいた。

 着てみたらなんとなくしっくりして、帯を変えれば子どもの卒業式や入学式もいけるな、というイメージができてきた。そんなわけで、初の「訪問着」ゲット。実は、「式」に着られる着物ってなかったんだよね。さあ、コーデ考えなくちゃ!

posted by mizuho at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

着物プチフリマでお買い物

 eribowが「もっと!着物遊び」の方で企画した、「着物プチプチフリマ&忘年会」に参加。会の報告はそのうちeribowが書くと思うので、私がゲットしたもの報告〜。

 実はこのフリマで買うつもりはあまりなかったんだけど・・・。むしろ、フリマの前の「かないやツアー」で妹の結婚式用の着物を買うつもりだったんだよね。でも、ぶりさんやひろみさん、天和斎さんに1時間もつき合わせて(ありがとう! ごめんね)、結局決断できず。一目で「これっ!」ていう出会いがなかったんだよね。結構気に入ったのはあったんだけどな・・・

 でも、浴衣以外の着物は買ったことなかったので、試着はかなり楽しかった。で、eribowんちのフリマでも調子に乗ってどんどん羽織っているうちに、ついつい買うことに・・・
 実は、唯一手持ちの着物で着たことなかった波柄着物をこのフリマに持ち込んだので、「手持ちのもらいものは全部着た!」状態になり、買ってもいいかな〜という気がしてきたってのもあるんだけど。

フリマコーデ.jpg えへへ〜これ一式。黒の銘仙、ピンクの羽織はeribowからそれぞれ500円、1000円で。
 羽織は派手〜と思っていたんだけど、羽織ってみたら袖の長さが銘仙にジャストサイズな上、妙に似合う。ついでに有瑠璃さんが出品されてた羽織紐(1000円)も買ってあわせる。
 帯は、実は誰かいらないかな〜と自分で持ち込んだ付け帯。この組み合わせが似合うので結局自分で着て帰ってしまった(笑)。帯締めはなまずさん、帯揚げはeribowからいただく。トータル2500円でコーデ完成! 

つむパンさんより.jpg つむパンさんより1枚1000円で買った着物。紺のサマーウール、透ける感じも色もすごーく好み。チェック(?)の着物は「お嬢さんにどう?」とすすめられたんだけど、結局私が着るかも。状態もきれいで嬉しい。あ、これって小紋? 個性的な柄だよね。

夕那さんより子どもの着物.jpg 夕那さんより、「汚れが気になるので欲しい人がいたらあげる」と出していただいた子ども用着物。
 実は銘仙の袖の長さとぴったりだったので、これでうそつき袖つくろう! と持ち帰る。そしたら、娘が喜んで羽織っていたりして、しばらくはさみは入れられないかも・・・

 いろんな着物着て、おしゃべりして、あー楽しかった! eribow、参加の皆様、ありがとう。

posted by mizuho at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

手づくりグッズを買う

 先日のパーティ会場では、手づくり大好きなメンバーが小さなブースを出していた。で、しっかり買い物。

tedukurimono.jpg こちらが買った品。大き目のがま口財布は前からほしかったもの。ひつじさんみたいにつくれるといいなあ〜と思っていたんだけど、いつになるかわからないし、柄がかわいいのでついつい。500円。もちろん、帯にはさんで使うのだ!

 ショールをとめるためのピン2つ。800円くらい。きらきらしてかわいい〜と衝動買い。ほんとは娘たちにお土産のつもりだったんだけど、やっぱり自分で使うことに。着物でなくても、無地セーターのアクセントにもよさそう。

 それから、会場で買ってすぐにつけてしまったチャーム。クリスマスツリーとトナカイがついていてラブリー。700円だったかな? レシートとかなかったので記憶がおぼろげ。バッグにつけてもいいよね(というか、もともとそういう用途だと思う)。

 つくった人の顔が見える手作りものって、なんだか持ってて嬉しい。楽しいお買い物でした!
posted by mizuho at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ポリ足袋を見直す

 土曜夜のパーティ、足元はいつものように柄足袋だったんだけど、初の「ポリ足袋」だった。船橋の激安呉服店で500円切ってたもの。基本的にポリはあまり好きじゃないので惹かれないのだけど、よく見たら内側は綿100%だし、安いし柄もまあまあ、試しに買ってみたのだ。

ポリ足袋.jpg 実は、雨だったので、このポリ足袋と時雨下駄で出かけ、会場で別の柄足袋と草履に履き替えるつもりだった。
 でも遅刻ぎりぎりになってしまい、案外ぬれてなかったので下駄と草履だけ履き替えて会場へ。

 そしたら、「足袋かわいい〜」と複数の人に誉められてびっくり。確かに、案外着物とも合ってるんだよね。ポリのつやつや感とラメの素材感があってるのかな??

 内側が綿なので履き心地もいい。何より、全然しわにならない! 愛用している綿の柄足袋って、洗うたびにちょっと色あせてくるし、やっぱりしわが気になるんだよね(アイロンかければいいんだろうけど)。
 ポリ足袋、案外いいかも。ちょっと見直した夜でした。
posted by mizuho at 20:56| Comment(7) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

またまた布を買う

 「明日」とか書いておいて結局明後日になってしまったけど、「西梵ギャラリー」で買った布の報告。ほんとは、買うより先につくらなきゃいけないんだけどね・・・(遠い目)

藍染布.jpg うーん、写真にするとよくわからないけど・・・ジャワの藍染の布(木綿)。多分手染め、手織り。73×270センチとかなり大きい。色と風合いに一目ぼれ、ああ、帯にもいいし袋物にも、これで日傘つくろうかなあ、ともうどんどん妄想が広がってしまった。でも値段は6800円! 普通あきらめる額なんだけど、閉店セールで3割引になるというので、えいやっと買ってしまった。ああ、何つくろう。鋏入れるのもったいないよー。

ハギレ.jpg こちらはハンカチ大のはぎれ、3枚で500円なのがこれも3割引。更紗? はぎれにも弱いんだよねえ。そしてたまっていく布たち・・・ああ、つくらないと。



襦袢地?jpg ついでに紹介。これはこの店ではなく、地域のお祭りみたいなところで買った。おばあちゃんたちが、古い着物をほどいて洗って、はぎれとして売っていたのだ。かなり薄い生地なので襦袢かも。黒地が300円、ピンクが200円で、ちょうど「うそつき袖」ができるサイズ! これはすぐ生かせそう。


 私の場合、着物が好き、の半分は「布が好き」じゃないかなと思う。着物って、「布」に近いんだよね。着物本体にしても帯にしても、魅力的な布をそのまま生かしやすいかたち。
 洋服だとやっぱりデザインのインパクトが大きくて、布は「材料」という感じなんだけど、着物は、布をそのまま纏っている感じがする。

 アジアの服文化の一部には、「布は切らないほどよい」という価値観があるらしい(インドのサリーなどがそうかな?)。それってすごーくわかる。
 布を切り刻む洋裁より、余さず使う和裁の方が好き。といいつつ、つくる時間を捻出できないまま、布がたまっていくのだった・・・
posted by mizuho at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

おうち着物にカフェエプロン

 おうち着物のネックはやっぱり帯。夏の間、暑さに負けて伊達締めを帯代わりにしていた私だが、やっぱりちょっとだらしないし、そのまま宅配便に対応するのも気が引ける。で、最近のお気に入りは「カフェエプロンを帯代わりにする」である。

カフェエプロン.jpg こんな感じ〜。このカフェエプロンは、実はミスタードーナツで当てた景品。店頭でスクラッチで当てたのは初めてかも。この写真だとちょっとヘンな感じに見えるけど、ボタンでとりはずしできるプチタオルがついている。ポン・デ・ライオングッズなんだけど色使いがシックで結構お気に入り。

 エプロンなので炊事も安心してできるし、お腹まわりが案外落ち着くし、見た目もそこそこ(だと自分では思う)。なんだか居酒屋バイトチック?

posted by mizuho at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

大島紬、仕立てあがる

5月に仕立てを決意したのに、いろいろ取り紛れていた大島紬、ようやく仕立てあがった。反物は親戚から母経由でいただいたもの。

 遅くなったのは、仕立てを頼んだのがブログつながりで親しくなった和裁士のたまこさんで、実際に会って採寸して欲しい〜と私が我儘を言ったからだ。なかなか予定が合わず、結局夏の暑いさかりにご自宅に伺って採寸していただいた。和裁士の仕事をみたいなあと思っていたのだが、ダン之助さんが箪笥の中身をあれこれ見せてくれたりして、ミニオフ状態で盛り上がっているうちに時間がどんどんすぎてしまった・・・

大島紬仕立て上がり.jpg で、先日、仕立てあがった大島紬が我が家にやってきた。嬉しくて、届いたその日に着てみたのだが写真をとる余裕がなく、今日改めて着て写真とってみた。まだしつけ糸ついたままだけど。

 届いた最初の感想は「軽い!」。単衣で仕立てると、絹って軽いんだなあ。うちの単衣はウールや木綿ばかりなので、ちょっとびっくり。

 フラッシュのせいでかなり光っているけど、もちろん実際はこんなにてかてかしているわけではない。色が渋いので、たいがいの色に合うのが重宝。しっかり湯通ししていただいたせいで、反物でみていたときより風合いがよくなり、着ていてとても気持ちがいい。生地がひんやりしているので、暑い時期に良さそうだ。それに、サイズが合っているのでやっぱり着やすい。あー、お仕立ての快感が癖になりそうで怖い・・

 採寸のついでに、自分で仕立てるときの寸法を教えてもらった。衝動買いの浴衣反物は自力でなんとかしよう、と決意。ま、一年計画で(笑)。たまこさん、丁寧なお仕立てありがとう! 早く着てお出かけしたいな〜。

<eribowのコメント>
 おっと、入れ違いで投稿(笑)。お互い和裁ライフへの布石ネタ?(爆)
 お仕立て完成、おめでとう♪これなら私のプーケット土産のタイシルク帯も合うかも!着るものに悩む単シーズンに理想の1枚ね。いいな〜早く実物見てみたいです。
 
posted by mizuho at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

「すててこ」に感動

 実はお香づくりオフのとき、密かに「デビュー」させていたものがあった。それが「すててこ」。写真どうしようかな〜と10秒悩んだけどやっぱり自粛。えへへ。

 いろんなタイプがあるようだけど、私が買ったのは綿100%の膝丈のもの。揚柳っていうのかな? しわしわ加工でさらっとしている。裾にレースつき。
 夏にはすててこがいいよ〜というのはあちこちで目にしていて、ずっと気にはなっていたのだ。で、いつも食品買っている生協のカタログで良さそうなのがあったので買ってみた。

 で、これがね、感動的に涼しい。そうか、両足の間にさらっとした布があるって快適なことなんだ! って発見。ひょっとすると、何も着ないよりも涼しかったりするかも。 
 オフのときは、さらし肌襦袢+揚柳すててこに簡単補正だった。外に出る下着(それなりに着崩れない)としては、今のところベストに近い涼しさ。帯は博多紗半巾帯だったので、帯板もしなかったし。

 タオルでの補正は、夏の初めの頃はちょっとしてたけど、やっぱり苦手。なんだか、汗でじっとりしてしまうんだよね。そういう意味でも、さらしや揚柳は好みの素材。ばち襟肌襦袢はうまいこと胸を押さえてくれるので、結構きれいに着られる気がする。

 一回はいてすっかりファンになったすててこ。唯一の問題は、脱いだときかっこ悪いことだなあ。デートだったらおすすめはできないかも。ま、私は今のところ関係ないけどさ(笑)。
posted by mizuho at 21:55| Comment(9) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

この夏みつけたお役立ち小物

 浴衣ばかり着ているこの夏。すっきりしない天気が多いし蒸し暑いよねえ・・・せっかくある麻の長襦袢も着ないで夏が終わりそう。そんなわけで、買った小物も浴衣用ばかり。

ハンズの髪留め.jpg ハンズで買ったバレッタ。紫のが1200円、オレンジのが1000円だったかな? 髪が肩よりちょっと長いくらいまでのびたものの、アップにするにはちょっと足りないので、これが役立っている。後ろの髪をぐるっとねじってとめてしまうと、あっという間にすっきり。暑いので、洋服の時も重宝していた。染の里二葉苑というところの商品で、着物の柄からとっているので浴衣にもよくなじむ。

子どもの前板jpg これが意外なお役立ちグッズ。子ども用の小さなメッシュ前板。もちろん娘の浴衣用に買ったんだけど、途中から私のものにしてしまった。幅が狭めの半幅帯だと、前板がのぞきがちなんだけど、これなら安心。ポケットがついているので切符なんかも入れられる。兵児帯のときにもよさそう。価格も安くて、ネットの夏バーゲンで300円しなかったと思う。

 さて、明日はオフ! 何着て行こうかな〜。


<オフ参加者へ業務連絡>
明日の待ち合わせですが、集合時間を12時に変更します。集合場所はJR鶴見駅東口改札出てすぐの駅ビル・カミンの2F、向かって左側の入り口から入ってすぐの宝くじ売り場前です。eribowかmizuhoの携帯番号知らない方は、明日の午前中までにeribowまでメールお願いします!
posted by mizuho at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

夏バーゲンでお買い物

 夏の最終バーゲンの季節。ここのところ、お買い物から遠ざかっている私だが、ネットで大きくお買い物してしまった・・・

 先日、藍染浴衣を買ったきものe-shopおうみ屋から夏バーゲンのお知らせが。博多紗半巾帯jpg ついふらふらとページを見に行き、博多紗半巾帯に一目ぼれ。バーゲン価格とはいえ、11800円とかなり高額(予算オーバーだっ)なんだけど、えいやっと買ってしまった。
でも、届いたのを見て、買ってよかったとつくづく。きれいだし、見た目も締めごこちも涼しい。まさに夏の理想の帯だ。それに信じられないほど軽い。以前藍染浴衣のコメントで百福さんにすすめていただいた紗献上の半幅ってこんなの? また違うのかな? 

 それに実は、勢いでもうひとつ買ってしまった。

ちくせん浴衣地jpg
 竺仙謹製の浴衣生地。白地がずっと欲しかったので、一目見てふらふらと・・・。でも、これもバーゲン価格とはいえ14000円! 1日で3か月分の予算を使ってしまった。でもまあ、とても気に入っているし、来年のお楽しみ。仕立てはどうしようかなあ・・・
posted by mizuho at 23:08| Comment(11) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

おうち着物の帯

 6月14日の日記を書いて以降、とりあえず毎日浴衣を着ている。たすきがけも、なかなか理想の形にはならないものの、毎日やっているとさすがに動作は速くなり、板についてきた感がある。
 童の伊達締め.jpg

 で、ここのところ蒸し暑くなり、課題はやっぱり帯。ある日ふと思いついて、お下がりのレトロな帯締めを帯代わりにしてみたら、涼しくてとても快適。やめられなくなりそうで怖い・・・
 この幅って、細帯の幅だよね。温泉宿なんかの寝巻き浴衣の帯よりはちょい太い。男性の着物ってこんな感じなんだよね。いいなあ。ほんとにくつろぎ着な感じ。おうち用の細い帯、つくろうかな。
posted by mizuho at 22:38| Comment(9) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

藍染浴衣入手!

 5月15日の記事で欲しい〜と叫んでいた藍染浴衣、ついに入手。実は、夫に誕生日プレゼントで買ってもらったのだ。好きなの買っていいよ、と言われてネットで注文したのが5月末、仕立てを頼んで1ヶ月待ち、やっと届いた。

藍染浴衣.jpg あれこれ悩んでお店ものぞき、結局、着物先輩の百福さんにコメントで紹介していただいた「近江屋」のセールで「有松鳴海絞りゆかた地 藍染め」というのを買い、仕立ても頼んだ。
 セールで半額とはいえ、仕立て代込みだと4万弱。プレゼントなので自分でお金使ったわけじゃないけど、着物にこんなにお金かけたの初めて。どきどき。

 百福さんのアドバイスに従い、広衿仕立てを頼んでみたら、快く引き受けてくれた。しかも追加料金なし。他の店のサイトでは広衿仕立ては別料金になっていて、当然請求されるものと思っていたので嬉しい。広衿仕立ての着物、何枚かあるけど、胸元をきめやすくて好きなのだ。でも浴衣に広衿とは考えたことがなかったので、アドバイスに感謝。

藍染浴衣を着る.jpg
 で、さっそく着てみる。自分のサイズ(バスト・ヒップサイズと身長、体型の特徴を伝えた)に仕立てた着物は感動的に着やすい。藍の色も絞りの柄もばっちり好み。絞りの生地はさらっとして涼しく、すっかり気に入った。
 ネットでの買い物はいつも不安だし、100%納得することは少ないけど、今回はパーフェクト。あー、もう既製品の浴衣着るの嫌になってしまうかも・・・早くこれ着てお出かけしたいな。

とりあえず百福さんと夫に、ありがとう!
posted by mizuho at 22:24| Comment(8) | TrackBack(0) | mizuhoの箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。