2007年09月25日

着物だらけの日本橋三越・乳がんセミナーへ

 日経新聞主催の健康セミナー、第61回「女性だから知っておきたい乳がんのこと」行ってきました。
 場所は日本橋三越6F三越劇場です。その後別件で必要があったので着物で行ったのですが、本格的なお着物のメッカである日本橋三越、キンチョーします(><;

日本橋三越劇場にてjpg 着物:0円(いただき物)
 帯 :1,000円(リサイクル屋)
 帯揚:1,000円(呉服屋)
 帯締:1,000円(イベント出店)
 足袋:0円(いただき物)
 草履:3,000円(呉服屋)

 カジュアルでありつついちおー日本橋に敬意を表したもの、秋らしい色彩のものにしてみました。着物は、着付け教室でご一緒した着物先輩からお譲り頂いた、私が持っている中ではかなりいいモノです。帯は「綿だから安いんだ〜」と思い込んで買ったのですが、やっぱり絹かも??紬地に染め模様です。

 会場はほぼ満席。殆どが女性でしたが、ご夫婦らしき男性の姿もちらほら見受けられました。
 前半は3人のお医者さんが講演。短い時間の中で専門的な知識、最前線の情報が満載で、非常に密度が濃かった。
 後半はご自身が乳がんを発病、手術、復帰して今や乳がん界(?)の顔となった山田邦子さんのトーク&パネルディスカッション。彼女らしく面白おかしく話しつつ、よっぽど事前打ち合わせしてあるのか、計算されつくしたかのような盛り沢山な体験談でした。

 早期発見すれば99%治ること、最近は乳房温存手術が主になっていることは、私が知っていた通りでした。骨に転移しやすいこと、ゾメタという薬物が治療に使われることなど、友の闘病を通して知ったことも出ました。
 「忙しいから」「そのうちやらなくっちゃ」と健康診断を延ばし延ばしにしていた友に、もっと強く勧めればよかった、と後悔している私ですが、40代からぐっと発病率が上がる、というデータを見て、胸つまりました。「まだ30代だから」という油断が、彼女にも私にもあったに違いない。
 他の癌や、海外での死亡率は減少しているのに、増え続けている日本女性の乳がん。現在、女性の癌のトップなのだそうです。

pinkribbon 002.jpg 「お土産」にピンクリボンのピンバッジが入っていました。乳がん検診を受け、早期発見を促進しましょう、という運動のシンボルです。
 うーむー和装には困ったな(^^; そうだ、「なかったら作る」発想の私です、和服版のピンクリボンが開発できないかしら?!帯留め、帯飾り‥その辺かなあ。いまいちコーディネートしづらい色彩、デザインではあります(^^; ま、「主義主張モノ」なので、特別な場合だけと割り切ればいいのかな?

 会場の外の6Fは宝飾品売り場。普通、そういうフロアってがらがらしているものだけど、日曜日だったこともあるのか、混み合っていました。混んだ宝石売り場!さすが日本橋三越です。店員の黒服さえ眩しく、お客様の着物率は明らかに高いです(震)。
 ビシっと袴姿が決まった稲川淳二風のカッコイイ男性2人連れものしのし歩いていました。レアな男着物、こなれた着こなし、しかも2人も‥さすが日本橋三越です(こればっか)。すごーく迫力があって、政界の黒幕かヤクザの大親分か?(震) いや、それにしてはワルそうではなかったけど‥と書きながらはたと気づきました。もしかして稲川淳二本人?!(^^; あの迫力はスタアのオーラだったのかもしれません。山田邦子が出演してるんだもんね、もしかしたら会いに来たのかも(憶測)

 乳がんで、同じ年の友を亡くした私です。検診を怠ったために手遅れになった‥その哀しい轍を踏まないためにも、生きている限り「ピンクリボン運動」をしていこうと思います。
 秋にはピンクリボン・フェスティバルという啓発活動が行われているそうです。10月1日は東京タワーなどのライトアップも行われるとのこと。街中で見かけたら、ぜひ乳がんのことを思い出して下さい。

 茶の紬 友と乳房を 悼む秋 〜衿女

posted by eribow at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

海洋深層水露天風呂!湯上りは浴衣♪

 連休中、三浦半島の「ホテル観潮荘 海洋深層水露天風呂」へ家族で行ってきました。何度も立ち寄っているお気に入りの風呂です。大人1,000円子供500円、JAF会員は2割引。こじんまりとしていますが、絶景!寝湯は最高です。
 今までは昼しか行ったことがなかったのですが、初めて夜に。対岸にほんのりとオレンジ色の灯火が見えて、ロマンティックで気に入りました。あっち側からは見えないのかな?(><;

misaki 007.jpg な、な、なーんと、浴衣(女物)の貸し出しを発見。300円。可愛らしい色柄に作り帯だから、若い女の子向けかな?
 ホテルの併設入浴施設なので、ロビーや休憩所には宿泊客がホテルの浴衣でウロウロしていますから、一般の立ち寄り湯以上に浴衣馴染みはよろしいようです。

misaki 009.jpg というわけで(?)、風呂上り浴衣がお気に入りの私も、負けじとマイ浴衣持参しましたよ♪

 浴衣 :0円(いただき物)
 半幅帯:800円(イベント出店)
 下駄 :2980円(生協宅配)

 海洋深層水風呂って、要するに「塩水」ですから、保温性抜群なんですよね。出て、入って、出て、入って、を繰り返して有効成分を肌にしみこませる「正しい温泉入浴法」(ここは温泉じゃないけど 笑)で1時間も入ったら、ぽかぽか‥を通り越して暑いぞ(^^; 冷え性の方には特にお勧めですね。
 お肌がつるつるにもなるよ。だんなと息子たちも顔つるつるで可笑しかった(笑)。

misaki 012.jpg すぐ近くの三崎まで走り、港を浴衣姿でカラコロ歩きます。火照った体の汗を浴衣が吸い、潮風が心地いい〜♪並み居る海鮮屋さんの一つでお夕飯。すっごいボリューム(@_@; と鮮度で大満足でした。
 風呂上り、お座敷で浴衣でダラダラして、美味しいものでお腹一杯‥って贅沢ですね♪

 こんなささやかな楽しみも、「普段に着物を着よう」という思いがベースになかったら、行動に移せていなかったかも。普段から着物を着る行動をとっていなかったら、たかが浴衣でもちょっと億劫と感じていたかも。

 港にて 湯上り浴衣 月愛でる 〜衿女   

posted by eribow at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

着物で「交通安全」

hatamochi 002.jpg 昼間着物でお出かけしてたのですが、小学校の下校時の交通安全PTA活動のお当番に直行しました。学校から配布された黄色い旗を持って、角に立つのです。

 本日のこしらえは、黒地の浴衣にざっくりした生成りの七宝柄単名古屋帯。あれれ、写真見たら袖が変?(汗) 

blackyukata.jpg 着物:0円(いただき物)
 帯 :0円(いただき物)
 帯揚:1,000円(イベントの出店)
 帯締:1,000円(イベントの出店)
 麻足袋:980円(イベントの出店)
 下駄:300円(フリマ)

 遅れそうになったので、二枚歯下駄で走って汗だくです。校門前に駆けつけると、いつもお世話になっている副校長先生が満面の笑顔で「うわー、ありがとうございます」(<意味不明)運動会の出し物で盆踊りをやるので、その練習に来たと思われたのでしょうか?(^^;

 たくさんの子供たちと顔見知りです。不思議そうな顔をしつつもニコニコしています。予想に反してさほど騒がれもしませんでしたし、喜ばれもしませんでした(^^; が、表だって反応なくても、(特に女の子には)この着物姿が原体験として刷り込まれてくれればな、とちょっと期待しました。
 息子の保育園時代の同級生の闊達な女の子には、「Kちゃんのお母さん、どうして浴衣着てるの?(大声)」と聞かれました。よく“着物”を着てるとその台詞を聞くのですが、今日は本当に“浴衣”よね(笑)。

 下校する息子たちといつもの仲良し君たちと合流して、旗持ちながら一緒に帰りました。
 意図しての学校行きではなかったのですが、まあ、「意味もなく着物」の一環としてちょうどよかったかな?(^^;

 下駄鳴らし 息子お迎え うろこ雲 〜衿女

posted by eribow at 20:08| Comment(25) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

浴衣でお台場プール&科学館

 久しぶりにeribowと子連れでお出かけ。招待券で船の科学館プール&船の科学館〜お台場ディナーという定番コース。子どもらも楽しく、親は親でじっくりおしゃべりできるというのが気に入り、もう3回目くらいになるかな?

船の科学館で.jpg プールはちょっと肌寒かったが、子どもらは平気で遊んでいた。大人はプールサイドでおしゃべり。浴衣で出かけ、水着に着替え、また浴衣を着る。さすがに慣れたので洋服の着替えとそれほど変わらないけど、プールの更衣室、床びしょびしょなので、帯を濡らさないようにちょっと気を使った。

 私は先日娘に着せたのと同じコーデに半襟・足袋。一回ちょこっとだけ着た浴衣をすぐ洗濯するのもなあ、というだけの理由なんだけど。 
 eribowはピンクのギャル浴衣。実はお気に入り?!

写真とるeribow.jpg 夕食は台場に移動して、テラス席で格安イタリアン。レインボーブリッジの夜景が美しい! 夜景には目もくれず食べまくる子どもらと、例によって写真を撮りまくるeribow。

レインボーブリッジ.jpg
 夕風が涼しい。夏も終わるなあ。浴衣も着納めかな。今の季節が一番着ていて気持ちいいので、もう少し浴衣でお出かけしたい感じではあるんだけどね。

<eribowのコメント>
 日焼けして真っ黒になったので、アフリカンな趣(おもむき)になりましたf(^^;<ギャル浴衣 そう、意外に気に入ってます(笑)
 別に打ち合わせしたわけでもないのに、先日上野に行った際は藍染め&藍染めの古典シック路線、今回は薄紫&ピンクのヤング明るく路線、バランス取れて嬉しいです♪


posted by mizuho at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

夏の打ち上げ花火・長女が浴衣を着る

 毎年恒例、子ども集めて近所の公園で夏の終わりの花火大会。いつもは私が召集するのだが、今年は娘に幹事を任せてみた。はりきって企画したらしく、子ども12人大人4人も集まる。母に似て幹事体質?!

長女の浴衣.jpg めずらしく、いつも暑いとか窮屈だとか言って着物を避けたがる長女が「浴衣着る」と言い出した。どうも、気になる男の子が来るらしい。うふふ。勝負服ってとこかな? 
 当然、応援して私の浴衣で似合いそうなのをセレクト。わが娘ながら、なかなかいい感じ。
 ・・・けど、友人たちと会うなり鬼ごっこをはじめ、すぐに着付けもぐずぐず、まとめていた髪も結局ほどいてしまう。黙って立ってれば大人っぽいんだけどね・・・

娘と浴衣.jpg
 せっかくなので、帰ってきてからツーショット写真を撮ってみる。実は、長女はもう私と身長も体重もかわらない。というか、身長はすでに抜かれつつある。私の着物ぴったりなんだよねえ。もっと一緒に着たいなあ。
posted by mizuho at 23:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

浴衣で盆踊り

 なんだか一気に秋っぽくなった。夕方自転車を走らせていたら虫の音がうるさいほど。処暑もすぎたなあ、と思いつつ気分が出なくて夏モードのままだったデザインをあわてて秋モードに。

浴衣で盆踊り.jpg ついでに書きそびれていたネタを。8月初旬の話だけど、近所の自治会主催の盆踊りに娘と浴衣着て行った。会場は娘の小学校。実はPTA仕事がらみだったりするが。

 小規模な祭りでもあり、盆踊りのそろいの浴衣以外の大人浴衣、ほとんどいなかったな〜。でも小学生の浴衣姿はちらほら。何度みてもかわいい。
 うちの娘も当然浴衣姿。下駄が小さくなってしまい、私のを貸してみたがまだ合わず、鼻緒ずれしてしまった。新しいのみつくろってやらないと。浅草で誂えデビューさせちゃおうかな。
posted by mizuho at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

今年も!浴衣で鶴見川花火大会

tsurumihanabi 026.jpg 昨年一昨年も浴衣レポした鶴見川花火大会、今年も行きました♪子供たちが花火を怖がる頃からだから、もう7〜8年は通っているのではないでしょうか。

070819 001.jpg いつもどおり、家でこしらえたお弁当とおつまみを持参して、途中のコンビニで缶ビールを調達して、レジャーシートで観覧です。

tsurumihanabi yukata 014.jpg 
浴衣:0円(いただき物)
 帯 :0円(いただき物)
 下駄:2,980円(生協)

 毎回、浴衣はどれにするか迷うのですが(迷うほど枚数持っている幸せ♪)、つむパンさんから頂いた黒地の縮?をセレクトしました。黒が大人っぽいので、ギャル浴衣に負けないよう(笑)臙脂の六寸帯を蝶々結びにして明るさとかわいさを演出してみました。義母からのお譲りです。
 足元は生協の宅配で注文した下駄。たいへん履き心地がよく、一昨年購入した第一代がイカれてきたのを引き継いで、大お気に入りの1足になりそうです。

 一昨年はユニクロ浴衣でデビューしてくれた夫、先日総持寺のお祭りで男浴衣デビューしてくれた息子たち、ともども、「イヤダ」と言って着てくれませんでした(泣)。アンタたち、日本嫌い?もういいよ!(ぷんすか)

 増え続けていた浴衣姿ですが、今年は少し減った感がありました。というか、お客全体が増えていて、浴衣人口を薄めた感じ?総持寺のお祭りの方が圧倒的に多かった。中高生率とリンクしている気もします。女の子甚平、少なかったしね。
 見事なまでに、付け帯だらけでした。手結びって、見た限りでは私一人?着付けも、
・着丈が妙に長い(かかとが隠れてるよー)
・衣紋が全く抜けていない(洋服か?)
人が結構多く、それどころか付け帯すら斜めに曲がってたりして(^^; 「着慣れてないんだな〜」という感じ満載。「もしかして、私ってこの中では上級者?(グフフ)」と日常生活の中ではなかななか感じることのできない優越感とやらに若干浸ることができました(笑)。
 浴衣のセンスも、黄やピンクなど暖色ベース、まっ黒、濃紫+黄、黒+ピンク、赤+黄などの「こってりコントラスト」が多い。やっとこの頃感じ取れるようになった、和の浴衣感覚からすると、「暑苦しい」ものが多いね。一部の人が個性として意図的に身につける分には「お洒落」だと思うんだけど、あれは明らかに洋装感覚なんだなあと思わされます。
 それでも!
 洋服着てくより100倍マシ。「上手く着れるかな?」「暑くないかな?苦しくないかな?」と不安や逡巡もあったろうに。「花火大会は浴衣で行く」ということをセレクトした女の子たちは、力一杯応援したいと思います。

 鶴見川の花火大会が終わると、夏も終わりを感じます。残暑厳しい今日この頃ですが、あと少しの夏の名残を楽しみましょう!
posted by eribow at 23:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

猛暑に夏着物

 着物で映画「怪談」オフ、顔出してきました。予想最高気温36度(体温かよ!!)の酷暑の中、なんと6人も着物姿が集まったのには驚き。着物好きさんといえども真夏はパスという方も多い中、これだけ心を同じくする仲間が集ってくれた、ということに感動です(じーん)。

augst ginza 007.jpg 銀座4丁目交差点付近で、通りすがりの人に写真を撮ってもらいました。8月上旬。午後1時すぎ。眩暈(めまい)しそうな青空。一年で一番暑い瞬間と言っても差し支えない日時。都会のアスファルトの照り返しは強烈です。そんな時そんな場所でも「普通に」着物が着られるようになった、という記念です。
 浴衣から着物ライフをスタートした私ですが、「高原の避暑地で日傘をさすマダム」幻想に憧れていたので(笑)、「夏着物」は必須事項でした。
 「○○だから着物着ない」に対しては、ことごとく反感を感じる私(^^; 「暑いから」はよく聞くフレーズの一つであり、悔しく思っていました。「盛夏に夏着物」なんて、多くの人にとっては(たとえ着物好きの中でも)「酔狂な」「ご苦労さん」「私はごめん」‥etc.でありましょう。でも、私にとっては「どんな時も着られる自由を謳歌できる」大事な一つだったんです。照りつける太陽の下、どうしても記録に残しておきたくなったのでした。
 まあ、暑さ寒さに対する耐性には個人差が大きいです。mizuhoは暑いの苦手だったんだよね?私は暑さ寒さには比較的強く、好きなことのためだったら苦労は感じない性質(たち)なので、「着物をカッコよく着たい」欲は、「暑いのはイヤ」なんていう気持ちなど吹っ飛ばしてしまうのであります。

 最初、紫地のポリ絽小紋にしようとしていたのですが、気が変わって白木綿に変更してみました。着替えてみたら、ポリと比べてずっと涼しい。うーん、やはりポリは暑いのか?体感的にも、正解でした。
 実は、この白浴衣、初めて着用した日に、街中で3回も「涼しげでいいですね」と声をかけられたので「へえー、そんなに涼しそうに見えるのかな?」と心に留めておいた。紫のは、初夏や初秋の着こなし、あるいは夜などにも合いそうなので、「真夏の真昼間」はこちらにしてみようと思ったわけ。
 帯は、寒色の名古屋帯を合わせたかったのですが、出がけに見当たらず、時間もなく間に合わせで間道(かんどう)の半幅をカルタ結びに。いちおう銀座のクラシカルさを意識してみました。帯締め帯揚げをかけて、麻の襦袢を着けて、着物風に。

 不思議なことに、何だか以前より暑くない気がしました。以前は、浴衣を着ても暑い、着替えの途中も暑い、5分歩くだけで暑い‥と本当に大変だったのですが、今回そんなに苦でもない??もしかしたら、これが慣れというものなのかしら?よく「女優は汗をかかない」と言われますが、私も少し、女優度が上がってきたのかもしれません(自爆)。
posted by eribow at 23:32| Comment(5) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

地元花火、やっぱり浴衣

夏祭りネタが続くけど、やっぱり欠かせないのは花火大会!
地元市川の花火、なかなか規模も大きく、花火好きの私には欠かせない楽しみ。昨年ももちろん行っている。

花火2007.jpg 今年は家族4人に妹夫婦を加え、6人でにぎやかに見物。この花火は人出がすごいけど、みられるスポットが川沿いに延々広がっているので、シートしいてくつろげるスペースがとれるのがいいところ。
 どーん、という振動が伝わるくらい近くに陣取り、花火堪能。

花火で浴衣.jpg 私は藍染浴衣に博多紗献上の半幅。この夏ヘビーローテーションの金魚半襟。

 いっぱい浴衣姿をみられる、というのも花火の楽しみ。
 自分でカメラを持って行かなかったので撮れなかったけど、今年は昨年より浴衣率上がった!! 男性が特に増えた感がある。eribowのレポートのような「ギャル甚平」はみなかったなあ。甚平着てご機嫌な外国人男性は何人か見たけど。
 なんとなくだけど、「つけ帯」率が下がった気がする。ユニクロちっくなぺらぺら浴衣が多いのだけど、帯は自分で結んでいろいろアクセサリーをつけている人を多くみかけた。これも流行りなのか、浴衣も2年目で工夫し始めた人が多いのかも?

 
posted by mizuho at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

浴衣で立ち飲み「とんちゃん」デビュー♪

 懸案だった「浴衣で立ち飲み屋」企画、ご近所友達こだまさんにおつきあいいただいて、話題の「とんちゃん」行って念願叶いました!

 何しろ子供の小学校つながりですから、近い近い(^^; 徒歩5分、まさに下駄履きです。
 私は日中、自宅にて「おうちフリマ」を催し浴衣スタイルだったのでそのまま。子供に夕飯食べさせてTVタイムの1時間に「抜けて」。こだまさんは仕事帰りにおうち帰ってサクっと着替えて。お子さん合宿か何かでいない隙に乗じて?不良おかーさんずの羽伸ばし、ってところです(笑)。

tonchan kanpai.JPG 会社帰りや買い物帰りの人々で賑わう駅前、7時はまだ宵の口。
 日中は暑かった!まずはカンパーイ♪お店のおねーさんに写真撮ってもらいました。
 予想通り、浴衣の解放感と立ち飲み屋の解放感がバッチリマッチ♪おそらく洋装であったら「地元のオバサン」にすぎなかったであろう中年女2人組も、粋系浴衣姿ではチョットいい女モード?(グフフ)

 お店の人にも、お客さんにも「何かあったんですか?」と聞かれる。「着物好きの友達で、ただ好きだから着てるんです」といつものトークに加え、「今着物仲間で、浴衣が似合うスポットとして立ち飲み屋を話題にしているんです」「これから浴衣のお客さんが現れたら、私のブログの影響だと思って下さい」と宣伝(笑)。

 1時間で3杯飲んで、焼きトン、枝豆、‥ずいぶん食べたよね?一人2,000円でした。安っ!
 隣の卓は、女性2人男性1人の3人組でした。他にも女性客いました。やはり女性にも入りやすい!
 そして、2人くらいお店のおねーさんと話しましたが、とっても感じがいいの♪あの値段と雰囲気なら味もサービスも期待してないのに、こんな好感度の応対されたら、そりゃーお客さんも増えるわな。「とんちゃん」人気の秘密を見た気がしました。

eribowshome.JPG そして1時間のタイムリミットが過ぎてしまったので、酔っ払いeribowはこだまさんを拉致し、自宅で続き〜♪嗚呼、こういうコトができるから、近所っていいわ〜(感涙)
 おうちフリマのお片付けが翌日になったことは言うまでもありません。

 栄えあるデビュー戦を飾って下さり、ありがとうございました!>こだまさん 皆さんも、浴衣で鶴見の「とんちゃん」へGO!
posted by eribow at 08:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

浴衣で星まつり

 先週土曜、泊りがけで「花立山星まつり」にいった。
 
 縁あって、この祭りに行くのはもう3回目。小さな村(合併されて村ではなくなっているが)の小さな祭りだが、ボランティアスタッフが頑張っている手作り感と、天文台と野外ステージのある山の上、というロケーションがとても気に入っている。初回はeribowと息子たちも一緒だったんだけど、地元祭りとかぶってしまってなかなか一緒には行けなくなっている。
 今年は運良く、祭りの会場にあるログキャビンに泊まることができた。時間を気にせず、のんびり星を眺めたり、野外ステージでコンサートや「星空落語」聞いたり、祭り満喫。

星まつりで浴衣.jpg
 祭りといえばやっぱり浴衣! キャビンで着替えた。帯は昨年買った紗献上の半幅。涼しくて帯板いらずのすぐれもの。
 半襦袢に金魚柄の半襟をつけた。現地でもらった金魚の柄のうちわとマッチしててちょっと嬉しい。写真は大きな七夕飾り。夜になるとライトアップされてきれいなんだよねー。

娘の浴衣.jpg 昼間は半ズボンでアスレチックやってた娘も浴衣に着替え、ちょっとおすまし(着崩れてるけど)。クイズ大会に参加したり屋台で綿あめ買ったり、祭りを楽しんでいた。

 天気予報が曇りだったので星はそんなに期待してなかったんだけど、奇跡的に雲が晴れ、きれいな星空を見ながら解説(天然プラネタリウム!)を聞くことができた。十四夜で月もきれい。月の光が強すぎで小さい星はみえないんだけどね。望遠鏡で木星も見せてもらった。木星の衛星がまるでアクセサリーのように光っていた。

 そういえば大人の浴衣姿、あんまり見なかったな。子どもはちらほらいたけど・・・eribowのとこみたいにお神輿の世界じゃないからかな?


posted by mizuho at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

夏着物で鰻

 これもちょっと前の話になるけど、昨年も行ったワーキングマザーの会員制HP「ムギ畑」の着物サークルのオフで神田川本店に鰻を食べに行ってきた。
 当然、買ったばかりの小千谷縮の出番!

小千谷縮で鰻.jpg 仕事帰りに行ったので、これも昨年に引き続き現地で着替え(それができるオフなのだ)。初めて締める羅の帯〜♪ なんだけど、実は名古屋帯の結び方忘れ(汗)、ついでに帯枕も忘れ、参加してたミモザさん(このブログにもコメントいただいてる)に角だしで結んでいただく(大汗)。
 実はこのサークルで、1年任期の「部長」を引き受けたのだけど、うーん、こんな体たらくでいいのか・・・まあ、敷居が低くなっていいかなあ?(違)



神田川の鰻jpg 鰻は絶品。これで一人分! 値段もそれなりだけど。夏着物・浴衣の集団でお座敷で鰻、夏に一度の贅沢という感じ。
posted by mizuho at 00:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

着物リサイクルへ着物で

 横浜市に活動拠点のある市民ボランティア団体ファイバー・リサイクル・ネットワーク(FRN)の活動に参加するため、事務局で開催された学習会へ出席してきました。
 古着や古布を回収し、再生したり再利用したりすることを通して、無駄の少ない、モノを大切にする社会を作ろう、という志から、もう17年も活動している団体だそうです。学習会といっても難しいことはなく、今までの活動を紹介し、どのようなことをこれからやっていくか、という簡単な説明があっただけで、「顔合わせ」の色彩の強い短時間の集まりでした。スタッフの方数人と新規の方10人ほどです。
 事務所の壁には、何枚も表彰状が飾られていました。長年の活動の積み重ねにちょっと感動。

FRNoffice.JPG リサイクル着物フェアで活動されている方々とお話した際に、どうも「着物を着物としてそのまま利用する」という発想が薄い(=洋服にリメイクしたり小物を作ったりする方向がメイン)ということに気づいたので、着物を着て行って「そのまま着たい人もいるんですよ」と体でアピール(鼻息)。新規の参加者の方とちょっとお喋りもしましたが「いいわねー私も着られればねえ」とあまり気がなさそうに(^^; 言われたので、年配でも結構皆着られないんだなあとか、そもそも和服を着ることに興味は薄いんだなあ、といういことは再確認しました。
 もともと「着物」に焦点があったわけではなく、回収する中に着物も沢山あって、何とかゴミにせず生かそうとしているということのようです。着物は、そのまま海外に輸出して古着として再利用することも、ウエス(汚れ拭き用のボロ布)としての利用も、再加工して繊維にすることもできない、扱いが難しい「困ったちゃん」だった模様です。
 「ほしい人はいるのに、何でもっと大々的に販売をしないのかな?」とずっと不思議に思っていたのですが、現在のようなリサイクル着物のチェーン店が勃興するよりもはるか以前から活動していたため、そもそもそういう発想がなかったようです。

FRNoffice 003.jpg 「事務所」と「倉庫」には、古着がギッシリでした。宝の山‥と言いたいところですが、やはり「いい着物」はほとんどないようです。やっぱり「普段着物」を着る人が増えないと、こういう着物たちはゴミになっていくばかりなのだろうなあと悲しくなりました。
 でも、一部には、レアものの銘仙も!男物やはいろいろ面白いものも沢山ありました。なんとか、(お金かけない)着物好きさんたちに繋げたいなー!
posted by eribow at 09:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

浴衣でもんじゃの夢叶う

 一度訪れて以来憧れを募らせた月島。浴衣で、夏の夕暮れ、潮風に吹かれてそぞろ歩き、もんじゃ焼きを食べる!が2年越しのテーマでした。その夢が叶いました♪
 蒸し暑い陽気の中、半日歩き回って喉はカラカラ、体はヨロヨロ。着物好きという「仲間」と集(つど)って乾杯交わしたビールの美味しいこと美味しいこと!

tokyomeguri 053.jpg 酔いも回ってきたところで、焼きまくる「鍋奉行」体質のeribow(爆)。お分かりになるでしょうか、後ろから袂をキープしてもらってます。目にも留まらぬ秒速刻み技です。←酔うとノリノリになる

 夏の夕暮れの月島、いいよ〜♪抜いた衣紋にも身八つ口にも吹き抜ける海風。じっとりにじんだ汗を吸い取る浴衣。カラコロと響く下駄の音。これぞ日本の夏!日本人に生まれた幸せを満喫です♪
posted by eribow at 00:38| Comment(7) | TrackBack(1) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

お洒落なレセプションに着物で

 化粧品会社エイボンが主催する女性の社会活動支援Hello Tomorrowのレセプションに着物で行ってまいりました。選考の上起業や非営利活動のために30万の資金提供をするという企画で、私も申し込んで残念ながら選に漏れたのですが、レセプションのご案内は来ました。これも何かのチャンス、と思い、出席してみることに。
 応募したのは「普段着物を普及させる」という企画でしたから、当然ここで着物姿でアピール。またそれ以前に、ある程度以上晴れの場、お洒落していく場に、着て行く洋服がないという事情もあります(^^;

avon 013.jpg 着物 :2,100円(呉服屋バーゲン)
 帯  :5,250円(リサイクル屋バーゲン)
 帯締め+帯揚げ:セットで1,000円(呉服屋バーゲン)
 白半襟:不明‥0円?
 白足袋:0円(お譲り)
 草履 :3,000円(呉服屋)

 レセプションというからには、ある程度改まった格好かなあと思うし、落選者ですから(^^; あまり華美になってもいけないし、コーデは悩みました。結局雨だったので、あまり選択の余地なく、ポリ絽に決まり。華やか目の小紋に名古屋帯ですから、ほどよく格下、ほどよくきちんと、でよかったのではないでしょうか(洋服で言えば、きれいめワンピースという感じ)。
 久々の「人に見せる着物」ですから、時間はたっぷりとり、ギュウギュウとしっかり着付け。食事をするわけではないですから、万一苦しくてもよかろうと腹を括る。最近、緩すぎてかえって着心地が悪いパターンが続いていましたので、きつい方が安定していていいような気もしました。

avon 001.jpg 受賞した皆さんです。選ばれていたら、私もこの壇上にいたのになー(悔)。
 10人の代表者の中、和太鼓のサークル主催されている方が和服アレンジの舞台衣装、食育をテーマになさった方が正統派和服をお召しになっていた、という和服率に、ちょっと感動です。

avon 003.jpg 日本支社の社長は、外国人です。会場にも、何人もの外国人社員の方々がいらっしゃいました。

 見回してみると、スタッフの方々も、受賞者の方々も、その関係者も、概して大変お洒落でした。着物で華やかすぎて浮いたらどうしよう、という心配は杞憂。裏方のスタッフは、黒のパンツスーツなどが多かったですが、形のよい仕立て、さりげないアクセサリー、品のあるパンプスなど、「上質をセンスよく」身につけている方ばかりで、感心しました。
 6月なのに薄物で、いかがなものだろうか?このコーデは落選者としては派手ではないだろうか?などなど迷っていましたが、おそらくその場にいる殆どの人が「着物のことは何もわからないから何も感じない」という感触でした(^^; おそらく、夏物と単衣の違いやポリという素材、ルール、格といったことに関心も知識もない、と思われ。「あら着物ね」「紫色ね」くらいの視線でした(^^;
 教訓:洋服率が高く、お洒落レベルが高い場は、洋服的センスで「きれいで素敵」なコーデであれば何でも構わない。

avon 006.jpg avon 007.jpg avon 010.jpg
 会場にはお茶とお菓子が用意されていました。リップスティックを思わせるようなキラキラしたゼリーや、ピンク色のパフがツリーのようにぶら下がったアレンジなど、めっちゃお洒落(@_@; お茶も、美しい花茶だったり。甘すぎず、ハーブやベリーの風味が効いていて、お味までお洒落!さすが化粧品会社ですねえ(感心)。
 フードコーディネーターの方がその場にもいらっしゃいましたが、お名前きいておけばよかったな(後悔)。

avon 016.jpg 場所は、江東区、清洲白河駅から徒歩の東京都現代美術館。碁盤目に道が走る埋立地形の町に、突如現れる巨大な建物。中は天井が高く、空間がひろびろとして、こんな場所にこんな施設があったとは、驚きです。
 マルレーネ・デュマスという南アフリカ出身の女性画家の展示があって、レセプション後に1時間ほどのミュージアムツアーがついていました。解説を聞きながらぐるりと一回りしました。

 折に触れて、「勝負着物」を着ていけるというのは、やっぱり普段から着ているからこそ。お金かかってなくても、センスある(おそらく高い)お洋服に断然対抗できる着物って強い。今回は自己アピールはあまりしませんでしたが、こういうパーティー的な場で印象に残るというのも、今後役に立つだろうなあ。などなど思いました。
 ファッショナブルな洋服主体の集まりでは、着物的なルールにとらわれる必要はあまりなく、「着物だ」ということだけでウリになるんだということは実感。これからも臆せず着ていこうと思いました!
ラベル:着物 エイボン AVON
posted by eribow at 23:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

八丈島旅行番外編・くつろぎの木綿着物

 楽しかった着物旅行の八丈島、思い出してみたら、木綿着物でばりばり普段着モードの気楽さ、心地よさも、楽しさの理由の中に大いにあったのよね〜。
 「ダラダラとくつろいだ着物」シーンをまとめて後悔‥じゃなかった公開。

hachijo 024 takaratei.JPG 現地に着いて、長襦袢と足袋を脱いで、浴衣モードでのツーショット♪2人並んだ方が、より楽しそうに見えるよね〜。揃えたわけでもないのに、古い着物の藍色のトーンが揃ってる。素足に下駄が、自分で見ても気持ち良さそう!

hachijo 032.jpg 風呂上りに一杯〜♪缶ビールじゃないのが絵的にちょっと残念です(笑)。
 ジャングルのような植物の生えっぷりが、都内より南下すること300kmを感じさせますね。南国気分と浴衣気分がマッチ♪

hyotanjima.jpg 「ひょっこりひょうたん島」を島のイメキャラに持ってきてる八丈島。放映されてた当時ならともかく、この現代に受けてるのかなあ?(悩) お約束のオバカ写真です。振袖だったらやりません(笑)。

hachijo 074 minato.JPG 港にてお散歩。ちょっと裾が乱れてる写真になっちゃったけど、そこそこ風が強かったのでご勘弁を。潮風と浴衣も合うのよね〜。

 お宿で、興味津々の樽入り島酒をいただく。夜中にふらふらと玄関を出て花々に囲まれる。牧場で牛と戯れる(近づいたら逃げられましたが‥)。ドライブから帰って、畳の上で大の字で休憩。沢山撮ったようでいて、結構狙い目のオバカシーンを撮り逃しています。
 「気楽な着物」「人に見せるためではなく、自分が心地よいから着るだけの着物」「自由で気ままでちょっとダラシない着物」‥ひなびた旅先というシチュエーションで、そんなスタイルの夢が叶いました(感慨)。
 日本の風土に合ってて、風と湿気と冷房も暖房もないそのまんまの大気と草の香りと‥そんなものを体感して。木綿着物を通して昔ロマンを堪能してきましたとさ♪
posted by eribow at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

着物でアメ横ショッピング

ameyoko 006.jpg すっかり単衣が気持ちいい季節になりました。某用事でアメ横に買出しに行くことになり、erinekoさんにご案内願って一緒に行ってもらうことになりました。事前のメールで、
erinekoさん「着物着てく?」
eribow「もちろん着てくよ!意味もなく!」
というわけで、意味もなく着物で(笑)。

ameyoko 003 2shot.JPG 上野駅で待ち合わせ。雨の心配があったため、erinekoさんはピンクのポリ単衣、私は木綿着物に雨下駄を合わせました。erinekoさんの黒猫の帯留めに、水玉の帯締めがキュートです♪
 そうそう「お金かけずに」報告しますね。

 着物 :800円(フリマ)
 帯  :3,000円(リサイクル屋)
 帯揚げ:1,000円(呉服屋)
 帯締め:0円(フリマ)
 半襟 :0円(友人より)
 柄足袋:0円(友人より)
 下駄 :5,540円(問屋)

ameyoko 001.jpg
 まずは駅上の「atre」内の「月の雫」でランチ。月の雫御膳1,250円は、品数多く、お味も上々、町屋を意識?料亭ちっく?な内装の店内の雰囲気もよくて当たりでした♪

ameyoko 005.jpg 平日だというのに、修学旅行生、外国人観光客も含め、けっこうな人出です。これ以上混んでたらいやだなー。
 勿論、着物姿は誰一人いません(笑)。お店の人には「これからお出かけですか?」「習い事の帰りか何か?」などなど声をかけられます。「いえいえ、趣味で普段に着物着てるんですよ♪」とそのたび親切に答える私たち。魚屋や乾物屋のおじさんたちには、「着物のおねえさん!まけとくよ!」と声をかけられる。着物じゃなくてもまけてくれるのは知ってます(笑)。

ameyoko 007.jpg 腰につける帆布のバッグに、面白い和デザインのものが沢山ありました。着物姿、浴衣姿の男性で時々見かけるよね。お洒落です。

ameyoko 011.jpg オープンスタイルの丼の店があります。鮮やかな写真がデカデカと飾られ、刺激的です(涎)!さすがアメ横、安いです。そして築地も近いことだし、新鮮そう。チェックだな〜。

 屋台の焼き鳥、話題の(笑)立ち飲み屋もいっぱいあって、蒸し暑く喉が渇く気候に誘惑は多かったです(笑)。

 夕方には両手に大荷物のeribow。無事お買い物は済ませられましたが、なんか予定外のものもいろいろ買っちゃった気が(^^; あははは
 暑い中、お付き合い下さいましたerinekoさん、どうもありがとうございました♪
posted by eribow at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

初めての、着物で飛行機

 「黄八丈を訪ねる旅」企画、着物仲間6人で八丈島へ1泊2日旅行へ行って参りました。織物体験、温泉、と楽しみにしていたことはいろいろありましたが、その一つが、初めての「着物で飛行機」体験。着物ライフ3年目に入り、着物でドライブも着物でお泊りも、たくさんの「初めて」を楽しんできましたが、これはまだ。たったそれだけでワクワク♪空港を着物で闊歩するのも、まだまだ面映いウブな私です(笑)。

hachijo 006 kuuko.JPG 空港にて、mizuhoとツーショット♪さすが離島、航空機は小さめサイズです。木綿着物のカジュアル感が、旅行っぽくていいでしょ?

hachijo 011 kinai.JPG 機内でご満悦のeribow(笑)。機内自体も、座席も、けっこう狭いですが、半幅帯を貝の口結びなので、楽々〜♪
 上昇したかと思うと、もう降下体勢に入る、あっという間のフライトです。

hachijo 129.jpg 島全体が「ひょうたん」の形をしていることから、NHKの子供番組「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなり、あちこちで「ひょうたん島」を売りにしている八丈島。空港入ってすぐの壁に、「もっこりひょうたん島」なるお店の広告を見つけました。酒好きのeribow、旅先ではいつも地元のbarへ行ってみたいと心惹かれるのですが‥この店は?(悩) 女性が訪れても構わないのかしら?(邪推) 親不孝通りという地名もなんだか店名に合っているんだか関係ないんだか。旅先はいろいろ気になるものが発見できますね。(^^;
ラベル:旅行 飛行機 着物
posted by eribow at 13:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

サマーウールで初お出かけ

 何度かネタにしているZEROキッズの「和のワークショップ」で久々に日本舞踊をやった。
 例によって実際やってるのは子ども達で、私は撮影係。新しい講師の方だったので、内容も少し変わって新鮮だった。舞扇が初登場、子ども達に配られて扇の扱いから稽古。

日舞ワークショップ.jpg 久しぶりに浴衣+足袋姿の子ども達。うーんかわいい。
 どうも秋に、チャリティコンサートで日舞のミニ発表をすることになりそう。この夏は日舞の特訓かなあ? わくわく。

紺のウール単衣.jpg 「和」のネタのときは着物で行くようにしているので、本日も着物で。
 初登場、紺のサマーウール(単衣)。これはeribowの「もっと! 着物遊び」でやってるおうちフリマで、つむパンさんに1000円で譲っていただいたもの。無地なんだけど、ちょっと織り柄があって(写真ではわからないのが残念)、いい色。紺一色で地味なので、半襟・帯・足袋は赤にしてみた。

 サマーウールって着たことなかったんだけど、わりと風が通るのね。しわにならなくて着やすく、普段着向き。さすがに盛夏には暑くて着られないかなあという感じだけど、単衣の季節にはいいんじゃないかな。大事に着ますね>つむパンさん

posted by mizuho at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

こまばさんとバッタリ会いました!

 白山で行われた着物イベント「花おとめ」、行ってまいりました。イベントのご報告はまた後でということにして‥なんと、「東京毎日きもの」のこまばさんに偶然お会いしました(@o@; しかも、イベント会場ではなくて、帰りがけの地下鉄白山駅の階段の途中で!

 着物姿の女性に「eribowさんですか?」と声をかけられるも、ブログを読んで下さっている方であることはちらほらあるので、さほど驚きません。が、ブログつながりの方であったとはビックリ!
 恐る恐るお時間あるかお聞きして、お茶をお誘いしてしまいました。快諾下さったので、さっそく駅傍のカフェ風?のお店へGO!

komabaeribow.JPG ほんとに偶然なのですが、2人ともアンティーク風で、まるで打ち合わせでもしたかのような取り合わせ(笑)。

hanaotome 020.jpg こまばさんは、白と青の爽やかな色の組み合わせの銘仙?に、薄い水色の染め帯のコーディネートが素敵〜!!!とっても「可愛らしい」方で、ご本人ともばっちり似合ってます。半襟はキュートな水玉♪写ってませんが鼻緒のツボが赤いカジュアル下駄も素敵でした♪

hanaotome 011.jpg 私のコーデも発表します♪

着物 :6枚1,000円(世田谷ボロ市)
帯  :1,000円(フリマ)
帯揚げ:3,000円(染め体験)
帯締め:1,000円(きもの日和)
白半襟:0円(実家から)
柄足袋:1,980円(呉服屋)
下駄 :840円(リサイクル屋)
髪飾り:100円(100均)

 トータル1万円以内ですねV(-_-) 最近は桜染め体験での自作品が、コーディネート内で一番高額、というパターン多し(笑)。着物より帯より帯揚げが高価って‥(-_-;
 銘仙だと思って購入した着物は、後になって「お召し?」と思われ。最高気温25度の予報に、迷わず単衣です。正解でした。

 お声かけていただいただけでめちゃめちゃ嬉しかったのに、その後のお喋りの楽しかったこと!とても初対面とは思えませんでした。2時間はあっという間です。
hanaotome 023.jpg お声かけて下さらなかったら、一人さみしく帰路に着いていたところ。昼暑かったので喉渇いて、自販機でペットボトルのお茶でも買おうか、駅の売店で缶チューハイにしようか、と考えてたところ。しかもブログつながりの方って「いつかお会いしたいな〜」とは漠然と思ってるわけで、もう何重の意味でも嬉しかったです。いやあ、ビールの美味しかったこと♪
 出会いのいっぱいあった1日ですが、最後にまるでラッキーの駄目押し(笑)。ほんと、数分ズレていたら、出会ってませんでした。こんな「信じられないような幸運」ってあるんですね〜(しみじみ)。

 楽しい一時をありがとうございました。これからは直のおつきあいもどうぞよろしく!>こまばさん
posted by eribow at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物でお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。